調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 不動産経営

「不動産経営」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

Jリート市場のボラティリティを考える

Jリート市場のボラティリティを考える | ニッセイ基礎研究所 Jリート市場のボラティリティを考える 金融研究部 不動産調査室長 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら Jリート市場のボラティリティは、内部要因ではなく外部環境が劇的に変化する局面で大きく上昇する。また、「高ボラティリティ期」は高いリスクに見合うリターンを得にくい傾向があり、リスクを能動的に管理

昭和100年問題-“すでに起きている未来” に対応できているか?

昭和100年問題-“すでに起きている未来” に対応できているか? | ニッセイ基礎研究所 昭和100年問題-“すでに起きている未来” に対応できているか? 川村 雅彦基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昭和100年問題「昭和100年問題」という言葉がある。昭和100年に当たる2025年に、昭和22年から24年にかけて生まれた「団塊の世代」全員が75歳以上となる。つ

私立大学のスリム化はなにをもたらすか

私立大学のスリム化はなにをもたらすか | ニッセイ基礎研究所 私立大学のスリム化はなにをもたらすか 小原 一仁大山 篤之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 現在、少子化対策としてさまざまな国家政策が打ち出されているが、18歳人口は依然として減少傾向にあり、将来的には大学への進学を希望する人口も現在より縮小していくだろう。このような状況に直面しつつあるにも関わらず、

2014年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

岐路に立つJリートの外部成長戦略

岐路に立つJリートの外部成長戦略 | ニッセイ基礎研究所 岐路に立つJリートの外部成長戦略 金融研究部 不動産調査室長 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら Jリート市場は昨年2.2兆円の不動産を取得する外部成長を実現し、市場全体の分配金も上昇基調にある。一方で、不動産売買市場の取引利回りは低下し一部に過熱感が見られるため、Jリート各社は今後の外部成長戦略

Appleの経営分析です。

アップルの成長神話は終焉したのか ~ 革新的製品の発売か、高成長に対応したコスト構造の是正か~

アップルの成長神話は終焉したのか ~ 革新的製品の発売か、高成長に対応したコスト構造の是正か~ | ニッセイ基礎研究所 アップルの成長神話は終焉したのか ~ 革新的製品の発売か、高成長に対応したコスト構造の是正か~ 社会研究部 上席研究員 百嶋 徹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■見出し1―はじめに2―2期連続で2桁減益に陥った足下の四半期決算1│全社ベースの

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

アベノミクスとJリート市場。今後の注目ポイントは?

アベノミクスとJリート市場。今後の注目ポイントは? | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスとJリート市場。今後の注目ポイントは? 金融研究部 不動産調査室長 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスの恩恵にあずかり大幅高となったJ リート市場では、これまでの割安感が消えて一部に過熱感を示す指標も見られる。そこで、前回ピークを付けた2007年当時と現

2013年4月1日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:7ビジネス

Appleの分析です。

アップルのものづくり経営に学ぶ -創造性(製品企画開発力)と経済性(収益力)の両立の徹底追求

アップルのものづくり経営に学ぶ -創造性(製品企画開発力)と経済性(収益力)の両立の徹底追求 | ニッセイ基礎研究所 アップルのものづくり経営に学ぶ -創造性(製品企画開発力)と経済性(収益力)の両立の徹底追求 社会研究部 上席研究員 百嶋 徹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■見出し1―はじめに2―アップルの企業概要3―長期的な財務分析4―サプライチェーン改

米12月住宅販売は増勢一服の動きながら、前年比は堅調維持

米12月住宅販売は増勢一服の動きながら、前年比は堅調維持 | ニッセイ基礎研究所 米12月住宅販売は増勢一服の動きながら、前年比は堅調維持 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12月の米住宅販売では、前月比では新築一戸建て、中古販売ともに減少に転じた。ただし、前年比では、それぞれ8.8%、12.8%と堅調な伸びを維持するなど回復傾向が続いている。また、前

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お知らせ