「三鬼商事」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

『オフィスビル空室率』は2.20%へ一段と低下

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) カスタマーサポートデスクは、新型コロナウイルス対策のため在宅対応につき、電話での対応を行っておりません。お問い合わせは info@digitalpr.jp までお願いいたします。運営会社からのお知らせはこちら『オフィスビル空室率』は2.20%へ一段と低下三井住友アセットマネジメント株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:松下隆史)は、経済イベントや市場動向に関するマーケットレポートを

8月の都心5区の『オフィスビル空室率』は低下

個人投資家の みなさま販売会社の みなさま機関投資家の みなさま 商品の特徴、投資信託の基準価額、分配金、運用状況、販売会社の一覧などを掲載しています。お客さまのニーズにお応えする商品ラインナップ、ETFの情報などを掲載しています。 専門家の分析によるマーケットレポートや、世界各国の株式・為替など最新市場動向を掲載しています。 投資に関する基礎知識や投信の仕組み、資産運用シミュレーションなど、資産形成に役立つ様々なコンテンツを掲載しています。 経営者のご挨拶、会社概要、

昨年の高値に迫るJリート~収益力がさらに高まる可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月28日昨年の高値に迫るJリート~収益力がさらに高まる可能性 最近のJリート市場は、国内景気の回復傾向やそれに伴なう不動産市況の回復期待などを背景に、堅調な推移となっています。 Jリート全体の値動きを示す東証REIT指数は、昨年3月には1,700ポイントと近年の高値をつけましたが、足元では1,600ポイントを超えた水準で推移し、昨年の高値に迫る展開となっています。その背景としては、Jリートの分配金利回りが株式など国内の他資産と

オフィス市況の改善により、高まるJリートの収益向上に対する期待

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月7日オフィス市況の改善により、高まるJリートの収益向上に対する期待 6日に三鬼商事がまとめた東京都心5区のオフィス空室率(2月末時点)は、前月末比0.17ポイント低下の7.01%と、2009年5月(6.96%)以来、4年9ヵ月ぶりの低い水準となりました。景気回復による企業収益の改善を受けてオフィス需要が拡大していることが要因となっており、3月には空室率が一段と低下する可能性が高まっています。また、同地区のオフィス平均募集賃料

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ