調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 一般用医薬品

「一般用医薬品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2018年12月度一般用医薬品薬効別ランキング

インバウンドの堅調な売上が貢献し、市場全体も活況 売れ筋の目薬、最近の傾向は? 2018年12月度一般用医薬品(OTC)市場 薬効別ランキング 株式会社アンテリオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仁司与志矢、以下アンテリオ)は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2018年12月度一般用医薬品 薬効別ランキング」を発表しました。1.前年比3か月連続のプラス。過去4年の12月で最も高い販売金額を記録 「一般医薬品(OTC)市場の販売金額推移」12月のOTC関連薬市場の販売

2018年12月28日アンテリオフィードバック数:0ライフスタイル

2018年10月度一般用医薬品(OTC)市場薬効別ランキング

【旧アンテリオ】2018年10月度 一般用医薬品 薬効別ランキング ※こちらのニュースは旧アンテリオの記事です。 2018年10月度一般用医薬品(OTC)市場 薬効別ランキング 乾燥による皮膚用薬や風邪対策商品が好調 過去4年の10月で最も高い販売金額を記録当社は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2018年10月度一般用医薬品 薬効別ランキング」を発表しました。調査結果のポイント10月のOTC関連薬市場は、前年比103.1%で4か月ぶりに前年比プラス雨が少なく乾燥した日が

2018年10月30日アンテリオフィードバック数:0ライフスタイル

2018年9月度一般用医薬品薬効別ランキング

【旧アンテリオ】2018年9月度 一般用医薬品 薬効別ランキング ※こちらのニュースは旧アンテリオの記事です。 2018年9月度一般用医薬品(OTC)市場 薬効別ランキング 大型台風や地震などの自然災害により売上が減少 風邪の季節に入り、総合感冒薬は高価格帯製品が牽引し好調にスタート当社は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2018年9月度一般用医薬品 薬効別ランキング」を発表しました。調査結果のポイント9月のOTC関連薬市場は、大型台風や地震などの自然災害により売上が減少

2017年12月26日アンテリオフィードバック数:0ライフスタイル

2017年10月度一般用医薬品カテゴリーランキング

【旧アンテリオ】2017年10月度 一般用医薬品カテゴリーランキング ※こちらのニュースは旧アンテリオの記事です。 2017年10月度 一般用医薬品(OTC)市場の販売金額に異変 大型台風や豪雨の影響で前年比大幅ダウン! 全般的な不振の中、話題の新商品が発売された目薬は好調当社は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータをもとに、「2017年10月度一般用医薬品カテゴリーランキング」を発表しました。調査結果のポイント10月のOTC関連薬市場は、販売金額が伸びる週末に悪天候が重なり、前年同月

2017年7月19日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

一般用医薬品の国内市場を調査

ドリンク剤、美容関連用薬、女性関連など9カテゴリー35品目を調査 一般用医薬品の国内市場を調査−2017年見込(2016年比)− 皮膚治療薬186億円(6.9%増)、排卵日検査薬19億円(90.0%増) 総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、一般用医薬品17カテゴリー74品目の市場を調査している。第一回目は、ドリンク剤・ミニドリンク剤、疲労対策、女性関連、フットケア、美容関連用薬、肩こり・関節痛関連、小児用薬、その他外用薬、環境衛生用薬の9カ

2016年7月31日アドビ システムズ★フィードバック数:0社会/政治

Digital Price Index、米国経済が6月も引き続きデフレ傾向にあることを示唆

アドビのDigital Price Index、米国経済が6月も引き続きデフレ傾向にあることを示唆 英国のEU離脱が英国への旅行料金に影響。食料品など必需品の価格の下落率は非必需品より低い傾向※以下は、2016年7月14日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。【2016年7月20日】米国カリフォルニア州サンノゼ発:アドビは、6月のDigital Price Index(DPI)を発表しました。毎月発行しているこのレポートは今回で5回目の発行となります。今回のレポートでは、英国の

2016年6月1日アンテリオフィードバック数:0ライフスタイル

SDI調査「一般用医薬品の市場予測シミュレーション」

インテージヘルスケアへのお問い合わせご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせをする

2015年5月21日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

一般用医薬品の地域医療における役割と国際動向に関する研究報告

平成27年5月20日【照会先】医薬食品局審査管理課課長 森和彦 (内線2733)課長補佐 井上隆弘 (内線2737)(代表番号) 03−5253−1111(直通電話) 03−3595−2431 報道関係者各位「一般用医薬品の地域医療における役割と国際動向に関する研究報告」が公表されました 平成26年度厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス政策研究事業)「一般用医薬品及び一般用検査薬の地域医療における役割等に関する研究」(研究代表者:学校法人慶應義塾 慶應義塾

薬のネット販売についての調査です。

一般用医薬品のインターネット販売解禁から半年後の実態調査

一般用医薬品のインターネット販売解禁から半年後の実態調査

医薬品のネット購入についての調査です。

一般用医薬品に関する調査

一般用医薬品に関する調査

2013年7月28日厚生労働省★フィードバック数:9ライフスタイル

医薬品販売について店舗側の調査です。

平成24年度一般用医薬品販売制度定着状況の調査

平成25年7月26日【照会先】医薬食品局総務課薬事企画官 尾崎 (2772)課長補佐 田中 (2710)(代表番号) 03-5253-1111(直通番号) 03-3595-2377 平成24年度一般用医薬品販売制度定着状況の調査結果 厚生労働省では、平成21年6月に施行された一般用医薬品の販売制度の定着状況等について、一般消費者の立場から点検・調査する「一般用医薬品販売制度定着状況調査」を平成21年度から毎年度実施しており、このほど、平成24年度の調査結果がまとまりましたので、公表いたし

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ