「不妊治療」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年1月13日ステルラフィードバック数:0キャリアとスキル

仕事と妊娠の両立について

仕事と妊娠出産時期などのライフプランの両立に悩んでいる女性は約9割!女性が本当に働きやすいと感じる職場環境とは? ワークライフバランスを重視した制度整備が必要に 妊活 不妊治療のクリニック・病院検索サイト「婦人科ラボ(https://www.fujinka-lab.com/)」を運営する株式会社ステルラ(本社:東京都千代田区 代表取締役:西 史織)は、働く女性:20代〜40代の421人を対象に「仕事と妊娠の両立について」の独自アンケート調査を行いました。その結果、「仕事での昇進その他を考えて、結

2020年12月23日エイチームフィードバック数:0社会/政治

不妊治療と医療保険に関する意識調査

民間医療保険でも不妊治療の適用を望む人は約8割!不妊治療と医療保険に関する意識調査 ~不妊治療中に妊娠・出産を見据えて、約3人に1人が医療保険の見直し・新規加入を実施~ 株式会社エイチームのグループ会社で、お金や保険などの様々な情報やサービスを提供する株式会社 エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:林和樹)は、20代から40代の子どもがいる女性330名に「不妊治療」と「医療保険」について意識調査を実施しました。 高額な費用がかかる体外受精などの不妊治療に対して、菅義偉首相は

「不妊治療の保険適用」ついて

エン・ジャパン(東証一部上場)グループが運営する結婚相談所 エン・ジャパン(東証一部上場)グループが運営する結婚相談所 エン婚活エージェントは、来店不要の結婚相談所。 以下はサービス対象エリアのご案内です。 関東エリア 関西エリア 東海エリア その他エリア ニュース2020/10/29【プレスリリース】不妊治療の保険適用は、9割以上が賛成。不妊で悩んだことがある人のパートナーシップは、良くなった・変わらないと回答した人が7割以上。〜famion(エン婚活エージェント株式会社)〜エン婚活

2020年10月9日Wondershakeフィードバック数:0社会/政治

9割以上が不妊治療への保険適用に賛成

9割以上が不妊治療への保険適用に賛成。不妊治療で大変だと思うこと、1位「費用の負担」、2位「精神的負担」、3位「治療と仕事の両立」。 〜LOCARIが妊活・不妊治療に関するアンケートを実施〜 国内最大級オトナ女子向けメディアアプリ「LOCARI」を運営する株式会社Wondershake(本社:東京都目黒区、 代表取締役社長:鈴木仁士)は、「妊活・不妊治療に関するアンケート」を実施いたしましたので、その結果をお知らせいたします。 【調査結果 概要】約9割が妊活のイメージは「お金がかかりそう」9割以

2020年5月15日エムティーアイフィードバック数:0マーケティング

新型コロナウイルス感染症に関する『ルナルナ』独自調査

新型コロナウイルス感染症に関する『ルナルナ』独自調査 妊娠中・育児中・妊活中の女性に与える影響とは? ~『ルナルナ』で新型コロナウイルス情報に関する特設ページも公開~(株)エムティーアイが運営する、ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』では、定期的にサービス内で様々な意識調査を行っています。多くのユーザーから回答が寄せられ、生理やカラダに関する内容をはじめ、ほかでは聞けない女性の悩みや本音が明らかになっています。今回のVol.39では、国内でも現在1万

2018年4月16日CURUCURUフィードバック数:0ライフスタイル

「妊活・不妊治療」に関する調査

口コミ・ランキングで知る妊活者専用SNS「妊活ボイス」では、「妊活・不妊治療」に関する調査を実施いたしました。 口コミ・ランキングで知る妊活者専用SNS「妊活ボイス」では、「妊活・不妊治療」に関する調査を実施いたしました。【主な調査結果】 〈1〉妊活中に退職や転職などを経験した人は3人に1人以上〈2〉正社員の半数以上は「妊活と仕事との両立が困難」と回答〈3〉最も多い退職・転職理由は「精神的負担が大きかった」で40.8%【背景】晩婚化や晩産化が進む日本において、不妊治療は身近な医療となってきました

2018年4月9日厚生労働省★フィードバック数:0社会/政治

不妊治療と仕事の両立に関しての調査

平成30年3月16日【照会先】雇用環境・均等局雇用機会均等課課長 堀井 奈津子(代表) 03(5253)1111 (内線7835) 報道関係者各位不妊治療と仕事の両立に関して厚生労働省として初めての調査を実施しました 〜「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査事業」の調査結果報告書を公表します〜 厚生労働省では、平成年度に「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査研究事業」の中で、企業および労働者に対しアンケート調査を行い、その結果を報告書にまとめました。 【 

2017年8月8日ミキハウスフィードバック数:0大型消費/投資

2017年 妊活の実態調査

「妊活アンケート2017」でわかった妊活の現在地 妊娠を望む人が体調管理をしたり、産婦人科に通うなど妊娠するための活動全般を指す言葉「妊活」。晩婚、晩産化などを背景に、広く世の中に知られるようにはなっていますが、ひと口に妊活と言っても、そのスタイルは人それぞれ。ミキハウスでは過去2回、その実態を知るためミキハウスベビークラブ会員のみなさまにアンケート調査を行ってきましたが、本年度も「妊活アンケート2017」として調査を実施いたしました。そこで本記事では、前回(2014年)の調査結果とも比

2016年7月6日サンワードメディアフィードバック数:0大型消費/投資

妊活中はごほうび作戦が効果的?気になる夫婦生活は? サンワードメディア

[株式会社サンワードメディア] ,キャンペーン アンケート 夫婦 クリニック 不妊 妊活 プレゼント 妊娠 不妊治療 男性不妊

2015年4月15日エムティーアイフィードバック数:0大型消費/投資

「不妊治療について」の調査

[株式会社エムティーアイ] ,ルナルナ 不妊 妊娠 不妊治療 ルナルナ ファミリー

2014年6月18日リクルート★フィードバック数:0ライフスタイル

赤すぐの調査です。

出産・育児に関する実態調査(2014)

出産・育児に関する実態調査(2014) 2014年06月18日株式会社リクルートライフスタイル 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)に設置された出産・育児に関す る調査・研究機関「赤すぐ総研」()は、この度、0〜2歳のお子さんのいらっしゃる既婚 女性を対象に、出産実態に関する調査を実施しました。その結果をお知らせいたします。主な調査結果出産実態【出産方法】■自然分娩での出産は全体の74%。 ■立会い出産率は2割で、20代では4人に1人が経験。年収8

2014年5月30日プラスアールフィードバック数:0ライフスタイル

65%の妊婦さんが「妊活」経験あり。「妊活」から妊娠に至るまでの体験談

[] ■65%の妊婦さんが「妊活」していたと回答「妊活」を行いましたか?(積極的に妊娠を意識した行動全般、不妊治療に限らず)という質問に対しては、65%の妊婦さんが「はい」と回答しました。回答時の年齢別では10代で60%、20代で62%、30代で73%、40代で83%が妊活を行ったと回答しました。積極的に妊娠を意識した行動(妊活)によって妊娠に至った人が半数以上であり、年齢が高くなるほどその傾向が強くなっていることが分かりました。「妊活」としてどんなことをしましたか?(複数回答可、N=436)と

2014年3月12日マインドシェアフィードバック数:0ライフスタイル

少子化対策に関するママへの意識調査

[] ■ママが少子化対策として重要視するのは「社会保障」「仕事と家庭の両立支援」■「未婚」「不妊治療」への対策強化を望む声も株式会社マインドシェア(東京都港区、代表取締役:今井祥雅)が運営するママ参加型サイト「ママこえ」において、0~9歳の子どもを持つ母親を対象に、「少子化対策に関するママへの意識調査」を実施しました。【調査結果】・ママたちがリアルに感じる少子化対策で重要なこととは?■「少子化対策、あなたが一番重要だと思っていることは?」合計特殊出生率は1.41と底打ちしたものの、出生数は過去最

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ