調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 主任研究員

「主任研究員」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年10月10日共同ピーアール★★フィードバック数:0社会/政治

働く人の「コンプライアンスと内部告発」に関する意識調査

2020年1月31日 12:00PR総研とは広報・PRの価値向上を目的に、SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえたCSV(経済的・社会的な共通価値創造)を推進する調査研究機関 2013年設立の当総研は、ビジネス環境の変化が広報活動に与える影響や、広報戦略のあり方など、広報・PR 等に関する総合的な調査・研究を行うシンクタンクです。SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえたCSV(経済的・社会的な共通価値創造)を推進しています。 【名称】共同ピーアール株式会社 総合研究所(PR総研)※資料PDFは末

2016年12月12日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

Technologyと2030年の「働く」

人と組織の「新しいコンセプト」を提起するリクルートワークス研究所Technologyと2030年の「働く」 IoT、AI、ロボティクス…テクノロジーの進化は、私たちの仕事を奪うのか?それとも新たな仕事を生み、発展的なキャリア形成を可能にするのか?テクノロジーとともに生き生きと働ける2030年を目指し、数値シミュレーションを踏まえ、新しいワークモデルを提示する。 報告書・論文プロジェクトリーダープロジェクトメンバー大久保幸夫(所長)中尾隆一郎(主幹研究員)久米功一(主任研究員/主任アナリスト)戸田

2015年11月26日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

生活者1万人アンケートにみる日本人の価値観・消費行動の変化-第7回目の時系列調査結果のポイント-

野村総合研究所(NRI)では、報道関係者の方々への最新情報の提供と意見交換を目的とした「NRIメディアフォーラム」を開催しています2021年第322回 2021年11月19日株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部マーケティングサイエンスコンサルティング部上級コンサルタント 松下 東子主任コンサルタント 林 裕之第321回 2021年10月14日株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部ICTメディアコンサルティング部 上級コンサルタント 光谷 好貴経営DXコンサルティング部 コン

2015年5月31日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

ワークス研究所のレポートです。

「2025年の働く」予測

人と組織の「新しいコンセプト」を提起するリクルートワークス研究所「2025年の働く」予測 超高齢社会を迎えた2025年。労働市場はどうなっているのか。就業構造のシミュレーションから、個人と企業の「働く」を展望する。 雇用機会が喪失する悲観シナリオと就労機会が増える楽観シナリオから、楽観シナリオに近づくための道しるべをまとめた。 2025年にかけては、働き方の多様化を求める個人と厳しい競争環境にさらされる組織の間で、働き方をめぐるニーズの「ミスマッチ」が深刻化する。これまでとは異なる「働き方」を、

2015年5月17日富士通★フィードバック数:0社会/政治

シニア女性についてのレポートです。

これからのシニア女性の社会的つながり ―地域との関わり方に関する一考察―

これからのシニア女性の社会的つながり ―地域との関わり方に関する一考察―主任研究員 倉重 佳代子 2015年3月 要旨生涯現役社会が言われる中、定年を迎える男性を地域に取り込む試みは各所でなされているが、定年を迎える層を含めて女性が地域と関わることは自然なこととされてきた節があり、あまり問題視されていない。しかし家族や就労など女性を取り巻く社会環境が変化し、価値観も変わる中で、これからシニアとなっていく女性にとっての地域との関わり方はこれまでの世代と変わっていくのではないだろうか。本稿では女性の

自然空室率とゾンビオフィスの関係 ~近年の自然空室率の低下は、ゾンビオフィスの復活を示唆している~

自然空室率とゾンビオフィスの関係~近年の自然空室率の低下は、ゾンビオフィスの復活を示唆している~2015年05月15日 投資調査第2部 副主任研究員 竹本 遼太 <要約・概要> 本稿では、オフィス賃料が反転する目安となる空室率の水準である“自然空室率”を定量的に説明する一つのロジックとして、 “ゾンビオフィス”の影響に着目した。 ゾンビオフィスとは、「賃料に関わらずテナントが移転先候補として検討せず、オフィス市場全体の需給バランスに影響しない、競争力を失った賃貸オフィス」として定義できる。ゾン

日本労働研究雑誌 2015年5月号(No.658)

追悼玄田 有史(東京大学社会科学研究所教授) 提言佐藤 博樹(中央大学大学院戦略経営研究科教授)解題編集委員会論文稲森 公嘉(京都大学大学院法学研究科教授)花岡 智恵(京都産業大学経済学部准教授)紹介古川 和稔(聖隷クリストファー大学社会福祉学部介護福祉学科教授)論文斎藤 真緒(立命館大学産業社会学部准教授)矢島 洋子(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社経済・社会政策部主任研究員)松浦 民恵(株式会社ニッセイ基礎研究所生活研究部主任研究員)武石 恵美子(法政大学キャリアデザイン学部教授

スイス中銀の通貨・金融政策を擁護する―為替相場の上限設定・撤廃はスイスに適切な判断―

経済百葉箱 第80号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。スイス中銀の通貨・金融政策を擁護する ―為替相場の上限設定・撤廃はスイスに適切な判断―赤尾朋子 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳 ▼ ポイント ▼ ●2010年春以降、欧州通貨危機が深刻

株式市場の分析です。

手放しで評価できないアベノミクス下の株高―2000年代半ばの上昇局面から、リスク許容度は高まらず―

経済百葉箱 第76号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。手放しで評価できないアベノミクス下の株高 ―2000年代半ばの上昇局面から、リスク許容度は高まらず―大森浩史 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:松岡 秀明 ▼ ポイント ▼

賃金についての分析です。

実質賃金伸び悩みの背景に日本特有の要因―米独と比較、著しい交易条件の悪化―

経済百葉箱 第77号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。実質賃金伸び悩みの背景に日本特有の要因 ―米独と比較、著しい交易条件の悪化―宮嶋宏臣 、井上里菜 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:松岡 秀明 ▼ ポイント ▼ ●日米独で

日韓の比較です。

韓国輸出産業の強さの源泉を探る―日本は貿易領土競争で出遅れ、交易条件も不利―

経済百葉箱 第78号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。韓国輸出産業の強さの源泉を探る ―日本は貿易領土競争で出遅れ、交易条件も不利―箕輪智一 、中原悠希 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:松岡 秀明 ▼ ポイント ▼ ●200

景気回復下、失業率の低下余地はあるか―事務職のミスマッチ解消が不可欠に―

経済百葉箱 第79号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。景気回復下、失業率の低下余地はあるか ―事務職のミスマッチ解消が不可欠に―小川健太郎 、齋藤愛美 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:松岡 秀明 ▼ ポイント ▼ ●完全失業

物価動向です。

価格上昇品目数は増加も、『2%』までは距離―品目別動向から見る消費者物価の行方

経済百葉箱 第74号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。価格上昇品目数は増加も、「2%」までは距離 ― 品目別動向から見る消費者物価の行方―菊池紘平 、<監修>短期予測班主査:竹内 淳、副主任研究員:田原 健吾 日本銀行が2013年1月に2%の

2014年10月21日世界平和研究所フィードバック数:0社会/政治

世代会計の分析から見えてくること

研究ノート2014/10/20世代会計の分析から見えてくること北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。---------本稿では、財政の持続可能性を考慮した世代会計の分析を下に報告を行う。分析の詳細は「財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析」(世界平和研究所ディスカッションペーパー)を参照されたい。本稿の主な結論は以下の4点である。第1に、現在の政策の継続を前提にすると、現在の若年世代を代表するゼロ歳世代は1318万円の受益超過(生涯受益額8880万円、生涯負担額7561万円の差。生涯

「スタートアップ都市」形成に向けた政策課題に関する研究 (福岡市経済観光文化局との共同研究)

「スタートアップ都市」形成に向けた政策課題に関する研究 (福岡市経済観光文化局との共同研究)本研究では、福岡市の産業において、起業・創業が活発に行われ、新しい経営体・組織が増加することによって、産業および経済の活性化が促進されるような都市の状態またはそのための都市機能を作り出すという「スタートアップ都市」形成に向けた政策課題を摘出し、効果的な施策例を明らかにするべく、調査研究を行った。具体的には、1.文献・統計資料等の収集、分析、調査2.「福岡市新説事業所(創業者)実態調査」「平成25年度市民意

電気機器に見る日本の貿易構造の変化―円高修正でも輸入超過が常態化

経済百葉箱 第71号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。電気機器に見る日本の貿易構造の変化 ― 円高修正でも輸入超過が常態化 ―小泉俊一郎 、森脇敬介 、高橋えり子 、<監修>短期予測班主査:愛宕 伸康、主任研究員:小野寺 敬 2008年9月の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ