「予防対策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年2月4日アラン・プロダクツフィードバック数:0ライフスタイル

薄毛に関する調査

『70%以上の男女が自分の薄毛対策に後悔』~ヘアラボ×育毛剤... 『70%以上の男女が自分の薄毛対策に後悔』 ~ヘアラボ×育毛剤売り上げNo.1メーカーによる 1,139人への大規模共同調査を実施~株式会社アラン・プロダクツ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:花房 弘也)が運営する髪の悩みの総合メディア「ヘアラボ」は、ヘアラボ会員1,139人を対象に薄毛に関する調査を行いました。その結果、薄毛で悩んでいる男女の70%以上が、薄毛対策は予防としてやるべきだと回答。なお、本調査は「チャップ

花粉対策に関する意識調査

もはや国民病!? 7割以上の家庭で「花粉症患者が家にいる」ことが判明!一方で、花粉対策の掃除をしていない家庭は76.9%~拭き掃除で床の花粉を撃退 ― ブラーバがキャンペーンを実施~ アイロボットジャパンが「花粉対策に関する意識調査」を実施 アイロボットジャパン合同会社(本社:東京都新宿区/代表執行役員社長 挽野元 以下、アイロボットジャパン)は、全国でスギ花粉の飛散量が最もピークとなる3月から4月にかけて、床拭きロボット ブラーバを花粉対策としておすすめするお得なキャンペーンを本日から4月1日

2016年7月7日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

夏バテや熱中症 夏の体調管理に対する意識

自主企画調査 『夏バテや熱中症 夏の体調管理に対する意識』を実施しました 『夏バテや熱中症 夏の体調管理に対する意識』夏バテ予防対策のトップは、「エアコンの設定温度に気を付ける」約3割の人が今までに『熱中症』になったことがあり、屋内での熱中症経験も42.1%『熱中症』の状態で多いのは、「めまいや立ちくらみ、顔のほてり」、「頭痛」 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長 三津原 博)は、自主企画調査『夏バテや熱中症 夏の体調管理に対する意識

2015年6月4日インターワイヤード★フィードバック数:0ライフスタイル

風呂場のカビについての調査です。

「浴室掃除と防カビ」に関するアンケート

●「目地」や「ゴムパッキン」のカビが気になる。対策はやはり「換気」!●男性も半数以上が浴室掃除を担当インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「お風呂そうじと防カビ」についてアンケートを行い、浴室の掃除について、浴室内でのカビ発生やカビ予防対策等についてまとめました。調査は2015年4月17日〜5月1日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター5,506人から回答を得ています。Tweet ● 浴室掃除「ほとんど毎日」 女性の約4割● 4割の男性が「いつも自分が掃

2014年11月12日雪印メグミルク★フィードバック数:0ライフスタイル

インフルエンザについての調査です。

インフルエンザ予防対策に関する意識調査

インフルエンザ予防対策に関する意識調査

エボラ熱大流行、対策は的確な情報伝達と危機管理計画

インターナショナルSOSは高品質な医療アシスタンス、セキュリティアシスタンスサービス提供いたします。【調査結果発表】エボラ熱大流行、対策は的確な情報伝達と危機管理計画インターナショナルSOSは、会員企業が海外展開をする際に直面する健康面と安全面のリスク管理に対する支援サービスを提供している企業です。この度インターナショナルSOSのアメリカ支社ではエボラ出血熱大流行を受け対策を講じている300社(含、フォーチュン500*企業)以上に対し、独自に調査を実施しました。*米国フォーチュン誌が年1回発行す

2014年4月16日矢野経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

EAPサービス市場に関する調査結果 2014

EAPサービス市場に関する調査結果2014 ~メンタルヘルス対策への意識の高まりや法規制の影響で市場は拡大が続く~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のEAPサービス市場の調査を実施した。1.調査期間:2013年12月~2014年3月2.調査対象:EAPサービスを提供する主要事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査を併用<EAPサービスとは>EAP(Employee Assistance Program:従業員支

2013年5月3日アニコム損害保険フィードバック数:14ライフスタイル

ペットのケガや事故の実態調査

ペット保険の加入は「アニコム損害保険株式会社」 ペット保険のアニコム損保トップ > ニュースリリース > ~ペットのケガや事故の実態調査を実施~ 47.7%のペットがケガや事故を経験、最多は異物誤飲事故プレスリリース≪報道関係者各位≫ 2012年11月1日アニコム損害保険株式会社~ペットのケガや事故の実態調査を実施~47.7%のペットがケガや事故を経験、最多は異物誤飲事故 ■多いケガ・事故は誤飲(15.1%)に続いて脱臼(6.9%)・外傷(6.9%)・骨折(5.4%)■多い発生場所は、自宅内はリ

2009年10月6日セガフィードバック数:0ライフスタイル

新型インフルエンザの予防対策について

申し訳ございません。お客様がお探しのページは見つかりませんでした。 お客様がお探しのページは削除されたか、URLのタイプミスの可能性があります。恐れ入りますが、トップページから該当のページをお探しください。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ