「中古物件」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年3月16日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

住まいのリフォーム・リノベーションに関する調査

家を持ちたい男性の5人に1人が、「中古のリノベーション物件」を希望 住まいのリフォーム・リノベーションに関する調査家を持ちたい男性の5人に1人が、「中古のリノベーション物件」を希望~「DIY」によるリフォーム経験者は、20代持ち家世帯の4割超~調査結果サマリー今後、家を持ちたい男性の5人に1人が、「中古のリノベーション物件」を希望現在、賃貸物件などに住んでいる人のうち、「今後、持ち家に住みたい」と答えた人は61.8%(男性は59.0%、女性は63.7%)でした。そのうち、「新築」を希望する人は6

2016年5月4日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

2016年3月期首都圏の居住用賃貸成約動向

2016 年 3月首都圏の居住用賃貸物件の成約動向成約数、前年同月比再び減少。マンション・アパートともに中古が不振。 不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区、社長:松村文衞)の全国不動産情報ネットワークにおける、2016年3月期の賃貸物件の成約数・成約賃料についてお知らせします。 ■東京23区が同再び減少、埼玉県は同12か月ぶりに減少に転じる。3月の首都圏の居住用賃貸物件成約数は30,273件で、前年同月比7.8%減少し再びマイナスとなりました。新築物件は堅調だったものの、

2016年4月7日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

2016年2月 首都圏の居住用賃貸物件成約動向

2016 年 2月首都圏の居住用賃貸物件の成約動向成約数、前年同月比再び増加。新築アパートが全エリアで二ケタ増。 不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区、社長:松村文衞)の全国不動産情報ネットワークにおける、2016年2月期の賃貸物件の成約数・成約賃料についてお知らせします。 ■中古物件も、東京23区の回復、埼玉県の好調等で同増加に転じる。2月の首都圏の居住用賃貸物件成約数は28,504件で、前年同月比1.2%増加し再びプラスとなりました。新築アパートが全エリアで二ケタ増と

2016年3月1日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

15年年間 首都圏の居住用賃貸物件成約動向

2015 年 1 年間の首都圏の居住用賃貸物件の成約動向■新築マンションは、賃料の上昇で成約にブレーキ。2015 年 1 年間の首都圏の居住用賃貸物件成約数は 251,043 件で、前年比 0.3%増加し、再びプラスとなりました。これは、前年に不振を極めた中古物件が、マンション・アパートとも増加に転じたことが要因です。ただし、成約の 45%を占める東京 23 区の回復の鈍さに加え、前年好調だった新築マンションでは賃料の上昇により成約にブレーキがかり、増加率は小幅にとどまりました。■1 戸あたり賃

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ