調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ワーキングホリデー

「ワーキングホリデー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年2月5日アプリフィードバック数:0社会/政治

訪日外国人増加に比例する外国人派遣就労者の増加の推移

外国人派遣就労者 2.2倍増!(当社内推移) 訪日外国人増加に比例する外国人派遣就労者の増加の推移 20年の訪日外国人目標4000万人に対し、当社の外国人派遣就労者目標500人を目指します!! 観光地での住込み求人サイト「はたらくどっとこむ」を運営する株式会社アプリ(本社:東京都新宿区、代表取締役:庄子潔)は、ワーキングホリデービザを使用してリゾートバイト先へ派遣された外国人数の集計を年度別に行っています。この度、2016年から2018年にかけての集計結果がまとまりましたので、お知らせします。

ワーキングホリデーに興味を持っている人に聞いた「留学とお金」に関するアンケート

協会のアンケート調査をプレスリリースとして発表しました 【STEP3】カナダ/ニュージーランド渡航計画相談会(懇談カウンセリング) 【STEP1】初心者セミナー(オーストラリア/ニュージーランド) ワーキングホリデー(ワーホリ協会) > 協会のアンケート調査をプレスリリースとして発表しました協会のアンケート調査をプレスリリースとして発表しました 当協会で行った、「留学とお金」に関するアンケート調査の結果を、プレスリリースとして発表いたしました。今回の調査では、以下のような結果を

ワーキングホリデーに関するアンケート

[一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会] ,海外 語学 英語 留学 ワーキングホリデー 海外生活 日本ワーキング・ホリデー協会 ワーホリ JAWHM 語学試験

2015年人気渡航先ランキング

[一般社団法人 日本ワーキング・ホリデー協会] ,オーストラリア カナダ イギリス アイルランド ワーキングホリデー 海外 日本ワーキング・ホリデー協会 ワーホリ

2014年8月14日ラストリゾートフィードバック数:0キャリアとスキル

海外大学への進学希望者4割を超える

[] アンケート結果によると、卒業後の進路として海外の大学を考えている者は5%と少ないものの、「行きたい」との意向がある者は43%となっており、まだまだ海外大学へのハードルは高いが、昨今のグローバル化に伴い興味・関心は上昇しているのではと推察している。「行きたい」と考えている者にその理由を聞いたところ、 「語学力の向上(53%)」「国際的視野を広げたい(53%)」「国際交流をしたい(40%)」が高く、語学力だけでなく国際感覚も身に付けたいとの意向も見られたが、「就職に有利」は15%と低く、海外の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ