「世帯収入」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年1月15日Leo Sophiaフィードバック数:0大型消費/投資

貯金に関するアンケート調査

え、30代ってこんなに貯金してるの?400名アンケートで明らかになった真実 「30代のみんな、いくらくらい貯めてるの?」「独身の人と子持ちの家族だと、貯金額って違うのかな…」出産・転職・マイホーム購入など、仕事もプライベートも充実していく30代。何をするにもついてまわるのがお金の問題ですが、みなさんはご存知でしょうか。30代の貯金額の相場は?独身の人と結婚して子供もいる人だと、貯金額は変わるの?毎月いくらずつ、どんな方法で貯金している?そんな疑問を解決すべく、今回当サイト(カードローンの巨匠)

2017年9月13日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「女性の生活意識アンケート調査」(第11回) (2)現在の収入について

「女性の生活意識アンケート調査」(第11回)②現在の収入について配偶者の収入 に「満足できている」 31.4%。自分の収入に 「満足できている」16.7%と大きな隔たり。 ◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第11回) ベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。●調

2016年12月28日ベルメゾンフィードバック数:0キャリアとスキル

「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) (2)現在の収入について

女性の生活意識アンケート調査(第10回)②現在の収入について世帯収入、「減った」家庭が「増えた」家庭を6.5ポイント上回る。 ベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。・調査は2016年10月3日~10月20日にインターネットで実施。30~50代女性2298名の回答結果を集計

2016年8月5日ベルメゾンフィードバック数:0キャリアとスキル

「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) (2)現在の収入について

女性の生活意識アンケート調査 ②現在の収入について「配偶者の給料が増えた」過去最高の30.1%。 ベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。配偶者の給料が増えた人は30.1%で、調査開始以来の高い数字になりました。特に30代で増えた人の割合が高く、50代と比べると23.2ポイ

2016年6月14日日本RV協会★フィードバック数:0大型消費/投資

キャンピングカーの「ユーザー像」に関する調査

キャンピングカーの「ユーザー像」に関する調査~世帯収入は400万円未満と1,000万円以上で二極化~ 2016年06月06日公開2016年06月06日更新  一般社団法人 日本RV協会(所在地:東京都町田市、会長:増田 浩一)では、キャンピングカーユーザーの年齢構成、世帯収入、および車両の購入価格帯などを調査しました。それによると、年齢では40代後半から50代が最も多く、世帯収入では「400万円未満」と「1,000万円以上」という2つの層に分かれました。購入した車両で最も多かった価格帯は「50

2016年5月20日インテリジェンスフィードバック数:0社会/政治

主婦がパートをする背景事情をアンケート パートと育児の関係性とは?

この属性の大きな特徴は「育児」が大きなウェイトを占めること。子どもがいる世帯、いない世帯で働ける時間は異なりますし、子どもの年齢によっても大きく事情が変わります。そこで今回の調査では、主婦を「子どもの年齢ごと」に細かく分けて、その志向性をシリーズ編成で明らかにしていきます。【調査地域】 全国(インターネットリサーチ) 【調査対象】 主婦2000サンプル アルバイト・パートに従事する主婦1000サンプル(子供なしの主婦:200サンプル/末子年齢0歳~2歳、3歳~5歳、6歳~8歳、9歳~15歳を抱え

地方の消費低迷を読み解く

地方の消費低迷を読み解く | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2012年の安倍政権発足後、個人消費は底堅い動きを続けていたが、2014年4月の消費税率引上げ後、個人消費は弱めの動きを続けている。消費動向を地域別にみると、都市部に比べ地方の不調が顕著となるなど地域的なバラツキもみられる。この地方の消費低迷の要因として、以下の4点が指摘できる。

2014年10月14日ダイヤモンド社フィードバック数:0ライフスタイル

調査して分かった意外な実態 自治体によって保育料は月2万円も違う

保育園について見落としがちなのが、自治体によって保育料が大きく違うということ。保育園特集を組んだ実用ライフスタイル誌「ダイヤモンドQ」編集部がお送りする連載の第7回は、東京23区における、認可保育園、認証保育園の保育料の違いを取り上げる。 保育園については、待機児童数や保育園の質が注目されがちだが、保育料についても注意しておきたい。実は自治体によって保育料は大きく異なり、月の保育料で2万円以上の差があるのだ。大都市においては保育園に入りやすい自治体を求めて引っ越しをする人がいるが、その際に保育料

暮らし向きは3年ぶりに悪化、世帯収入は小幅改善(物価と消費に関するアンケート)

暮らし向きは3年ぶりに悪化、世帯収入は小幅改善(物価と消費に関するアンケート)

2013年12月12日日本生産性本部フィードバック数:0ライフスタイル

レジャー白書2013続報-シニア層余暇参加の追加分析  アクティブな男性70代/高収入ほど多種目参加

公益財団法人日本生産性本部 余暇創研は、このほど、2012年におけるシニア層の余暇活動についての分析結果をまとめた。今年8月に発表した『レジャー白書2013』では、10年前には最も参加種目数が少なかった60代以上が、2012年には他の年代と同等かそれ以上に参加していることを指摘した。団塊の世代が60代後半を迎え、雇用延長で働いていた人を含めて多くが仕事から離れる年代となり、就業の有無によって余暇活動にどのような影響があるのかが注目される。本報告では、レジャー白書と同様に余暇活動調査のデータを元に

2013年12月11日秋田経済研究所フィードバック数:0社会/政治

第29回秋田県消費動向調査

機関誌「あきた経済」第29回秋田県消費動向調査(要旨)1 「昨年と比較した暮らし向き」は、「変わらない」(66.8%)とする世帯割合が引き続き最も高いものの、「良くなった」(6.5%)が3年ぶりに上昇に転じるなど、緩やかに改善している。2 「昨年と比較した収入」は、減少に向かった前回調査(平成24年10月実施)から再び増加した。3 「1か月あたりの生活費」は前年比1千円減少し、「今後の家計支出」についても、抑制傾向が一段と強くなった。世帯収入は、見通しも含めて緩やかに改善しているが、物価上昇や来

2013年10月7日流通経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

米国のディスカウント小売業の動向と日本市場への示唆

米国のディスカウント小売業の動向と日本市場への示唆 矢野 尚幸 公益財団法人流通経済研究所 主任研究員 アメリカ国内では、「貧困層」に分類される国民が2011年には過去最多の4,624万人(国民全体の約15%)に上り、その割合は増加傾向にある(図表1)。そのため、アメリカ小売業では低所得者層からどのようにニーズを獲得するかが大きな課題となっている。出所:Census Bureau USA注:「貧困層」の定義は世帯人数、年次によって異なる。2011年は4人家族の場合では、年収約23,000ドル未満

2012年9月4日日本RV協会★フィードバック数:3大型消費/投資

キャンピングカーについてのまとまった調査です。

キャンピングカー白書 2012年

キャンピングカー・ビルダー、ディーラーが加盟する一般社団法人日本RV協会(JRVA)が提供するキャンピングカー情報 『キャンピングカー白書 2012年』が示すキャンピングカーユーザーと業界の現状・震災などの影響を被りながらキャンピングカー販売は堅調に推移・キャンピングカーユーザーは熟年世代層増加の傾向がはっきり[ 2012年9月3日付け プレスリリース ] 当協会は、このほど『キャンピングカー白書2012』を発行いたしましたが、調査結果により、昨年度のキャンピングカー販売は、東日本大震災の影響

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ