「中国景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度「チャイナリスク」関連倒産調査

公開日付:2016.04.08 2015年度(2015年4月-2016年3月)の「チャイナリスク」関連倒産は120件(前年度比90.4%増)で、2014年度のほぼ2倍増と急増した。負債総額は2,517億700万円(同764.1%増)と8.6倍増へ膨らんだ。4月の江守グループホールディングス(株)(TSR企業コード:600000702、法人番号: 6210001000419、福井県、負債711億円)、9月の第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、法人番号: 20100011139

ESPフォーキャスト2015年6月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト5月調査「15年1-3月期実質成長は1.84%に―15年度消費者物価は0.33%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト2015年4月調査「15年1-3月期実質成長は2.26%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト2015年3月調査「15年度名目成長率は2.80%に―消費者物価は下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト2015年2月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト2015年1月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト2014年12月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト2014年11月調査「実質成長率は年度、四半期とも下方修正―アベノミクス景気Ⅱの始まりか」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト2014年10月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト2014年9月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト調査 2014年8月

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2014年4月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中南米経済と外的ショック~QE3縮小・中国景気減速への耐性を評価する~

中南米経済と外的ショック~QE3縮小・中国景気減速への耐性を評価する~

ESPフォーキャスト調査 2014年4月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

ESPフォーキャスト2013年11月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ