調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 不動産投資

「不動産投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月21日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

「東急東横線駅別マンション投資利回りの平均」の調査

人気の東急東横線!マンション投資利回りが最も高い駅は白楽駅(... 人気の東急東横線!マンション投資利回りが最も高い駅は 白楽駅(9.71%)、最も低い駅は代官山駅(4.97%) 不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、同サイトに登録された新規物件を集計し、「東急東横線駅別マンション投資利回りの平均」の調査結果をまとめましたのでお知らせいたします。 【健美家PR】2016年上半期東横線利回り グラフ

2016年7月7日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

投資用不動産マーケットトレンド2016/07

投資用不動産マーケットトレンド2016/07不動産投資と収益... 投資用不動産マーケットトレンド2016/07 不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家( けんびや ) 」 不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、毎月、新規に登録された全国の投資用不動産3種別(区分マンション/ 一棟アパート/ 一棟マンション)のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を集計し、最新の市場傾向として取りまとめています

2016年6月23日インヴァランスフィードバック数:0ライフスタイル

女性のお金と投資に関する意識調査

[株式会社インヴァランス] ,不動産投資 マネー 投資 働く女性 意識調査 マンション投資 インヴァランス 小暮学

2016年6月8日健美家フィードバック数:0ライフスタイル

投資用不動産マーケットトレンド2016/06

投資用不動産マーケットトレンド2016/06一棟マンションの表面利回り、7%台を記録 不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家( けんびや ) 」 不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、毎月、新規に登録された全国の投資用不動産3種別(区分マンション/ 一棟アパート/ 一棟マンション)のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を集計し、最新の市場傾向として取りまとめています。2016年5月分のデータを報告致

2016年6月8日健美家フィードバック数:0社会/政治

不動産投資に関する意識調査(第5回)

「不動産投資に関する意識調査(第5回)」の調査結果を公開2016年4月6日〜4月20日、不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」会員を対象とした「不動産投資に関する意識調査(第5回)」を実施いたしました。 不動産投資に関する意識調査( 第5回 )を実施 2割の投資家が「 マイナス金利政策の影響 」を実感 金利引き下げや融資枠の増大も 健美家株式会社 ( 本社・東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一 ) は2016年4月6日〜4月20日、不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家

2016年5月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「上場企業の不動産取得」調査

公開日付:2016.05.12 2015年に国内不動産の取得や工場・社屋の新設などを公表した上場企業は56社で、3年連続で前年と並んだ。アベノミクス効果による景気の先行き期待から、上場企業の不動産取得の動きは活発化したが、一方で中国経済の減速など景気の先行き懸念を背景とする、リスク警戒感の高まりもあって、前年水準を超えない「足踏み」状況が続いている。本調査は、上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2015年に国内不動産(固定資産)の取得(建物の新設等を含む)を決議、公表した企業を調べた。資料

2016年1月11日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

全国投資用不動産 市場動向レポート2015

「全国投資用不動産市場動向レポート2015」を公開全国の投資用不動産のマーケット状況を把握するために、健美家に登録された物件とメールで問い合わせのあった物件の市場動向を定期的に調査しております。 「 全国投資用不動産 市場動向レポート2015 」を公開しました。 健美家株式会社 ( 本社・東京都港区、代表・倉内 敬一 ) が運営する不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家 ( けんびや ) 」 (月間ページビュー 1,400万、掲載件数約3万4,000件 ) では、全国の投資用不動産のマー

2015年12月2日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

不動産投資に関する意識調査(第4回)

「不動産投資に関する意識調査(第4回)」の調査結果を公開10月21日〜11月4日、不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」会員を対象とした「不動産投資に関する意識調査(第4回)」を実施いたしました。 「 不動産投資に関する意識調査( 第4回 ) 」 調査結果を公開しました。 健美家株式会社 ( 本社・東京都港区、代表・倉内 敬一 ) は10月21日〜11月4日、不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家 ( けんびや ) 」会員を対象とした「 不動産投資に関する意識調査( 第4

2015年10月6日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

「全国投資用不動産 市場動向レポート」< 2015年7月~9月期 >

「全国投資用不動産市場動向レポート2015年7月〜9月期」を公開全国の投資用不動産のマーケット状況を把握するために、健美家に登録された物件とメールで問い合わせのあった物件の市場動向を定期的に調査しております。 「 全国投資用不動産 市場動向レポート 」< 2015年7月〜9月期 > を公開しました。 健美家株式会社( 東京都港区、代表・倉内敬一 )が運営する不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家 ( けんびや ) 」 (月間ページビュー 1,400万、掲載件数約3万件 ) では、全国の投

2015年8月5日インヴァランスフィードバック数:0大型消費/投資

不動産投資に関する実態調査

[株式会社インヴァランス] ,不動産投資 オリンピック 江東区 土地 新宿区 マンション 千代田区 インヴァランズ 私的年金 代表取締役 小暮 学

2015年6月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国株の変調(!?)とそのリスクを考える ~中国国内だけに留まらない悪影響に備える必要がある~

1/4Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国株の変調(!?)とそのリスクを考える~中国国内だけに留まらない悪影響に備える必要がある~発表日:2015年6月23日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 昨年末以降の度重なる金融緩和を経て中国の資本市場を取り巻く環境は大きく変化している。同国株式市場はかつてバブル崩壊を経験したが、足下では再びバブルの様相を呈する。ここ数年のIT技術の進化なども相俟って個人のレバレッジ取引が拡

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景気は2015年7~9月に下げ止まりも

トップレポート・コラム経済分析中国中国:景気は2015年7~9月に下げ止まりも ここから本文です中国:景気は2015年7~9月に下げ止まりも金融緩和効果発現と不動産投資の底打ち・緩やかな回復に期待サマリー◆2015年1月~5月の固定資産投資は前年同期比11.4%増と、1月~4月の同12.0%増から一段と減速し、輸出も5月まで3ヵ月連続で前年割れとなるなど冴えない状況が続いている。◆大和総研は、中国の景気は7月~9月にも下げ止まると見ているが、その後の回復力は強くないであろう。◆地方政府融資平台(

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ準備銀、追加利下げは不可避か ~外需低迷に乳製品価格の調整など、景気下押し材料が顕在化~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートNZ準備銀、追加利下げは不可避か~外需低迷に乳製品価格の調整など、景気下押し材料が顕在化~発表日:2015年6月18日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 昨年来のオセアニア通貨は豪ドルに対しNZドルが強含む展開が続いてきたが、この1~2ヶ月で様相は一変している。先日NZ準備銀が予想外の利下げに踏み切り、足下の景気動向以上に乳製品価格の調整による影響やデフレ懸念脱却を優先する姿勢

2015年6月12日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

白書です。

「平成26年度土地に関する動向」及び「平成27年度土地に関する基本的施策」(土地白書)

「平成26年度土地に関する動向」及び「平成27年度土地に関する基本的施策」(土地白書)について 平成27年6月12日 平成27年版土地白書が本日閣議決定、国会報告されましたので、関係資料を公表いたします。土地白書は土地基本法(平成元年法律第84号)第10条第1項及び第2項の規定に基づき、土地に関する動向及び政府が土地に関して講じた基本的な施策並びに土地に関して講じようとする基本的な施策について、毎年国会に報告しているものです。  本白書は、「平成26年度土地に関する動向」と「平成27年度土地に

クリック革命-日本のEコマース拡大の波は物流不動産需要へ

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL、世界の商業用不動産投資額2019年1-9月期を発表JLLは、2019年1-9月期の世界の商業用不動産投資に関する分析レポートを発表しました。 続きを読む JLL、日本の商業用不動産投資額 2019年1-9月期の分析レポート確報値を発表総合不動産サービス大手JLLは、日本の商業用不動産投資を分析したレポート「ジャパン キャピタル フロー 2019年1-9月期」を発行いたしました。 続きを読むJLL、「

不動産投資についての調査です。

第7回 不動産投資に関する意識調査

不動産投資・収益物件、投資用不動産のことなら 不動産投資に関する意識調査第7回 不動産投資に関する意識調査 調査時期2015年5月20日(水)~5月26日(火) 投資用物件の買い時感については、「買い時だと思う」「間もなく買い時が来ると思う」を合わせると56.3%で半数以上が買い時と回答、「買い時だと思う」が1年前の前回調査に比べ2.2ポイント減少し40.1%、「買い時はしばらく来ないと思う」が前回調査より2.3ポイント増加し43.6%という結果となった。買い時だと思う理由金利が低いため金融機関

日本の商業用不動産投資に関する分析レポート

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 記事掲載:2020年8月11日 日本経済新聞 私見卓見「海外不動産『見える化』を」2020年8月11日 日本経済新聞 私見卓見に、JLL IPS事業部長 高橋貴裕が寄稿した記事が掲載されました:「海外不動産『見える化』を」 続きを読む JLL、アジア太平洋地域の従業員に働き方に関するアンケートを実施総合不動産サービス大手JLLは、アジア太平洋地域の従業員を対象にアンケートを実施しました。 続きを読むJLL、

2015年第1四半期の世界の商業用不動産投資額

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL、2020年1-9月期世界の商業用不動産投資額を発表JLLがまとめた投資分析によると、2020年1-9月期の世界の商業用不動産投資額は前年同期比33%減4,790億ドル、第3四半期の投資額は前年同期比44%減1,490億ドルとなりました。 続きを読む 2020年第3四半期のアジア太平洋地域の投資額は前期比35%増JLLがまとめた投資レポートによると、2020年第3四半期のアジア太平洋地域の投資額は前期

海外大型年金の不動産投資パフォーマンスと投資行動

海外大型年金の不動産投資パフォーマンスと投資行動 | ニッセイ基礎研究所 海外大型年金の不動産投資パフォーマンスと投資行動 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年は前年に引き続き世界の主要不動産市場で不動産取引が活発に行われた。グローバルに不動産投資を行う大型年金基金は、投資対象とする不動産マーケットはそれぞれ異なるものの、全般に継続する不動産

[速報-2015年第1四半期] 世界の不動産投資額

[ジョーンズ ラング ラサール株式会社] ,不動産投資 不動産 調査レポート JLL 2015年第1四半期

International Investment Atlas 2015

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 世界の不動産投資、5年ぶりに減少 ― C&W年次レポート ―クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、世界の不動産投資に関する最新の年次レポートを公表しました。2014年の世界の不動産投資総額は5年ぶりに下落し、前年比6.3%減少しました。 クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド 世界の不動産投資、5年ぶりに減少 ― アジア太平洋地域では23.6%減―  クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク。以下「C&W」

2015年3月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

年金基金の投資対象として存在感を増す私募リート

年金基金の投資対象として存在感を増す私募リート | ニッセイ基礎研究所 年金基金の投資対象として存在感を増す私募リート 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 年金基金による不動産投資では、2000年代後半以降、上場リートや私募ファンドなどの投資商品が普及し、最近は私募リートへの投資が増えている。換金性を持つなどの特徴がある私募リートだが、今後市場の低迷期

ジャパン プロパティ ダイジェスト 2014年第4四半期(10‐12月)

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL森井鑑定とゴードン・ブラザーズ・ジャパンが業務提携JLLのグループ会社であるJLL森井鑑定株式会社と株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパンは、2020年3月27日付で、動産・不動産評価事業における業務提携を締結し、この度業務を開始いたしました。続きを読む JLL日本法人 役員人事のお知らせ総合不動産サービス大手JLL日本法人は、以下の通り役員人事を決議しましたのでお知らせいたします。 続きを読むJLL

2014年日本のホテル取引数

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL、日本の商業用不動産投資額 2019年1-9月期の分析レポート確報値を発表総合不動産サービス大手JLLは、日本の商業用不動産投資を分析したレポート「ジャパン キャピタル フロー 2019年1-9月期」を発行いたしました。 続きを読む JLL、8年連続で「不動産&ホテル投資フォーラム」を開催総合不動産サービス大手JLLは、2019年11月11日(月)に、商業用不動産とホスピタリティ資産への投資をテーマに

2015年2月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

変貌するロンドンの不動産投資・開発状況

変貌するロンドンの不動産投資・開発状況 | ニッセイ基礎研究所 変貌するロンドンの不動産投資・開発状況 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2012年に夏季オリンピックを終えたロンドン市街では、金融危機後に着工した大型不動産開発が相次いで竣工している。今後も複数の大型プロジェクトが竣工する予定で、海外資金による不動産取得も他都市に比べ目立つ。欧州全体で

市場データです。

2014年世界の不動産投資額

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL森井鑑定とゴードン・ブラザーズ・ジャパンが業務提携JLLのグループ会社であるJLL森井鑑定株式会社と株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパンは、2020年3月27日付で、動産・不動産評価事業における業務提携を締結し、この度業務を開始いたしました。続きを読む JLL日本法人 役員人事のお知らせ総合不動産サービス大手JLL日本法人は、以下の通り役員人事を決議しましたのでお知らせいたします。 続きを読むJLL

2015年1月9日三菱UFJ信託銀行フィードバック数:0社会/政治

不動産投資の概要 ~私募ファンドについて~

不動産投資の概要 ~私募ファンドについて~

不動産投資についての調査です。

不動産投資に関する調査 2014年 -調査結果-

「不動産投資に関する調査 2014年」 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所は、2014年10月-11月にかけて、不動産投資市場調査の一環として「不動産投資に関する調査」を実施した。 <調査対象と方法>- アンケート送付先:683(年金基金:519、その他機関投資家:164)その他機関投資家・・・銀行(都市銀行・地方銀行・信託銀行等)95および保険会社(生損保)69(以降、「その他機関投資家」は「機関投資家」と表記)- 回答投資家数:92(年金基金:69、機関投資家:23)(有効回答

東京2020:ホテル業界への期待

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL、世界の商業用不動産投資額2019年1-9月期を発表JLLは、2019年1-9月期の世界の商業用不動産投資に関する分析レポートを発表しました。 続きを読む JLL、日本の商業用不動産投資額 2019年1-9月期の分析レポート確報値を発表総合不動産サービス大手JLLは、日本の商業用不動産投資を分析したレポート「ジャパン キャピタル フロー 2019年1-9月期」を発行いたしました。 続きを読むJLL、「

都市としての競争力レポートです。

東京-世界舞台への挑戦

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL、日本の商業用不動産投資額 2019年上半期の分析レポート確報値を発表 前年同期比横ばい2兆2,430億円、第2四半期は前年同期比31%増1兆350億円JLLは、日本の商業用不動産投資を分析したレポート「ジャパン キャピタル フロー 2019年上半期」を発行いたしました。 続きを読む JLL、アジア太平洋地域で初のスポーツ協賛、スポーツクライミング選手6名の アンビション実現を支援JLLは、日本、オース

ジャパン プロパティ ダイジェスト 2014年第3四半期(7‐9月)

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 [確報] 日本の商業用不動産投資額 2019年第1四半期 第1四半期は前年同期比17%減の1兆2,070億円JLLは、日本の商業用不動産投資を分析したレポート「ジャパン・キャピタル・フロー 2019年第1四半期」を発行いたしました。 詳しく読む 変化する働き方 ワークプレイス戦略 「Future of Work」働き方の変化が企業の不動産戦略に与える影響を分析したレポート「Future of Work」の最新

[確報-2014年第3四半期] 世界の不動産投資額

ヨーロッパベルギーチェコ共和国フィンランドフランスドイツハンガリーアイルランドイスラエル共和国イタリアルクセンブルクオランダポーランドポルトガルルーマニアロシアスロバキアスペインスウェーデンスイストルコウクライナイギリス

プロパティ クロック(不動産時計)2014年第3四半期

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL日本法人 役員人事のお知らせ総合不動産サービス大手JLL日本法人は、以下の通り役員人事を決議しましたのでお知らせいたします。 続きを読む JLL、福岡の商業施設「island eye」の開発から開業までを支援総合不動産サービス大手JLLは、株式会社やずやが出資、福岡アイランドシティ特定目的会社が開発する福岡県福岡市の商業施設「island eye」の開発コンサルティング業務を受託、専任アドバイザーとし

年金資産運用における不動産投資についての調査です。

海外大型年金の不動産ポートフォリオ構築~カナダ、韓国、ノルウェーの年金と米CalPERSを中心に~

海外大型年金の不動産ポートフォリオ構築~カナダ、韓国、ノルウェーの年金と米CalPERSを中心に~ | ニッセイ基礎研究所 海外大型年金の不動産ポートフォリオ構築~カナダ、韓国、ノルウェーの年金と米CalPERSを中心に~ 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 運用総資産額が10兆円を越える海外の大型年金基金には、不動産投資を行っている基金も多く(図表1

海外大型年金の運用についての調査です。

海外大型年金の不動産投資~不動産投資配分、国・地域への配分~

海外大型年金の不動産投資~不動産投資配分、国・地域への配分~ | ニッセイ基礎研究所 海外大型年金の不動産投資~不動産投資配分、国・地域への配分~ 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 運用総資産額が10兆円を越える海外の大型年金基金には、不動産投資を行っている基金も多く、投資する不動産のリスクレベルや地域・国ごとの分散を図っているケースもある。上位20

三井住友トラスト基礎研究所の調査です。

不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年7月 ~調査結果~

不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年7月 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所では、2003年より不動産投資市場調査の一環として、「不動産私募ファンドに関する実態調査」を行っている。本調査は、今回で18回目となり、56社の不動産運用会社から回答を得た。- 調査対象:国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社- アンケート送付先数:111社- 回答社数:56社(回収率:50.5%)- 調査時期:2014年7月- 調査方法:郵送およびEメールによる調

ジャパン プロパティ ダイジェスト(JPPD)2014年第2四半期

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 福岡アイランドシティ (仮称)ぐりんモール開発計画ホテル棟がネット・ゼロ・ エネルギー・ビル(ZEB)実証事業に選定総合不動産サービス大手JLLは、この度、アセット及びプロジェクトの両マネジメント業務を受託している福岡アイランドシティ特定目的会社のグリーンモール開発計画(仮称)のホテル棟部分が「平成31年度ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証事業」に令和元年7月付で選定されたことをお知らせいたします。

市場データです。

[確報-2014年上半期]世界の不動産投資額、前年同期比28%増の2,970億ドル

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL、新型コロナ禍からの回復度を示す指標「リカバリーインデックス」を発表JLLは、新型コロナウイルス感染症の影響により悪化した社会経済状況がどの程度回復しているかを可視化し、その動向を示す総合指標「JLLリカバリーインデックス」を発表しました。 続きを読む JLL、フォーチュン500企業に選出、好調な業績が評価され順位が上昇JLLは、フォーチュン誌が売上規模に基づいて米国企業500社を選出する「フォーチュ

PwCのレポートです。

Emerging Trends in Real Estate 2014 グローバル版2014年の展望

本報告書は世界の投資家の不動産市況の2014年の見通しについてまとめたものです。長年にわたりPwCはUrban Land Instituteと共同で、不動産投資業界で最も影響力のあるリーダーを対象とした調査を行い、その結果をEmerging Trends in Real Estate®として毎年公表しています。これは北米、アジア太平洋、欧州の各地域の不動産投資に関するセンチメントを示す主要指標として広く利用されてきていますが、今回、さらにグローバルレベルでとりまとめを行い、地域ごとの不動産投資の

プロパティ クロック(不動産時計)2014年第2四半期

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL、世界の商業用不動産投資額2019年1-9月期を発表JLLは、2019年1-9月期の世界の商業用不動産投資に関する分析レポートを発表しました。 続きを読む JLL、日本の商業用不動産投資額 2019年1-9月期の分析レポート確報値を発表総合不動産サービス大手JLLは、日本の商業用不動産投資を分析したレポート「ジャパン キャピタル フロー 2019年1-9月期」を発行いたしました。 続きを読むJLL、「

2014年7月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 政策『微修正』が奏功して景気底入れ ~リスク要因がくすぶるなか、今後も構造改革は先送りされるのか~

1/4Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国 政策『微修正』が奏功して景気底入れ~リスク要因がくすぶるなか、今後も構造改革は先送りされるのか~発表日:2014年7月16日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 4月と6月に実施した政策の『微修正』により中国経済の底入れが確認されつつある。不動産市況に懸念はあるが、資金供給策や国際金融市場の落ち着きにより国内の資金需給に改善の動きが出ている。新規融資や資金調達額は前年を上回

[速報-2014年上半期] 世界の不動産投資額、前年同期比27%増の2,940億ドル

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 記事掲載:2020年8月11日 日本経済新聞 私見卓見「海外不動産『見える化』を」2020年8月11日 日本経済新聞 私見卓見に、JLL IPS事業部長 高橋貴裕が寄稿した記事が掲載されました:「海外不動産『見える化』を」 続きを読む JLL、アジア太平洋地域の従業員に働き方に関するアンケートを実施総合不動産サービス大手JLLは、アジア太平洋地域の従業員を対象にアンケートを実施しました。 続きを読むJLL、

2014年版グローバル不動産透明度調査

JLLのニュースリリース、お知らせ、メディアのお問い合わせ先をご案内します。 JLL、世界の商業用不動産投資額2019年1-9月期を発表JLLは、2019年1-9月期の世界の商業用不動産投資に関する分析レポートを発表しました。 続きを読む JLL、日本の商業用不動産投資額 2019年1-9月期の分析レポート確報値を発表総合不動産サービス大手JLLは、日本の商業用不動産投資を分析したレポート「ジャパン キャピタル フロー 2019年1-9月期」を発行いたしました。 続きを読むJLL、「

『J-REIT』不動産投資を活発化~不動産市況回復に貢献~

『J-REIT』不動産投資を活発化~不動産市況回復に貢献~

[速報-2014年第1四半期] 世界の不動産投資額 前年同期比23%増の1,300億ドル

JLL日本のグローバルな組織力と情報力を駆使して、国内外の不動産市場へ参入する JLL日本のグローバルな組織力と情報力を駆使して、国内外の不動産市場へ参入する 投資対象激変する世界的な都市間競争が不動産投資に多大な影響を及ぼす アジア太平洋のプロパティ・ダイジェストを見る(英語) 主要都市(アジア太平洋地域)のスペース賃料と価値を見る(英語) アジア太平洋地域の全主要都市に関する最新の不動産情報・分析デー

急増する訪日外国人客、更なる加速と波及効果に期待

急増する訪日外国人客、更なる加速と波及効果に期待近年、日本を訪れる外国人が急速に増加している。訪日外国人客数は、世界的金融危機と震災の影響による落ち込みからの回復も早く、2013年には初めて年間1,000万人を突破した。観光立国を目指す日本における訪日外国人客をめぐる動向について解説する。 観光立国宣言から10年、訪日外国人客は約2倍に増加今から約10年前の2003年、少子高齢化が進行する中で国内経済を活性化させるため、日本政府は「観光」を政策の柱に位置づけることを宣言し、官民挙げて外国

市場データです。

不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年1月

不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年1月 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所では、2003年より不動産投資市場調査の一環として、「不動産私募ファンドに関する実態調査」を行っている。本調査は、今回で17回目となり、55社の不動産運用会社から回答を得た。- 調査対象:国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社- アンケート送付先数:114社- 回答社数:55社(回収率:48.2%)- 調査時期:2014年1月- 調査方法:郵送およびEメールによる調

2014年3月28日オウチーノフィードバック数:0大型消費/投資

年収3,000万円あったら、不動産投資するのはこの駅・国だ!

年収3,000万円あったら、不動産投資するのはこの駅・国だ! 年収3,000万円あったら、不動産投資するのはこの駅・国だ!近年、中国の富裕層がツアーで日本に訪れ、マンションを購入することが増えているそう。実需だけでなく、投資用にまとめ買いをする場合もあるそうだ。その一方で海外の不動産に投資する日本人も増えていると聞く。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ