「下方修正」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年8月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の確報値はまた下方修正されるのか ~割と進んでいた2013年度の公共事業~

公共投資の確報値はまた下方修正されるのか ~割と進んでいた2013年度の公共事業~

2014年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

1-3月期の米国GDPは大幅下方修正

トップレポート・コラム経済分析米国1-3月期の米国GDPは大幅下方修正 ここから本文です1-3月期の米国GDPは大幅下方修正サービス消費の再推計が主因サマリー◆2014年1-3月期GDPの3次推計値が公表され、前期比年率2.9%減と2次推計値(同1.0%減)から大幅に下方修正された。◆下方修正の主因は、新たなデータを利用して推計を行ったサービス消費のうち、特に医療支出に関わる部分の修正であった。2次推計値まではオバマケアの効果を正確に捉えられなかったとみられる。◆2014年の発射台である1-3月

2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年4月) ~基調判断が「足踏み」に下方修正~

景気動向指数(2014年4月) ~基調判断が「足踏み」に下方修正~

ESPフォーキャスト2014年6月調査「設備投資・輸出で今年度実質0.85%成長に―デフレ脱却描く2025年度予測」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2014年1~3月期のGDP(2次速報)予測

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年4月)の予測 ~基調判断は「足踏み」に下方修正の可能性大~

景気動向指数(2014年4月)の予測 ~基調判断は「足踏み」に下方修正の可能性大~

2014年6月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1-3月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本1-3月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です1-3月期法人企業統計と二次QE予測増収増益が続くが、増益幅は縮小。GDP二次速報は下方修正を予想サマリー◆2014年1-3月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+20.2%と、9四半期連続の増益となったが、増益幅は前四半期を下回った。売上高は同+5.6%と3四半期連続の増収となり、増収幅は前四半期から拡大した。消費税増税前の駆け込み需要により、小売関連業種の売上高は増加が続いた模様だ。ただし、

2014年5月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ 今年の経済成長率はゼロ近傍となる可能性 ~過去の景気基調の下方修正を反映して成長率見通しを大幅下方修正~

タイ 今年の経済成長率はゼロ近傍となる可能性 ~過去の景気基調の下方修正を反映して成長率見通しを大幅下方修正~

2014年5月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

知って得する配当の魅力 知らなきゃ損する配当の魅力

知って得する配当の魅力 知らなきゃ損する配当の魅力 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 知って得する配当の魅力 知らなきゃ損する配当の魅力知って得する配当の魅力 知らなきゃ損する配当の魅力 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 株式投資では3種類の収益が期待でき

経営者の心理から読み解く株価の行方

経営者の心理から読み解く株価の行方 | ニッセイ基礎研究所 経営者の心理から読み解く株価の行方 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■市場は2015年3月期の業績予想を不安視2014年3月期の決算発表がピークを迎えている。アベノミクスや日銀の異次元緩和による円安効果もあって、輸出企業を中

ESPフォーキャスト調査 2014年4月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2014年3月27日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第6回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は3月12日、2013/14年度(10月〜翌9月)第6回目となる主要穀物作付状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7518万トン(前年度比7.8%減)、大豆は8544万トン(同4.8%増)となった。大豆は前回報告(2月)より約457万トン下方修正された。 トウモロコシ:2013/14年度の生産量、前年度比7.8%減の7518万トンの見込み  第1期作トウモロコシの作付面積は、644万ヘクタール(前年度同期比5.1%減)と推計されており、そ

知って得する配当の魅力、知らなきゃ損する配当の魅力

知って得する配当の魅力、知らなきゃ損する配当の魅力 | ニッセイ基礎研究所 知って得する配当の魅力、知らなきゃ損する配当の魅力 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■配当を増やす企業が増加傾向株式投資では3種類の収益が期待できる。(1)株価の値上がり益、(2)配当による収益、(3)株主優

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ESPフォーキャスト調査(2014年3月) ~個人消費や外需下振れを背景に、13年度は下方修正~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:ESPフォーキャスト調査(2014年3月)発表日:2014年3月7日(金)~個人消費や外需下振れを背景に、13年度は下方修正~第一生命経済研究所担当エコノミスト経済調査部高橋 大輝TEL:03-5221-45243.5実質GDP予測値総平均の推移(前年比、%)実質GDP予測(前期比年率、3月調査、%)7.03.05.02013年度2014年度2.53.02015年度1.02.0-1.01.5-3.0高位8機関平均1.0-5.00.

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~14年1-3月期は大幅加速へ。増税後は輸出動向が鍵を握る~

Economic Indicators定例経済指標レポート2013年10-12月期四半期別GDP速報(2次速報値)発表日:2014年3月10日(月)~14年1-3月期は大幅加速へ。増税後は輸出動向が鍵を握る~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 設備投資が下方修正され、GDP成長率は2四半期連続の+1%割れ本日内閣府から公表された 2013 年 10-12 月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比年率+0.7%(前期比+0.2%)と、1次

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年10-12月期GDP二次速報 ここから本文です2013年10-12月期GDP二次速報市場予想からは下振れしたが、サプライズはなしサマリー◆2013年10-12月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+0.7%(前期比+0.2%)と、一次速報(前期比年率+1.0%、前期比+0.3%)から下方修正された。市場コンセンサス(前期比年率+0.9%、前期比+0.2%)との比較でも、やや下振れした格好だが、内容について大きなサプライズはなく、当社の景気判断に

2013年10~12月期のGDP(2次速報)予測

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候で下振れ、2月の回復も期待し難い状況に(14年1月小売売上高) ~実績値の大幅下方修正により13年10-12月期の消費は下方改定される可能性~

米国 悪天候で下振れ、2月の回復も期待し難い状況に(14年1月小売売上高) ~実績値の大幅下方修正により13年10-12月期の消費は下方改定される可能性~

2014年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook もはや“ノイズ”というレベルではない

Global Market Outlookもはや“ノイズ”というレベルではない2014年2月14日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:04 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値14313.0316,027.599,596.776,659.424,312.80(円)14700前日比-221

2014年2月18日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第5回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は2月11日、2013/14年度(10月〜翌9月)第5回目となる主要穀物作付状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7547万トン(前年度比6.8%減)、大豆は9001万トン(同10.4%増)となり、それぞれ前回報告(1月)より下方修正された。 トウモロコシ:2013/14年度の生産量予測は前年度比6.8%減の7547万トン  第1期作トウモロコシの作付面積は、646万ヘクタール(前年度同期比5.2%減)と予測されており、その減少要因として

2014年2月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ESPフォーキャスト調査(2014年2月) ~13年度成長率は外需が下方修正。日銀・民間物価見通しの関係にちょっとした変化~

ESPフォーキャスト調査(2014年2月) ~13年度成長率は外需が下方修正。日銀・民間物価見通しの関係にちょっとした変化~

2014年1月30日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

2013年国内携帯電話端末出荷概況

2014年01月30日■ 2013年の総出荷台数は前年比10.2%減の3,929万台 ■ スマートフォン出荷台数は前年比3.7%減の2,928万台 ■ Appleが総出荷台数(32.5%)・スマートフォン出荷台数(43.6%)で共にシェア1位 ■ 2013年度通期は総出荷台数3,710万台、スマートフォン2,750万台と予測  MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)は2013年暦年(2013年1月~2013年12月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表した。総出荷台数(従来型携帯

2013年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月日銀短観

トップレポート・コラム経済分析日本12月日銀短観 ここから本文です12月日銀短観業況判断DIは幅広い業種で改善。景気拡大の裾野が広がる。サマリー◆2013年12月の日銀短観では、業況判断DIは総じて市場コンセンサスを上回る改善となった。内訳を見ても製造業・非製造業を問わず幅広い業種で業況判断が改善しており、中小企業への波及もみられていることから、景気拡大の裾野が拡大しつつあることを確認させるポジティブな内容であった。◆大企業・製造業の「業況判断DI(最近)」は+16%ptと前回(+12%pt)か

2013年7~9月期のGDP(2次速報)結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年12月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7-9月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年7-9月期GDP二次速報 ここから本文です2013年7-9月期GDP二次速報市場予想からは下振れしたが、想定内の下方修正サマリー◆2013年7-9月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+1.1%(前期比+0.3%)と、一次速報(前期比年率+1.9%、前期比+0.5%)から下方修正された。市場コンセンサス(前期比年率+1.6%、前期比+0.4%)からは下振れしたものの、内容について特段のサプライズはなく、当社の景気判断に変更を迫るような内容ではな

12月ECB政策理事会:インフレ見通しを下方修正、日本型デフレのリスクは否定

12月ECB政策理事会:インフレ見通しを下方修正、日本型デフレのリスクは否定 | ニッセイ基礎研究所 12月ECB政策理事会:インフレ見通しを下方修正、日本型デフレのリスクは否定 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が5日に12月の政策理事会を開催、大方の予想通り、現状維持を決めた。同日発表の経済見通しでは

2013~2015年度経済見通し~13年7-9月期GDP2次速報後改定

2013~2015年度経済見通し~13年7-9月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~13年7-9月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.5%、2014年度0.2%、2015年度0.9%を予想> 2013年7-9月

2013年12月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

7-9月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本7-9月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です7-9月期法人企業統計と二次QE予測経常利益は5四半期ぶりの前期比減少。GDP二次速報は下方修正を予想サマリー◆2013年7-9月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+24.1%と、7四半期連続の増益となった。また、売上高は同+0.8%と6四半期ぶりの増収となった。売上高が増収に転じたことに加え、人件費を中心とする固定費の削減が経常利益を押し上げた。◆2013年7-9月期の全産業の設備投資(ソフ

鉱工業生産13年10月~生産計画の下方修正が続き、増産ペースは加速せず

鉱工業生産13年10月~生産計画の下方修正が続き、増産ペースは加速せず | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年10月~生産計画の下方修正が続き、増産ペースは加速せず 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・生産の回復ペースは引き続き緩やか・年度末にかけて生産の伸びは高まる公算経済産業省が11月29日に公表した

ESPフォーキャスト2013年11月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大

緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大 | ニッセイ基礎研究所 緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4-6月期GDPは1.7%と予想は上回ったものの低水準に留まる。1-3月期は1.1%へと下方修正されるなど年初以降の増税・歳出削減の影響は否めず、緩慢な成長が続い

2013年6月6日第一生命保険フィードバック数:2キャリアとスキル

毎月勤労統計“速報”のクセに注意 ~所定内給与は高い頻度で下方修正される傾向~

毎月勤労統計“速報”のクセに注意 ~所定内給与は高い頻度で下方修正される傾向~

2012年5月15日東京商工リサーチフィードバック数:6ビジネス

上場598社「2012年3月期決算業績予想の修正」調査~ 業績修正598社 前年比110社減、修正後利益は6割減 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 上場598社「2012年3月期決算業績予想の修正」調査~ 業績修正598社 前年比110社減、修正後利益は6割減 ~ 上場企業の2012年3月期の決算発表がほぼ出揃った。東京商工リサーチでは3月期決算の上場企業2,504社のうち、3月1日から4月30日までに発表された業績修正を集計した。 業績修正の発表は3月期決算の2,504社のうち、598社(構成比23.9%)で、前年同期(708社)より110社減少した。売上累計は修正前の86兆

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ