調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 三村明夫会頭

「三村明夫会頭」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年7月12日日本商工会議所フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足等への対応に関する調査

ニュース「人手不足等への対応に関する調査」集計結果について2017年7月 3日 13:00 日本商工会議所(三村明夫会頭)はこのほど、「人手不足等への対応に関する調査」を取りまとめました。 調査結果では、人員の過不足状況について、全体の6割以上の企業で「不足している」と回答しており、昨年度調査と比較して5ポイント不足の割合が上昇しました。業種別に見ると「宿泊・飲食業」「運輸業」「建設業」で人手不足感が強い結果となりました。 また、今年度は「同一労働同一賃金制度導入の影響」についても調査をしており

2015年1月20日東京商工会議所★フィードバック数:0キャリアとスキル

東京商工会議所の調査です。

事業承継の実態に関するアンケート調査

「事業承継の実態に関するアンケート調査」報告書の公表について 2015年1月19日東京商工会議所産業政策第一部 東京商工会議所(三村明夫会頭)の事業承継の実態に関する調査研究会(玉越賢治座長:税理士法人タクトコンサルティング代表社員)では、中小企業の事業承継に関する実態を把握するため標記調査を実施し、このたび報告書を取りまとめましたので、お知らせします。 【後継者(候補)のいる企業は約6割】 ○事業承継の予定について、後継者または後継者候補がいる企業は全体の6割を超えるものの、全体の15%の

2014年4月15日東京商工会議所★フィードバック数:0ビジネス

為替の影響です。

中小企業の円安への対応に関するアンケート

『中小企業の円安への対応に関するアンケート』調査結果 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、東京23区内の中小企業の経営に、為替変動が及ぼす影響と各社の対応について把握するため標記調査を実施し、このたび調査結果がまとまりましたので、お知らせします。調査概要および主なポイントは以下の通りです。 ~海外需要の減退等により、円安でも輸出企業は減少~中小企業の3分の1は海外展開を実施している ○中小企業の約3分の1(35.3%)は海外展開を行っており、業種別では、卸売業は約7割(69.0%)、製造業は4割

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ