「乗用車」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年6月28日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

「乗用車用サンシェードに関する消費者調査」

「乗用車用サンシェードに関する消費者調査」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー約13,000名に対し、乗用車用サンシェードなどの日よけ用品に関するインターネット調査※を実施し、その結果を発表した。 【概要】・ドライバーのフロントガラス用サンシェード保有率は51%・フロントガラス用サンシェードに次いで保有率が高い乗用車用日よけ用品は「運転用サングラス」で49%・女性はフロント用サンシェード購入に際し、機能面やデザインを重視する傾向にある 【フロントガラス用サンシェード保有

2017年10月29日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2017-2018年シーズンにおける乗用車用冬タイヤの販売初動

「2017-2018年シーズンにおける乗用車用冬タイヤの販売初動」- 初動は駆け込み需要で前年比1.6倍 GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品店、タイヤ専門店(メーカー系列を除く)、ガソリンスタンド、インターネットにおける乗用車用冬タイヤの販売動向*1 を発表した。 【概要】・値上げ前の特需により冬タイヤ商戦の初動(8月第1週~9月第4週)における販売本数は前年の1.6倍。・値上げ直前の8月第4週では前年の4.5倍を記録。【今季の冬タイヤ商戦初動と昨年の降雪予報の影響】201

2017年10月16日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

レンタカー業者の経営実態調査

2017/9/28レンタカー業者の経営実態調査2016年度総収入高は1兆円突破、過去10年間で最高〜 行楽需要の増加で増収企業が約6割を占める 〜はじめに近年、若者を中心とした乗用車の「保有」から「シェア」への意識変化により、レンタカー需要が高まっている。国土交通省によると、2016年3月末までに登録されたレンタカー用の乗用車車両は約33万台にのぼり、前年度から約3.6%増加。高級車のレンタルニーズや訪日外国人観光客需要の増加などで利用者のすそ野も広がりをみせている。カーシェアリングサービスなど

2017年8月13日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2017年上半期の乗用車用夏タイヤの販売動向

「2017年上半期の乗用車用夏タイヤの販売動向」 - 値上げ前の駆け込み需要により販売本数は前年比1割増  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品店、タイヤ専門店(メーカー系列を除く)、ガソリンスタンド、インターネットにおける乗用車用夏タイヤ※1の販売動向※2を発表した。 【概要】・2017年上半期の夏タイヤ販売本数は前年から1割増加。5月は駆け込み需要により4割増を記録。・軽自動車における13から14インチへの規格移行が進み、タイヤ販売でも同様の傾向が鮮明に。 【乗用車用夏タ

2017年8月3日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年度 全国道路・街路交通情勢調査 自動車起終点調査(OD調査)集計結果の速報

平成27年度 全国道路・街路交通情勢調査 自動車起終点調査(OD調査)集計結果の速報について 平成29年7月25日・平成27年度 全国道路・街路交通情勢調査 自動車起終点調査(OD調査)の概要について(2018年4月3日) 国土交通省では、都道府県、政令指定都市及び高速道路株式会社等の関係機関と連携して平成27年度秋季に全国道路・街路交通情勢調査を実施しました。このうち、自動車起終点調査(OD調査)の速報集計結果がまとまりましたのでお知らせします。 1.全国道路・街路交通情勢調査の概要自動

2017年2月23日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年の乗用車用エンジンオイルの販売動向

「2016年の乗用車用エンジンオイルの販売動向」 - リットル換算で前年比1%増  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットにおける乗用車用エンジンオイルの販売動向*1 を発表した。 【概要】・2016年のエンジンオイルは販売量ベース(リットル換算)で前年比1%増。・指定・推奨車種が多い0W-20等の省燃費オイルの販売量構成比は前年並みと安定。・カー用品店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットにおけるメーカー純正オイ

2017年2月22日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年の乗用車用タイヤ販売動向

「2016年の乗用車用タイヤ販売動向」 - 冬タイヤの販売が前年から1割伸長  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品店、タイヤ専門店(メーカー系列を除く)、ガソリンスタンド、インターネットにおける乗用車用タイヤの販売動向*1 を発表した。 【概要】・2016年の販売本数は前年比0.3%減。夏タイヤ*2 は同6%減、冬タイヤは同12%増と対照的。・主要サイズの平均価格は、夏タイヤではサイズにより変動があるものの、冬タイヤでは前年並みに 【2016年乗用車用タイヤ販売動向】201

2016年11月2日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年1-9月の乗用車用エンジンオイルの販売動向

「2016年1-9月の乗用車用エンジンオイルの販売動向」 GfKジャパン(東京:中野区)は全国のカー用品量販店、ホームセンター、インターネットにおける乗用車用エンジンオイルの販売動向※1を発表した。 【概要】・2016年1-9月のエンジンオイル販売は販売量ベース(リットル換算)で前年比3%増、金額ベースで同2%増。・付加価値の高い化学合成油と部分合成油の販売量構成比が微増。 【2016年の乗用車用エンジンオイル販売動向】2016年1-9月における乗用車用エンジンオイルの販売量は前年比3%増

2016年8月11日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年上半期の乗用車用タイヤの販売動向

「2016年上半期の乗用車用タイヤの販売動向」 全体の販売本数は微増。夏タイヤは前年並み。  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品量販店、ガソリンスタンド、インターネットにおける乗用車用タイヤの販売動向※を発表した。 【概要】・販売本数は前年比4%増となるものの、平均価格は4%下落。金額ベースでは前年並みにとどまる。・軽自動車向けなど比較的小さいサイズの本数構成比が上がったことも平均価格の下落要因に。 【2016年上半期の乗用車用タイヤ販売動向 】2016年上半期における乗用

2016年5月20日価格.comフィードバック数:0大型消費/投資

車についてのアンケート-あなたのこだわりは?-

価格.comリサーチ第92回は、車(乗用車)についてのアンケート調査を行いました。 まずは1世帯で所有している乗用車の台数を聞いたのが図1-1のグラフです。「1台」という世帯が半分の50.8%、次いで「2台」が27.0%と、合わせて全体の4分の3を占めています。 地域別に見ると、鉄道網が発達している関東、近畿などの大都市圏では、全体的に所有台数が少なめであることがわかります(図1-2)。また、関東、近畿地方では、「乗用車を所有していない」割合も10%を超えています。 2012年に実施した同内容の

2015年6月7日野村総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年の推計です。

国内の乗用車保有台数 2030年までの将来推計

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2015年5月29日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車生産実績2015年4月

2015年4月の自動車生産実績ニュースリリース四輪車4月の四輪車生産台数は713,155台で、前年同月の770,591台に比べて57,436台・7.5%の減少となり、10ヵ月連続で前年同月を下回った。4月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。乗用車 − 592,244台で60,246台・9.2%の減少となり、10ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は359,572台で5,192台・1.4%の減少、小型四輪車は109,299台で26,971台・19.8%の減少、軽四輪車は123,373台で28,

2015年4月29日日本自動車工業会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

年度のまとめが含まれます。

自動車生産実績2015年3月

2015年3月の自動車生産実績ニュースリリース四輪車3月の四輪車生産台数は878,488台で、前年同月の939,823台に比べて61,335台・6.5%の減少となり、9ヵ月連続で前年同月を下回った。3月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。乗用車−740,236台で65,233台・8.1%の減少となり、9ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は427,346台で3,782台・0.9%の増加、小型四輪車は140,099台で43,185台・23.6%の減少、軽四輪車は172,791台で25,830台

2015年4月3日コンデナストフィードバック数:0大型消費/投資海外

米国でいちばん人気のクルマは?──50州別インフォグラフィック

SHARESHARE 2015.04.03 FRI 11:40 米国でいちばん人気のクルマは?──50州別インフォグラフィック米国の大多数の州で疑う余地なく覇者となったのはフォードのピックアップ・トラック「F-150」で、50州中39州で1位となった。EveryCarListed.comは、トラックと乗用車の販売台数も比較しており、トラック(870万台)が乗用車(770万台)をわずかに上回っている。なお、対象時期に関する情報はないが、数字を見ると単月のデータと思われる。カリフォルニア州ではBMW

2015年1月30日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車生産実績2014年12月

2014年12月の自動車生産実績ニュースリリース四輪車12月の四輪車生産台数は766,945台で、前年同月の786,720台に比べて19,775台・2.5%の減少となり、6ヵ月連続で前年同月を下回った。 12月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。乗用車−649,237台で18,796台・2.8%の減少となり、6ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は361,407台で1,702台・0.5%の減少、小型四輪車は129,678台で18,490台・12.5%の減少、軽四輪車は158,152台で1,3

2014年12月28日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車生産実績2014年11月

2014年11月の自動車生産実績ニュースリリース四輪車11月の四輪車生産台数は743,289台で、前年同月の846,270台に比べて102,981台・12.2%の減少となり、5ヵ月連続で前年同月を下回った。 11月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。乗用車 − 618,249台で100,884台・14.0%の減少となり、5ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は360,165台で35,302台・8.9%の減少、小型四輪車は121,587台で41,409台・25.4%の減少、軽四輪車は136,4

2014年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

月初の消費点検(4/4)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 月初の消費点検(4/4)引き続き消費税増税の影響が緩和、地方の回復に遅れ ◆2014年11月の乗用車販売台数(軽自動車を含む、商用車等を除く)は前年比▲10.2%と、10月(同▲7.4%)から減少幅が拡大し、前年比マイナスは5ヶ月連続となった。ただし、前年は消費税率引き上げ前の駆け込み需要が顕在化し始めていた時期であり、その裏の影響によってマイナス幅が大きくなっている点には留意が必要だ。乗用車販売の基

2014年11月28日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車生産実績2014年10月

2014年10月の自動車生産実績ニュースリリース四輪車10月の四輪車生産台数は816,936台で、前年同月の871,570台に比べて54,634台・6.3%の減少となり、4ヵ月連続で前年同月を下回った。10月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。乗用車− 683,978台で60,930台・8.2%の減少となり、4ヵ月連続のマイナス。このうち普通車は397,555台で33,917台・7.9%の減少、小型四輪車は140,404台で28,800台・17.0%の減少、軽四輪車は146,019台で1,

2014年11月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

月初の消費点検(3/4)~消費税増税の判断を控えて~

トップレポート・コラム経済分析日本月初の消費点検(3/4)~消費税増税の判断を控えて~ ここから本文です月初の消費点検(3/4)~消費税増税の判断を控えて~消費税増税の影響は緩和しつつあるも盤石とは言えずサマリー◆2014年10月の乗用車販売台数(軽自動車を含む、商用車等を除く)は前年比▲7.4%と、9月(同▲3.2%)から減少率が拡大し、前年比マイナスは4ヶ月連続となった。乗用車販売の基調を捉えるために季節調整値(大和総研による試算値)を確認すると、10月は前月比▲3.8%と2ヶ月ぶりに減少し

2014年10月19日全国地方銀行協会フィードバック数:0社会/政治

地方経済天気図2014年10月分

地方経済天気図 大型小売店販売が減少したものの、乗用車販売が増加するなど、緩やかな持ち直し 持家、分譲住宅が増加したものの、貸家が減少するなど、概ね横這い 製造業、非製造業ともに投資を積み増す動きがみられる 独立行政法人等が減少したものの、国、都道府県、市町村が増加するなど、足許増加 一般機械、電気機械が増加したものの、石油製品、窯業・土石製品が減少するなど、概ね横這い 宿泊施設の客室稼働率が上昇するなど、上向き 有効求人倍率が高水準で推移するなど、改善 乗用車、白物

2014年10月14日日本RV協会★フィードバック数:0大型消費/投資

キャンピングカーのタイプ選びについての調査です。

車種によって決め手が異なるキャンピングカーユーザーの購入動機

キャンピングカー・ビルダー、ディーラーが加盟する一般社団法人日本RV協会(JRVA)が提供するキャンピングカー情報 車種によって決め手が異なるキャンピングカーユーザーの購入動機[ 2014年10月14日付け プレスリリース ]国産車は実用性、輸入車はデザインセンスが評価される傾向当協会では、協会運営のホームページにおいて、定期的にユーザー調査を実施してきましたが、今回はキャンピングカーユーザーが現在乗っている車両や、購入を検討している車両などについて、なぜその車に強い関心を持つに至ったかという

2014年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

月初の消費点検(1/4)~消費税増税の判断を控えて~

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 月初の消費点検(1/4)~消費税増税の判断を控えて~引き続き消費の一部に弱さが残る ◆過去の制度要因による反動減からの回復状況と比較すると、足下の乗用車販売の推移は、前回のエコカー補助金終了後より弱く、前回増税時とほぼ同程度である。乗用車販売の動向については、今まで以上に慎重に見極めていく必要があるだろう。◆百貨店大手4社の月次速報の結果を基に推計すると、8月の百貨店売上高(全国)は既存店ベースで前年

2014年8月29日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車生産実績2014年7月

2014年7月の自動車生産実績 ニュースリリース四輪車7月の四輪車生産台数は894,742台で、前年同月の910,246台に比べて15,504台・1.7%の減少となり、11ヵ月ぶりに前年同月を下回った。7月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。乗用車−757,523台で18,481台・2.4%の減少となり、11ヵ月ぶりのマイナス。このうち普通車は436,358台で995台・0.2%の増加、小型四輪車は160,751台で19,469台・10.8%の減少、軽四輪車は160,414台で7台・0.0

2014年8月1日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車生産実績2014年6月

2014年6月の自動車生産実績 ニュースリリース四輪車6月の四輪車生産台数は857,317台で、前年同月の804,125台に比べて53,192台・6.6%の増加となり、10ヵ月連続で前年同月を上回った。 6月の車種別生産台数と前年同月比は次のとおり。乗用車−727,606台で47,895台・7.0%の増加となり、10ヵ月連続のプラス。このうち普通車は404,153台で20,376台・5.3%の増加、小型四輪車は156,632台で1,978台・1.2%の減少、軽四輪車は166,821台で29,4

2014年7月30日マツダフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年6月および1-6月の生産・販売状況について(速報)

2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2014/07/30生産・販売マツダ、2014年6月および1〜6月の生産・販売状況について(速報)  マツダ株式会社の2014年6月および1~6月の生産・販売状況の概況は以下のとおりです。I. 生産注)海外生産は、2007年1月実績よりマツダブランド車のラインオフベース(CKDを除く)。1.国内生産(1)2014年6月乗用車、商用車がともに増となり、前年同月実績を上回

2014年2月4日日本RV協会フィードバック数:0大型消費/投資

キャンピングカーユーザーの買い替え需要に高額車への関心が高まる~「車中泊車」としてのキャンピングカーに注目する人も増加~

キャンピングカー・ビルダー、ディーラーが加盟する一般社団法人日本RV協会(JRVA)が提供するキャンピングカー情報 キャンピングカーユーザーの買い替え需要に高額車への関心が高まる〜「車中泊車」としてのキャンピングカーに注目する人も増加〜[ 2014年2月3日付け プレスリリース ]買い替えには、より高額なキャンピングカーを望む傾向が顕著キャンピングカーユーザーが現在乗っている車両を購入したときの価格帯を当協会にて調査してみたところ、400万円台(15.8%)を中心に、その上の「500万円台」と

2014年1月27日第一生命保険★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車販売についてのレポートです。駆け込み需要もテーマになっています。

2014年度新車販売の行方 ~車体課税の見直しの効果はいかに?~

Economic Trends2014年度新車販売の行方マクロ経済分析レポート発表日:2014年1月24日(金)~車体課税の見直しの効果はいかに?~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(要旨)○昨年 12 月に平成 26 年度税制改正大綱が閣議決定された。本稿では、大綱に盛り込まれた車体課税の見直しの内容を整理した上で、2014 年度新車販売の行方について考察する。○今回決定した車体課税の見直しのうち 14 年度新車購入に係る税制の変更は、

軽乗用車の1世帯あたり普及台数(滋賀県)

軽乗用車の1世帯あたり普及台数(滋賀県)

2013年8月16日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車需要についての分析です。

拡大する潜在的な乗用車の買替需要

拡大する潜在的な乗用車の買替需要

2012年4月25日価格.com★フィードバック数:6大型消費/投資

価格コムが自動車についての調査結果を発表しました。

車の購入意識調査!-電気自動車、ハイブリッド…注目されているのは!?-

まずは1世帯で所有している乗用車の台数を聞いた(【図1-1】)。全体的に見ると「1台」という世帯がほぼ半分の49.6%で、次に「2台」が4分の1強の28.1%となり、この2つだけで全体の4分の3を占めている。「乗用車を所有していない」と回答した割合は全体の1割程度の10.7%となった。なお、乗用車の利用状況は地域差が大きく出るため、地域ごとにこの結果をまとめたのが【図1-2】だ。これを見ると、大都市圏を擁する関東、近畿などの地方では、全体的に乗用車の所有台数が少なめであることがわかる。特に関東地

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ