調査のチカラ TOP > タグ一覧 > リーマンショック

「リーマンショック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年9月2日JSKパートナーズフィードバック数:0大型消費/投資

リーマンショックとコロナショックに関する調査

【リーマンショックを経験した投資家1,103人に調査!】リーマンショックから学ぶコロナショックの乗り越え方とは…? リーマンショック時に取った投資行動が明らかに! JSKパートナーズ株式会社(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役:片寄 敬三)は、投資経験10年以上の方を対象に、リーマンショックとコロナショックに関する調査を実施しました。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界経済は低迷しています。実際に、日経平均株価は、新型コロナウイルス流行前の2020年1月時点では一時2万4千円台まで高騰

海外資金の国内不動産取得動向・2014年-投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る

海外資金の国内不動産取得動向・2014年-投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る 基礎研REPORT(冊子版) 2015年5月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 海外資金の国内不動産取得動向・2014年-投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る海外資金の国内不動産取得動向・2014年-投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る基礎研REPORT(冊子版) 2015年5月号 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたに

外資による不動産購入についてのレポートです。

海外資金の国内不動産取得動向・2014年~投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る~

海外資金の国内不動産取得動向・2014年~投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る~ | ニッセイ基礎研究所 海外資金の国内不動産取得動向・2014年~投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る~ 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年の国内不動産取引は非常に活発であった。J-REITによる物件取得が目立った2013年に対し、2014

2015年2月1日東洋経済新報社★フィードバック数:0マーケティング

東洋経済によるランキングです。

「広告宣伝費」を増やしたトップ100社

「広告宣伝費」を増やしたトップ100社1位武田は5年前の5倍、ガンホーは15倍に! 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 「パズドラ」は積極的なテレビCMを打ってきた(撮影:尾形 文繁) テレビやインターネット、新聞、雑誌といった主要なメディアに限らず、鉄道、バスなど交通機関の車内や駅・停留所のほか折り込みチラシなど、日常生活を送っているとさまざまな企業の広告が目に入る。消費者に近いビジネスを展開しており規模が大きな企業ほど、莫大な広告宣伝費を投下。それにつれて高い知名度を

2014年9月15日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業ランキングです。

上場企業「年収激変度」ランキング

過去15年の給料「激増」「激減」企業はここだ!初公開!上場企業「年収激変度」ランキング 2010年に破綻、2012年に再上場したJALは「年収激変度」では10位(標準偏差を用いて計算)。この15年での年収の上下幅は311万円だった(撮影:尾形文繁) 15年間の年収アップダウンが激しかった会社は?人手不足は「未曾有」と言われる領域にまで入ってきた。賃上げも、パート・アルバイトから正社員、大企業から中小企業へと広がっている。長く待ち望んだ平均賃金の上昇は、ようやく現実のものとなりつつある。ただ、

2014年9月10日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

日本政策金融公庫との取引関係が企業パフォーマンスに与える効果の検証

日本政策金融公庫との取引関係が企業パフォーマンスに与える効果の検証植杉 威一郎(ファカルティフェロー) /内田 浩史(神戸大学) /水杉 裕太(株式会社 SHIFT) 概要本稿では、日本政策金融公庫中小企業事業本部から貸出先企業に関する契約レベル・企業レベルデータの提供を受け、他の企業レベルデータと接合した上で、日本における中小企業向け政府系金融機関の貸出決定要因とその効果、公庫による情報生産機能を、初めて定量的・包括的に検証した。得られた知見は以下の通りである。第1に貸し出しの決定要因に

2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用情勢は、数量・質ともに前月から改善(14年5月雇用統計) ~非農業部門雇用者数はリーマンショック前の水準を約7年ぶりに上回った~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

第25回 マンション購入に対する意識調査

「現在の物件価格が高いと感じながら、1年後はマンション価格が上がる」というインフレ懸念が数値に出ている価格が上昇したことにより、マンション購入が難しい層は、購入意欲が減衰している不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入検討者の心理を四半期単位で時系列比較している。(第1回は2008年4月、今回で25回目) 自

2014年2月13日ディップフィードバック数:0キャリアとスキル

「はたらこねっと」派遣会社意識調査 -2013 年の状況と2014 年の予想-

派遣会社の約70%が派遣社員需要はリーマンショック前を上回ると回答 ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下ディップ)が運営する人材派遣の求人情報サイト『はたらこねっと』では、派遣会社の経営層287名を対象に派遣会社意識調査-2013年の状況と2014年の予想-を実施いたしましたので、その結果をご報告いたします。 リーマンショック前と比較し、派遣社員需要は回復する一方で求職者の登録数は減少人材確保に課題感を持つ派遣会社は約95%に「はたらこねっと」派遣会社意

2013年5月15日日本機械輸出組合フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

最新の機械貿易動向(2013年3月分)

・2021年7月の機械輸出額は4兆5,857億円、対前年同月比36.6%増と、5ヶ月連続で対前年同月比増となった。為替・営業日要因が2.9%の減少寄与要因だったことを考慮すると、実質的な伸び率は40.7%増となった。9月7日発表の貿易統計速報によれば、2021年8月上中旬の全商品輸出は37.0%増であった。・7月の機械輸出は、4月以来、昨年同月の輸出が一昨年同月比で大きく減少した反動もあり、6地域向けすべてで対前年同月比伸び率がニ桁となって機械輸出額全体が大きく伸びている・2021年6月の機械輸

2013年2月18日東洋経済新報社フィードバック数:1534キャリアとスキル

最新版「生涯給料」トップ1000社

最新版「生涯給料」トップ1000社あの会社の生涯給料は?? あなたが勤める会社に新卒で入社し定年まで働いたときに取得できる給料の総額(生涯給料)はいくらになるのか?同業他社や周りの会社との差は?そして、リーマンショックや円高、東日本大震災などにより事業環境が激変する中、給料はどう変化しているのか。そんな問いへの答えを出すために、企業ごとの「生涯給料」を試算し、その結果をまとめた。まずはその上位20社と、リーマンショック前(2007年)との比較で、減少幅の大きい企業20社を次ページ表にそれぞれま

2012年12月17日インテリジェンス★フィードバック数:2キャリアとスキル

「転職活動をした人」の割合が、昨年の9.2%から今年は15.4%と大きく増えています。

2012年に転職活動した人はどれくらい? 転職活動の実態調査2012

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査2012年に転職活動した人はどれくらい? 転職活動の実態調査20122012年に転職活動した人はどれくらい?■2012年に転職活動した人は。昨年より6.2ポイント増加2012年に転職活動した人は15.4%で、昨年の9.2%と比較して6.2ポイント増加していることがわかりました。転職活動者が増えた背景には、リーマン・ショック→震災→洪水→円高の流れで混乱していた経済や

2012年7月3日インテリジェンス★フィードバック数:30キャリアとスキル

職種別の平均残業時間データが含まれます。

残業時間の実態調査2012

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査残業時間の実態調査2012残業は増えた?減った? 残業時間の推移(2007年〜2012年)■2012年の残業時間、2007年以降で最多の2012年の平均残業時間は月28.6時間で、調査を開始した2007年以降で最も多いことがわかりました。この背景には、景気や需要が回復しはじめた一方、リーマンショックでリストラの実施や採用活動を手控えていた企業で人手不足が発生し、既存

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

お知らせ