「中小企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月10日大阪府★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

3Dプリンタについてのレポートです。

「三次元積層造形技術(3Dプリンター)の活用」に関する調査研究

『若年女性の雇用・活躍と企業の取組』(資料No.155) 女性活躍推進法(2015年8月成立)により、女性登用の数値目標の設定と公表が当分の間努力規定とされた中小企業においても、女性の活躍推進が重要な経営課題の一つになると考えられます。多くの女性の活躍を推進するためには、国内の企業総数に対して大きな割合を占める、中小企業の主体的かつ具体的な取組が、地域や事業所の特性に即して動機付けされて進展していくことが望まれます。そのためには、努力義務規定を含む取組を、女性の雇用・活躍の実効性に結びつけていく

2015年4月8日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

アプリケーション・デリバリ・コントローラについての調査です。

ADCの導入状況(2015年)

IT担当者331人を対象に「ADC」の導入状況について調査を実施。「必要性を感じない」と7割が回答した調査結果が明らかに。 キーマンズネットでは、2015年1月21日〜2月5日にかけて「アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC」に関するアンケートを実施した(有効回答数331件)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の40.8%、一般部門が59.2%という構成比だった。 今回、聞いたのは「導入状況」や「満足度」「重視ポイント」「導入しない理由」など、ADCの導入状況を把握するための質問

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「円安」関連倒産 2014年度は前年度比42.0%増、41都道府県に広がる

「円安」関連倒産 2014年度は前年度比42.0%増、41都道府県に広がる 公開日付:2015.04.08 外国為替市場では、日銀の追加金融緩和の決定以降は円安に拍車がかかり、一時1ドル=121円台まで円安が進んだ。2015年に入って急速な進行は見られないものの円安基調は続いている。円安は輸出企業の収益を押し上げる要因になる一方で、海外からの輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅広い分野の物価を押し上げ、中小企業の体力を消耗させる恐れがある。3月の「円安」関連倒産は17件(前年同月15件)だ

2015年4月5日ノークリサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年版 中堅・中小企業のストレスチェック義務化対応に関する動向調査報告

2015年版 中堅・中小企業のストレスチェック義務化対応に関する動向調査報告

2015年4月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成26年度アジア産業基盤強化等事業(インドネシアの現地中小企業の実態調査)

平成26年度アジア産業基盤強化等事業(インドネシアの現地中小企業の実態調査)

2015年4月1日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

英国総選挙 2015年の争点 -中小企業の事業環境への影響-

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 英国総選挙 2015年の争点 -中小企業の事業環境への影響-(2015年3月)

2015年3月31日日本政策金融公庫フィードバック数:0キャリアとスキル

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~第3回「中小企業の賃金・雇用に関する調査」結果から(1)~

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~第3回「中小企業の賃金・雇用に関する調査」結果から(1)~

2015年3月31日日本政策金融公庫フィードバック数:0ビジネス

海外撤退をした中小企業は、成果不振の企業だけではなく、一定の成果を上げた企業が4割存在 ~「中小企業の海外事業再編に関するアンケート」結果の概要~

海外撤退をした中小企業は、成果不振の企業だけではなく、一定の成果を上げた企業が4割存在 ~「中小企業の海外事業再編に関するアンケート」結果の概要~

2015年3月29日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

ノークリサーチの調査です。

2015年 中堅・中小企業におけるWindows Server 2003からの移行に関する実態調査

2015年 中堅・中小企業におけるWindows Server 2003からの移行に関する実態調査

2015年3月28日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業景況調査(2015年3月調査)

中小企業景況調査(2015年3月調査)

2015年3月28日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

速報版 1~3月期業況は小幅低下で足踏み状態続く (特別調査:「まち・ひと・しごと創生」と中小企業

速報版 1~3月期業況は小幅低下で足踏み状態続く (特別調査:「まち・ひと・しごと創生」と中小企業

2015年3月24日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

キーマンズが情報共有についての調査結果を公表しました。

ITによる情報共有の取り組み状況(2014年)

ITによる情報共有の取り組み状況を調査した。どのようなツールを使い、現状にどのような不満を抱いているのか。 キーマンズネットでは、2014年12月17日〜2015年1月6日にかけて「ITによる情報共有の取り組み状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数445件)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の46.1%、一般部門が53.9%という構成比だった。 今回聞いたのは、社内での情報共有における「ITツールの利用状況」や「満足度」など、企業におけるITによる情報共有の取り組み状況を把握する

2015年3月22日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ドイツの経済・産業についてのレポートです。

「独り勝ち」のドイツから日本の「地方・中小企業」への示唆-ドイツ現地調査から-

「独り勝ち」のドイツから日本の「地方・中小企業」への示唆-ドイツ現地調査から-概要我が国では、これまで政府が進めてきた「アベノミクス」により主に一部の大企業に恩恵が及んでいるが、今後は「地方・中小企業」にも恩恵を拡大するための方策が求められている。残念ながら日本には目指すべき成功モデルがないため、「地方・中小企業」の発展に成功したドイツに成功モデルを求めて現地調査した。ドイツは日本と同様、製造業を主力産業とし、人口減少・少子高齢化が進んでいる。合計特殊出生率は1.38(2012年)であり、日本の

2015年3月20日日本政策金融公庫★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本政策金融公庫のレポートです。

働く場としての中小企業の魅力 ~中小企業就業者の特性を踏まえて採用難・就職難を乗り越える人材確保・育成策~

働く場としての中小企業の魅力 ~中小企業就業者の特性を踏まえて採用難・就職難を乗り越える人材確保・育成策~

2015年3月18日日本政策金融公庫フィードバック数:0ビジネス

縮小市場下で顧客を増やす中小企業

縮小市場下で顧客を増やす中小企業

2015年3月13日東京商工会議所★★フィードバック数:0ビジネス

東京商工会議所の調査です。

中小企業の法務対応に関する調査

『「中小企業の法務対応に関する調査」結果』および小冊子『企業経営者のための「契約と法務のABC」』の発行について 2015年3月12日東京商工会議所産業政策第一部 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、3月12日、「中小企業の法務対応に関する調査」結果を取りまとめ、合わせて小冊子「企業経営者のための『契約と法務のABC』」を発行しましたので、お知らせします。中小企業は経営資源の制約から法務体制の十分な整備は難しい状況にありますが、民法を始めとした経済関連法規が相次いで改正されること等を背景として

2015年3月10日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがデータセンターについての調査結果を公開しました。

データセンター(DC)の導入状況(2014年)

IT担当者341人を対象にデータセンターの利用状況の調査を実施。利用率は2年前と比べ約10ポイント増加するなど、現状が明らかに。 キーマンズネットでは、2014年12月8日〜12月24日にかけて「データセンター(DC)」に関するアンケートを実施した(有効回答数341件)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の51.6%、一般部門が48.4%という構成比だった。 今回、聞いたのはデータセンターの「利用状況」や「利用目的・きっかけ」「設置場所」「利用料金」「利用しない理由」など、データセンターの

2015年3月8日日本政策金融公庫フィードバック数:0ビジネス

中小企業やNPOの可能性を広げるクラウドファンディング

中小企業やNPOの可能性を広げるクラウドファンディング

2015年3月8日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ビジネス

撤退についての調査です。

中小企業による海外撤退の実態-戦略的撤退と撤退経験の活用-

中小企業による海外撤退の実態-戦略的撤退と撤退経験の活用-

2015年3月6日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

障害者就労実態調査

障害者就労実態調査 都内では、従業員1,000人以上の大企業の障害者実雇用率が2.02%であるのに対し、従業員50人以上300人未満の中小企業では0.99%にとどまっており(いずれも平成26年6月1日現在、東京労働局発表)、これら中小企業における障害者雇用の促進が大きな課題となっております。そこで、これら中小企業における障害者雇用状況や社内の支援体制、就労支援機関との連携等について把握するため、「障害者就労実態調査」を実施しました。(調査実施期間:平成26年9月~11月)調査結果の概要は、以下の

2015年3月3日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

ノークリサーチの調査です。

中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド/スマートデバイス活用動向

中堅・中小企業における業務アプリケーションのクラウド/スマートデバイス活用動向

2015年2月27日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業景況調査(2015年2月調査)

中小企業景況調査(2015年2月調査)

2015年2月26日東京商工会議所★★フィードバック数:0ビジネス

東京商工会議所の調査です。

中小企業の経営課題に関するアンケート

「中小企業の経営課題に関するアンケート結果」について 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業委員会(石井卓爾委員長、三和電気工業株式会社社長)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。本調査は、中小企業が抱える経営課題を、「売上」、「事業コスト」、「経営資源」の視点から検証し、また「設備投資」の実施状況、「経営者保証に関するガイドライン」の認知度を調査したものです。 【売上状況】 (報告書P17)・約4割(39.1%)の企業が、一年前と比較して売上高が「増加」している。「

2015年2月25日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

「根拠」に基づく成長戦略を

「根拠」に基づく成長戦略を安倍晋三政権は経済再生と教育再生を成長戦略の要と位置づけている。持続的な経済成長には、グローバル化に対応した産業政策や人材育成を実現する政策手段について、根拠を提示しつつ議論することの重要性は論をまたない。特に必要なのは、それぞれの政策効果の計測や費用対効果の分析を通じて国民の合理的な判断が可能になるよう情報を十分に提示することである。データや厳密な手法を用いた実証分析に基づく政策運営、すなわち「科学的根拠(エビデンス)に基づく政策(Evidence Based Pol

2015年2月25日日本政策金融公庫★フィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の賃金・雇用についての調査です。

中小企業の賃金・雇用に関する調査結果(全国中小企業動向調査(中小企業編)2014年10-12月期特別調査)

中小企業の賃金・雇用に関する調査結果(全国中小企業動向調査(中小企業編)2014年10-12月期特別調査)

2015年2月25日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~ 第2回2002~2007年の景気回復局面との比較 ~

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~ 第2回2002~2007年の景気回復局面との比較 ~

2015年2月25日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

銀行112行(2014年9月中間期決算) 「地方公共団体・中小企業等向け貸出金残高」調査

銀行112行(2014年9月中間期決算) 「地方公共団体・中小企業等向け貸出金残高」調査 公開日付:2015.02.25 銀行112行の2014年9月中間期の地方公共団体向け貸出金残高は26兆4,393億円で、前年同期より4.6%(1兆1,749億円)増加。112行のうち81行(構成比72.3%)で地方公共団体向け貸出金残高を伸ばし、9月中間期としては、4年連続で前年同期を上回った。また、中小企業等向け貸出金残高は279兆4,556億円で、前年同期に比べ2.2%増(6兆1,330億円増)と、3年

2015年2月23日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況-平成27年2月調査-

東京都中小企業の景況平成27年2月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。1月の景況業況:引き続き横ばい見通し:静観からわずかに後退◎1月の都内中小企業の業況DIは、当月▲36(前月▲36)と先月に引き続き横ばいとなる。今後3か月間(2〜4月)の業況見通しDIは、当月▲22(前月▲19)と3ポイント減少、8月(▲19)以降の静観からわずかに後退した。○業種別の業況DIをみると、製造業(▲30→▲30)は横ばい、下降傾向が沈静化したほか、卸売業(▲41

2015年2月19日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業の景況は緩やかな改善が見込まれる ~「2015年の中小企業の景況見通し」調査結果より ~

中小企業の景況は緩やかな改善が見込まれる ~「2015年の中小企業の景況見通し」調査結果より ~

2015年2月19日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業の景況は、引き続き弱い動きはみられるものの、緩やかに回復している ~「全国中小企業動向調査(中小企業編)」結果概要 ~

中小企業の景況は、引き続き弱い動きはみられるものの、緩やかに回復している ~「全国中小企業動向調査(中小企業編)」結果概要 ~

2015年2月11日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

キーマンズがプロジェクト管理ツールについての調査結果を公開しました。

プロジェクト管理ツールの導入状況(2014年)

プロジェクト管理ツールの導入状況(2014年):IT担当者300人に聞きました IT担当者325人を対象にプロジェクト管理ツールについて調査を実施。導入状況、きっかけ、導入しない理由などの実態が明らかに。 キーマンズネットでは、2014年11月5日〜11月18日にかけて「プロジェクト管理ツール」に関するアンケートを実施した(有効回答数325件)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の36.6%、一般部門が63.4%という構成比だった。 今回、聞いたのは「プロジェクトの失敗要因」や「導入状況」

2015年2月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年9月期「中小企業の業績」動向調査

公開日付:2015.02.09 資本金1億円未満の中小企業の2014年9月期決算は、売上高が前期比5.9%増、利益面でも同14.6%増と全体の総額では増収増益となった。ただし、企業数で比較すると増収企業率は54.5%、増益企業は49.0%と半数程度で、2014年3月期と比べて増収企業率、増益企業率ともに比率がダウンした。2013年9月期以降、中小企業の決算内容は大企業を追いかける形で増収基調を辿り、景気回復が中小企業にも浸透しつつある。増収、増益企業比率は伸び悩みをみせ、増収増益が一部の企業に偏

年頭 中小企業経営の展望レポート2015

【15.02.03】『年頭 中小企業経営の展望レポート2015』発刊 中同協・企業環境研究センターから『年頭 中小企業経営の展望レポート2015』がこのほど発行されました。『年頭 中小企業経営の展望レポート』は、毎年発行されてきた『研究センターレポート』に代わり2012年より発行され、今回で第4号となります。PDFファイル形式でどなたでも無料で入手いただけます。内容は新年度の中小企業を取り巻く情勢についての報告と座談会を収録しています。各企業・同友会における新年度方針の情勢部分の作成・討議や、企

同友会景況調査「DOR」110号

【15.01.30】同友会景況調査「DOR」110号を発行しました DORは1990年1~3月期に第1号発行以来22年を経て、2012年4~6月期で100号を迎えました。この調査は、中小企業家自身による自主的な独自調査として、会内、マスコミ、官庁、研究機関から高く評価されています。また会員企業の景気見通しなど、経営戦略に活用しているとの声も多く聞かれます。このたびDOR110号(2014年10~12月期)を発行しました。調査概要は下記の通りです。 中小企業はすでに“アベノミクス不況”のさなか~中

2015年1月29日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業景況調査(2015年1月調査)

中小企業景況調査(2015年1月調査)

2015年1月27日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズの調査結果です。

遠隔会議システムの導入状況(2014年)

IT担当者332人を対象に遠隔会議システムについて調査を実施。導入状況、きっかけ、導入しない理由など気になる実態が明らかに。 キーマンズネットでは、2014年10月22日〜2014年11月4日にかけて「遠隔会議システムの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数332件)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の41.9%、一般部門が58.1%という構成比だった。 今回、聞いたのは遠隔会議システムの「導入状況」「導入目的」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、遠隔会議システ

2015年1月27日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ビジネス

海外からの撤退についての調査です。

中小企業の海外事業再編に関するアンケート

中小企業の海外事業再編に関するアンケート

2015年1月25日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国中小企業動向調査結果(2014年10-12月期実績、2015年1-3月期以降見通し)

全国中小企業動向調査結果(2014年10-12月期実績、2015年1-3月期以降見通し)

2015年1月21日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

「中小企業で働くこと」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース94%の転職コンサルタントが、ミドルの転職希望者に 「中小企業への転職を薦める」と回答。―『ミドルの転職』コンサルタントアンケート集計結果― 94%の転職コンサルタントが、 ミドルの転職希望者に 「中小企業への転職を薦める」と回答。 ―『ミドルの転職』コンサルタントアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 孝

2015年1月21日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2016年中堅・中小企業のIT活用における注目ポイントと展望(基本インフラ編)

2016年中堅・中小企業のIT活用における注目ポイントと展望(基本インフラ編)

2015年1月15日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

ノークリサーチの調査です。

2015年中堅・中小企業のIT活用における注目ポイントと展望(業務システム編)

2015年中堅・中小企業のIT活用における注目ポイントと展望(業務システム編)

2015年1月15日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

ノークリサーチの調査です。

2015年中堅・中小企業のIT活用における注目ポイントと展望(基本インフラ編)

2015年中堅・中小企業のIT活用における注目ポイントと展望(基本インフラ編)

2015年1月15日ノークリサーチ★フィードバック数:0企業情報システム

ノークリサーチの調査です。マイナンバーもテーマになっています。

2015年中堅・中小企業のIT活用における注目ポイントと展望(ビジネス環境編)

2015年中堅・中小企業のIT活用における注目ポイントと展望(ビジネス環境編)

2015年1月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年1月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年1月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年1月15日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年10月)と比較すると、北海道から、公共投資の減少など一部に弱めの動きがみられるとして判断を引き下げる報告があったものの、残り8地域では、景気の改善度合いに関する基

2015年1月15日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業景況レポート 10~12月期業況は小幅の改善 【特別調査-2015年(平成27年)の経営見通し】

中小企業景況レポート 10~12月期業況は小幅の改善 【特別調査-2015年(平成27年)の経営見通し】

2015年1月14日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~ 第1回 地域別にみる足元の景況感 ~

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~ 第1回 地域別にみる足元の景況感 ~

2015年1月13日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

キーマンズが運用管理についての調査結果を公開しました。

統合運用管理ツールの導入状況(2014年)

統合運用管理ツールの導入率は全体で25.8%。今後導入を検討する企業では、セキュリティ強化も併せてもくろむ声が多数聞かれた。 キーマンズネットでは、2014年10月8日〜10月24日にかけて「統合運用管理ツール」に関するアンケートを実施した(有効回答数279件)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の43.7%、一般部門が56.3%という構成比だった。 今回、聞いたのは「運用管理上の悩み」や「導入状況」「満足度」「重視ポイント」など、統合運用管理ツールの導入状況を把握するための質問だ。その結

2015年1月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「円安」関連倒産 2014年は前年より2.0倍増の282件

「円安」関連倒産 2014年は前年より2.0倍増の282件 公開日付:2015.01.13 2014年12月5日の外国為替市場は一時1ドル=121円台まで円安が進み、2007年7月以来、7年4カ月ぶりの円安水準になった。日銀の追加金融緩和の決定以降は円安に拍車がかかっている。急速な円安は輸出企業には収益を押し上げるメリットもあるが、海外からの輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅広い分野では物価を押し上げ中小企業の体力を消耗させている。倒産全体は中小企業への年末資金の円滑化が図られ抑制されたが

2014年12月28日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業景況調査(2014年12月調査)

中小企業景況調査(2014年12月調査)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ