「不快感」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年1月4日B´fullフィードバック数:0ビジネス

8割以上のビジネスパーソンがマスク着用に不快感!トップ3は「息苦しい」「話しづらい」「邪魔」!不快感への対策は8割以上ができていない!

8割以上のビジネスパーソンがマスク着用に不快感!トップ3は「息苦しい」「話しづらい」「邪魔」!不快感への対策は8割以上ができていない!~「勤務中のマスク着用」に関する意識調査~ マスク着用における不快感を解消する立体インナーマスク等のマスク関連製品を製造・販売している株式会社Bfull(代表:前田直人、所在:愛知県一宮市神山)は、週1日以上通勤日がある、フルタイムで働く全国の20歳~69歳男女400名を対象に、勤務中のマスク着用に関する意識調査を実施しました。その結果、84.6%が勤務時間の約8

テレワークにおけるハラスメントの実態調査

企業で課題になりつつあるリモートハラスメント(リモハラ)、リモートでの上司とのコミュニケーションにストレスを感じたことのある部下は約8割 〜「チャット上での言葉遣いがきつい」や「仕事をサボっていないかいちいちチェック」など上司への不快の声挙がる〜ダイヤモンド・コンサルティングオフィス合同会社(本社:東京都港区南青山2-2-15ウィン青山942、代表:倉本祐子、以下ダイヤモンドコンサルティング)は、テレワークにおけるハラスメントの実態調査を目的に、テレワーク業務で上司とコミュニケーションを取ってい

2020年5月1日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

流行ファッション情報源として、「Instagram」が「Google」を抜く

流行ファッション情報源として、「Instagram」が「Google」を抜く 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2019年総集編【トレンドトピック版】』 ~「情報銀行」を、3人に1人が認知~株式会社ジャストシステムが運営する、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」では、全国の17歳から69歳の男女1,100名を対象に『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』を、2012年7月から毎月1回実施して

2019年3月1日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

バナー広告と動画広告の不快感

スマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より、動画広告」 動画&動画広告 月次定点調査(2019年1月度)スマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より、動画広告」「レシピ動画アプリ」利用率トップは「クラシル」調査結果サマリースマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より、動画広告」 1月にスマートフォンで「バナー広告(静止画の広告)」と「動画広告」の両方を見掛けた人のうち、「動画広告より、バナー広告に不快感を持った」人は10.9%、「どちらも同じくらい不快だった」人は31.9%、「バナ

2018年1月23日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「メイクアップ」に関する調査

2017.12.19「メイクアップ」に関する調査結果テレビやネットニュースで芸能人の化粧前・後を取材されているのを見て驚いたことがあります。 そもそも、女性にとって化粧とはどんなものなのか?理想と実際の仕上がりや、時間をかけている部位はどこなのかなどを聴取しています。調査サマリメイクアップで特に時間をかけている部位は1位「ベース(顔)」、2位「目(まぶた、アイホール)」、3位「眉」だが、「どの部分も時間はかけていない」が2割を占めるメイクアップの仕上がりの理想も実際も「ナチュラル、シアー」が全体

2015年11月4日エン・ジャパン★フィードバック数:0ビジネス

「ビジネス会話で感じた不快感」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン ビジネス会話での不快感、43%が経験。 “敬語を使わない後輩”に多くの方が不快感。 ―『エン転職』ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の総合求人・転職支援サービス『エン転職』 ( https://employment.en-japan.com/ )上で、サイト利用者を対象に「ビジネス会話で感じた不快感」についてアンケ

2015年5月26日サクメディアフィードバック数:0大型消費/投資

女から見てモテない女の特徴とは?「言葉遣いが汚い、だらしない」

女から見てモテない女の特徴とは?「言葉遣いが汚い、だらしない」 女性から見た男性がモテない理由というものはある程度思いつくかもしれませんが、同性だからこそ男性にモテない理由がよく分かるのではないでしょうか。同性だからこそ厳しい視点で見ることが出来ますし、徹底的に改善すればモテるだろうと思うこともあるのかもしれません。というわけで、同性視点で見た女性のモテない部分はどんなところかアンケートを取ってみました。【質問】 女から見て「モテない」と思う女性の特徴って?【回答数】言葉遣いが汚い:38だらしな

2015年5月15日NEWSYフィードバック数:0エンタテインメント

かわいいどころか・・・半数以上の人がメールなどの小さい「ゎ」に不快感!

かわいいどころか・・・半数以上の人がメールなどの小さい「ゎ」に不快感!若者のSNSやメールなど、メッセージのやりとりのなかでよく見られるのが、主語の後に続く小さい文字の「ゎ」。日本語文法上、決して正しい表現であるとは言えませんが、「みんなが使っているから」という理由で使用している人は多いのではないでしょうか?ところが、「ゎ」を含む文面を受けとる側は、良くない感情を抱いている人もいるようなのです。そこで、しらべえ編集部では「私ゎ」「うちゎ」などを含むメッセージを受け取った時、不快に思っている人がど

2015年3月11日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【15年2月版】「病院探し・お薬探しの“切り口”」の最新動向

【15年2月版】「病院探し・お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2015年3月11日 [水] 2月の急上昇キーワード:本格的なシーズン入りでお薬、診療科目、キーワードともに「花粉症」関連の検索が急増むずむず脚症候群・・・「レストレスレッグス症候群」とも呼ばれ、眠ろうとベッドに入ったときや、乗り物や映画館などでじっと座っているときに、脚の内側から不快感がおこる病気。神経内科や睡眠外来などで、適切な治療を受ければ症状は治まるが、医療機関を受診している患者さんは非常に少ない。 ▼QLife特集「あな

ビジネスメールについてのまとまった調査です。

ビジネスメール実態調査2014(平成26年)

一般社団法人日本ビジネスメール協会は、日本で唯一のビジネスメールの教育者を養成する専門機関です。コミュニケーション、書き方、効率化を指導するプロフェッショナルを育成し認定を行ないます。 受付時間 9:00~18:00(土日祝日、年末年始を除く) 「ビジネスメール実態調査2014(平成26年)」発表 仕事上のコミュニケーション手段トップは「メール」98.45%。LINE、Facebookが無視できない存在に不快に感じるメールの特徴!文章が曖昧(37.69%)、文章が失礼(31.85%)、文章が

2013年11月18日エムエルジェイ★フィードバック数:0大型消費/投資

妊婦とシートベルトについての調査です。

シートベルトの使用状況に関する実態調査

ニュースリリース掲載・配信 PRナビ企業の広報・PRを適正価格でサポート! リリースも無料掲載中PRナビ運営事務 平日10:00〜18:00 妊婦さんはシートベルトがお嫌い? 妊婦1,000名に聞いたシートベルト着用状況に関しての実態調査 助手席・後部座席で3人に1人、タクシーでは8割が未装着 シートベルト装着に78%が不快感年5,000名以上の妊婦が交通事故で負傷していることをご存じですか? 年間160もの死亡胎児の一因 『シートベルト症候群』とは株式会社エムエルジェイ●助手席・後部座席で

2013年6月26日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国:目的は金融秩序回復、結果は市場が混乱

トップレポート・コラム経済分析中国中国:目的は金融秩序回復、結果は市場が混乱 ここから本文です中国:目的は金融秩序回復、結果は市場が混乱上海銀行間取引金利(SHIBOR)急騰の背景サマリー◆6月20日にかけて上海銀行間取引金利(SHIBOR)が急騰した。金融当局は、銀行システム以外で調達された資金が、貸出リスクの高い中小企業や期待収益率の低いプロジェクト、不動産に向かっていることに懸念を持っていた。中国人民銀行がオペレーションによって資金を供給し、金利低下を促すことは可能であり、それを敢えてしな

2013年4月29日Yahoo!フィードバック数:8エンタテインメント

ものまね芸人「花香よしあき」が再び急上昇

ものまね芸人「花香よしあき」が再び急上昇この一週間で、テレビでの発言や紹介により検索数が急上昇した人物をランキング。4位の芸人「花香よしあき」は3月にも急上昇しましたが、その時はものまねされた市原隼人が不快感を示したことがきっかけ。 今回は出演番組で和解を報告し、再び注目されました。検索数推移では、花香よしあきにつられるように市原隼人の検索数も上昇。 キンタロー。がものまねした前田敦子と同様、やはりものまねされる人も注目度が上がりますね。 「テレビ出演、紹介された人物」の急上昇ワードランキング集

広告に関する意識調査です。

広告に対する意識調査(特別編)--男女、年代にみる広告に対する意識の違い

広告に対する意識調査(特別編)--男女、年代にみる広告に対する意識の違い  今回の特別編では、「広告に対する意識調査(上)」と「広告に対する意識調査(下)」で明らかになった事実とさらに深堀し、性年代別にどのような意識の違いがあるのかをみていきたいと思う。【調査結果サマリー】年代が若くなるほど、広告に対して不快感を感じたことのあるユーザーが多い傾向にある女性は誇大表現の使われた広告を迷惑だと感じる傾向が強い男性は、行動ターゲティングに対する許容度が高い 調査対象は、10代〜50代の男女500人。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ