「世界経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年10月19日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2014年10月)

世界経済動向(2014年10月)

【米国GDP】基礎から見直す米国経済とその展望

【米国GDP】基礎から見直す米国経済とその展望 | ニッセイ基礎研究所 【米国GDP】基礎から見直す米国経済とその展望 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済の構造を理解するために、米GDPに焦点を当て、世界の中での相対的な位置づけや米GDPの中身についてやや丁寧な概説を行った。米GDPの規模とみると、日本経済の3.4倍、世界

中期経済見通し(2014~2024年度)~需要不足と供給力低下に直面する世界経済

中期経済見通し(2014~2024年度)~需要不足と供給力低下に直面する世界経済 | ニッセイ基礎研究所 中期経済見通し(2014~2024年度)~需要不足と供給力低下に直面する世界経済 経済研究部 経済研究部基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 世界経済は回復基調が続いているが、そのペースは依然として緩慢なものにとどまっており、主要先進国のGDPギャップはリーマン

2014年10月9日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年8月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 8月機械受注機械受注は持ち直しの動きが続く 2014年10月9日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年8月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+4.7%となり、市場コンセンサス(同+0.5%)を大きく上回る結果となった。3ヶ月連続の増加であり、機械受注は持ち直しの動きを続けている。◆需要者別に受注を見ると、製造業

IMFの世界経済見通し~世界の成長率予測は下方修正も2015年にかけて成長は加速

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月8日IMFの世界経済見通し~世界の成長率予測は下方修正も2015年にかけて成長は加速 IMF(国際通貨基金)は10月7日に最新の世界経済見通しを発表し、先進国において過剰債務などの世界金融危機の影響がいまだ継続していることや、一部の新興国において潜在成長率が低下していることを受けて、2014年の世界の成長率予測を3.3%に下方修正しました。2015年の世界の成長率予測についても下方修正したものの、3.8%に加速していくとし

2014年9月21日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2014年9月)

世界経済動向(2014年9月)

2014年9月3日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2014年8月)

世界経済動向(2014年8月)

2014年8月14日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し(2014年8月改訂)

PRESS RELEASE2014年8月13日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し(2014年8月改訂)-設備投資が回復の主役へ- 当社は、2014年4~6月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカを牽引役に緩やかな拡大を続けていくと見込まれます。日本経済は、維持更新や省力化を目的とした設備投資が活発化し、輸出も持ち直していくことで景気拡大を続けていくと考えられます。4~6月期の弱さを反映し、2014年度の実質GDP成長率は前回見通しか

2014年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

今後10年の日本経済を読む10の勘所

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今後10年の日本経済を読む10の勘所日本経済中期予測(2014年8月)1章 ◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年の日本の経済成長率は平均で実質1.5%、名目2.3%と予想する。前後半に分けると、消費増税の影響で個人消費が下押しされる前半の実質1.3%成長から後半は1.6%成長に加速しよう。◆労働需給のタイト化は賃金の伸びを支えるだろうが、国際競争の進展で構造的に賃金上昇が抑制さ

2014年8月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2014年8月)解説資料

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2014年8月)解説資料日本の成長力と新たに直面する課題 今後10年の世界経済と日本経済 p.2(近藤・小林・溝端)  今後10年の世界経済 今後10年の日本経済を読む勘所 日本の成長力はどうなるか p.23(溝端・近藤)  新成長戦略の概要 労働力の動向が成長を左右 まとめ p.34(近藤) この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレ

2014年8月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 2014~2015年世界経済見通し】世界経済見通し-けん引役が不在のなか、力強さを欠く世界経済

【特集 2014~2015年世界経済見通し】世界経済見通し-けん引役が不在のなか、力強さを欠く世界経済

2014年8月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【特集 2014~2015年世界経済見通し】欧州経済見通し

【特集 2014~2015年世界経済見通し】欧州経済見通し

2014年8月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2014年8月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2014年8月)日本の成長力と新たに直面する課題 ◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年の日本の経済成長率は平均で実質1.5%、名目2.3%と予想する。前後半に分けると、消費増税の影響で個人消費が下押しされる前半の実質1.3%成長から後半は1.6%成長に加速しよう。◆労働需給のタイト化は賃金の伸びを支えるだろうが、国際競争の進展で構造的に賃金上昇が抑制される可能

2014年7月30日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2014年7月)

世界経済動向(2014年7月)

IMFの世界経済見通し~2015年にかけての成長加速見通しは変わらず

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月25日IMFの世界経済見通し~2015年にかけての成長加速見通しは変わらず IMF(国際通貨基金)は7月24日に最新の世界経済見通しを発表し、2014年の世界の成長率予測を3.4%に下方修正しました。下方修正の要因としては、寒波の影響に伴なう米国景気の落ち込みや、中国など主要新興国の成長鈍化が挙げられています。しかし、米国景気の落ち込みは一時的なものであることに加え、中国などでは景気下支え策が打たれていることなどから、201

2014年7月27日国際通貨基金★フィードバック数:0社会/政治

IMFの見通しです。

世界経済見通し: 改訂見通し

世界経済見通し: 改訂見通し

2014/2015年世界経済見通し(2014年7月改定)~緩慢な景気回復にとどまる一方で米中リスクに注意を要する~

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年7月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

けん引役が不在のなか、力強さを欠く世界経済-米国の購買力が低下する一方、新興国の購買力も力不足

けん引役が不在のなか、力強さを欠く世界経済-米国の購買力が低下する一方、新興国の購買力も力不足

2014年6月22日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

最新の世界経済動向(2014年4月~2014年6月)

最新の世界経済動向(2014年4月~2014年6月)

2014年6月9日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

内閣府のレポートです。

世界経済の潮流 2014 I

世界経済の潮流 2014年 I世界経済の潮流 2014年 I新興国経済のリスクと可能性 PDFファイルを閲覧・印刷いただく場合、Adobe® Reader® プラグインが必要となります。お持ちでない場合は、下記のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のダウンロードページよりインストールしてください。アドビ システムズ社から提供されているAdobe® Reader® プラグインのダウンロードページ 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大

2014年4月18日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

最新の世界経済動向(2014年2月~2014年4月)

最新の世界経済動向(2014年2月~2014年4月)

IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)2014年4月9日IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引 IMF(国際通貨基金)は4月8日に最新の世界経済見通しを発表し、2014年の世界の成長率予測を3.6%、2015年の予測を3.9%と前回1月時点の予測からそれぞれ0.1ポイント引き下げました。先進国の生産活動は上向くものの、新興国では一部の国で金融情勢の逼迫化から成長が鈍化する可能性があるほか、ウクライナ情勢の緊迫化が成長の重石となることを理由としています。先進国

2014年3月23日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

最新の世界経済動向(2014年1月~2014年3月)

最新の世界経済動向(2014年1月~2014年3月)

2014年3月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ情勢緊迫化による世界経済への影響-天然ガスの供給ショックがなければ影響は軽微

ウクライナ情勢緊迫化による世界経済への影響-天然ガスの供給ショックがなければ影響は軽微

2014年2月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

世界経済の潮流変化を反映する新興国市場の混乱

世界経済の潮流変化を反映する新興国市場の混乱

2014年2月25日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

最近の世界経済動向(2013年12月~2014年2月)

最近の世界経済動向(2013年12月~2014年2月)

2014年2月19日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し

PRESS RELEASE2014年2月17日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し-消費税率引き上げを克服して拡大は持続- 当社は、2013年10~12月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカなど先進国が堅調に推移することで、全体を牽引していくと考えられます。日本経済は回復の持続により、雇用環境も改善に向かい、デフレ脱却も視野に入りつつあります。消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減に見舞われても、景気拡大は持続していくと考えられ

2014年2月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

中期予測です。

今後10年の世界経済と日本経済

トップレポート・コラム経済分析経済予測今後10年の世界経済と日本経済 ここから本文です今後10年の世界経済と日本経済日本経済中期予測(2014年2月)第1章サマリー◆米国の底堅い成長が見込まれるなか、メインとなるリスク要因は、予測期間中盤に想定される先進国の金融政策の変更であり、新興国経済は大きな影響を受ける可能性がある。一方で、米国・欧州ともに個別の構造問題を抱えており、注視する必要があるだろう。◆今後10年間の日本の実質経済成長率は年平均1.5%の見込みだが、前半・後半でややパターンが異なる

2014年2月6日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

今後10年間の予測です。

日本経済中期予測(2014年2月)

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2014年2月) ここから本文です日本経済中期予測(2014年2月)牽引役不在の世界経済で試される日本の改革への本気度サマリー◆この一年間、安倍政権は、大胆な金融緩和や機動的な財政出動、民間投資を喚起する成長戦略など、いわゆるアベノミクスを推し進めてきた。この結果、期待が先行する形で円安が進み、足元では失業率は4%を下回ってCPI上昇率もプラスに転じている。◆大和総研では、こうした政策変化を織り込んで日本経済中期予測を一年ぶりに改訂した。今

2014年1月23日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

最新の世界経済動向(2013年11月~2014年1月)

最新の世界経済動向(2013年11月~2014年1月)

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、政府の成長率目標達成も景気は「一進一退」 ~世界経済のリスク要因となるなか、成長の「質」重視に向け構造転換は急務~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年1月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年の市場見通し ~世界経済回復明確化により、円安と株高加速を予想~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年12月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年の原油価格見通し~世界経済が回復する中でも上値の重い展開~

2014年の原油価格見通し~世界経済が回復する中でも上値の重い展開~

2013年12月25日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2013年12月)

世界経済動向(2013年12月)

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの

トップレポート・コラム経済分析米国米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの ここから本文です米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー米国連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利制約に直面して以来、量的緩和とフォワードガイダンスにより金融緩和を継続してきた。しかしバーナンキ議長が量的緩和の規模を縮小し、終了する可能性に言及して以来、この効果は剥落に向かっている。米国金融政策の変調は、国際的な流動性供給の縮小や、国際的裁定を通じた要求収益率

2013年11月29日日本総研フィードバック数:0社会/政治

不安定な市場環境のもと、緩やかな回復が続く世界経済-米国で緩和的な金融環境が続くほか、中国も景気下振れ余地限定的

不安定な市場環境のもと、緩やかな回復が続く世界経済-米国で緩和的な金融環境が続くほか、中国も景気下振れ余地限定的

2013年11月24日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

世界経済動向(2013年9月~2013年11月)

世界経済動向(2013年9月~2013年11月)

2013年11月15日富士通フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度経済見通し(2013年11月改訂)

PRESS RELEASE2013年11月14日株式会社富士通総研2013・2014年度経済見通し(2013年11月改訂)-消費税率引き上げ後も好循環は持続- 当社は、2013年7~9月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、各国それぞれが大きな国内問題を抱えていますが、緩やかな拡大を続けています。日本経済は、消費が高水準を維持する中、生産、雇用の回復が続いています。消費税率引き上げは、景気の撹乱要因にはなりますが、景気を腰折れさせることはないと考えられます

Market eyes No.111【立ち直りを見せる『世界経済』】

Market eyes No.111【立ち直りを見せる『世界経済』】

2013年10月20日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

最新の世界経済動向(2013年8月~2013年10月)

最新の世界経済動向(2013年8月~2013年10月)

2023年までの見通しです。

中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋

中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋 | ニッセイ基礎研究所 中期経済見通し(2013~2023年度)~ 日本経済再生への道筋 経済研究部 経済研究部基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら リーマン・ショックから5年が経過した。この間、先進国の景気回復ペースが緩やかにとどまる一方、新興国が相対的に高い成長を維持したため、この5年間で世界経済

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小後の金利・為替・世界経済(前編)

トップレポート・コラム経済分析日本QE3縮小後の金利・為替・世界経済(前編) ここから本文ですQE3縮小後の金利・為替・世界経済(前編)シミュレーションに基づく定量的分析サマリー◆米国連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利制約に直面して以来、資産買取り等の非伝統的政策手段とフォワードガイダンスを通じた時間軸効果により、金融緩和を継続してきた。しかしバーナンキ議長が13年内に資産買入れ規模の縮小を開始し、14年中頃に買入れを終了する可能性に言及して以来、この効果は剥落に向かっている。結果、市場予想の変

PwCによるレポートです。

シェールオイル ‐次世代エネルギー革命‐

全世界における非常に多く埋蔵されているシェールオイルの潜在的な利用可能性とアクセス可能性、および国際石油価格の増加を制限するシェールオイルの生産量増加の潜在的な影響は、石油産業を超えて影響を与えます。世界レベルにおいては、長期的にはシェールオイルは世界経済を一新させ、エネルギー安全保障、独立性および価格によい影響を与えます。しかしながら、これらの利便性は地域および全世界におけるより広い環境目的に適合されるべきです。政策や規制において結果として生じる変化は、石油生産者や消費者に重要な連鎖反応をもた

2013年8月28日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

最新の世界経済動向(2013年6月~2013年8月)

最新の世界経済動向(2013年6月~2013年8月)

2013年8月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか?

金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 為替市場において、豪ドルの下落が鮮明になっている。2010年以降、世界最強通貨の一角であった豪ドルだが、現在は「新興国とりわけ中

2013年7月23日日本機械輸出組合フィードバック数:0社会/政治

最新の世界経済動向(2013年5月~2013年7月)

最新の世界経済動向(2013年5月~2013年7月)

2013年7月3日日本総研フィードバック数:1社会/政治

「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済―米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化―

「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済―米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化―

2013年5月30日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治海外

BRICs経済は「腐っても・・・」 ~安定成長へのハードルは高いが、世界経済での存在感は引き続き高まろう~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年5月26日JETRO★フィードバック数:4社会/政治

JETROによるレポートです。

中国経済の減速が世界経済に与える影響(2013年5月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 中国経済の減速が世界経済に与える影響(2013年5月) 中国の2012

2013年4月25日大和総研フィードバック数:8社会/政治

金価格下落が暗示する世界経済環境

トップレポート・コラムコラム金価格下落が暗示する世界経済環境 ここから本文です金価格下落が暗示する世界経済環境世界的金融緩和はまだまだ続く金価格が足元で大きく下落している。ドルベースの金価格は長期的な波動でみると、1980年9月の高値から下落し、1999年7月に底値を形成後、2005年頃から明確な上昇に転じていた。近年の高値は1,791ドル/トロイオンス(2012年10月4日、ロンドン市場)であったが、最近では1,380ドル(4月16日、同)と高値から23%の下落を示した。長期的にみた金価格の水

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ