調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 二酸化炭素排出

「二酸化炭素排出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年9月10日JATO Japanフィードバック数:0社会/政治

2020年上半期 欧州二酸化炭素排出量レポート

8月 21, 20202020年上半期 欧州二酸化炭素排出量レポート トヨタ、シトロエン、ニッサンは二酸化炭素排出量を目標値の近くまで削減したJATOの最新の調査から、自動車業界は欧州での温室効果ガス削減目標へ近づくどころか、2014年度の水準まで逆戻りしているということが分かった。自動車会社による、燃費改善や新技術による改善は、大型車の製造やSUVの人気、ディーゼル車の販売減によって相殺されてしまっている。現状は、欧州委員会(EC20212020年から)欧州で販売される新車の平均二酸化炭素排

2015年4月9日日本気象協会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

食品ロスの削減による二酸化炭素排出量の削減効果を確認!

[日本気象協会] ,気象 経済産業省 物流 日本気象協会 ビックデータ

2015年3月22日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギーミックスと今後のシステム改革

エネルギーミックスと今後のシステム改革総合エネルギー調査会基本政策部会小委員会のもとで、長期エネルギー需給見通しの作成に向けて議論が続いている。わが国のエネルギー政策の目標は、従来からエネルギーの安定供給を第一とし、経済効率性の向上による低コストでのエネルギー供給を実現し、同時に環境への適合を図ることであった。東日本大震災後には、前提として安全性が付け加わって3E+Sとされる。これら4つの目標はどれも重要であり、エネルギー政策にも国際的な視点を含めたさまざまな観点からの統合的・整合的な検討が必要

2014年3月31日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査試験調査

家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査試験調査の結果について(お知らせ) 我が国の家庭部門の二酸化炭素排出量は、2012年度には1990年度比約6割増加しており、より実態に即した効果的な対策の導入が喫緊の課題となっています。一方、我が国では、機器の使用状況を始めとする、家庭からの二酸化炭素の排出構造や排出削減の可能性を把握するための情報が十分に整備されておらず、こうした情報を精緻に把握する仕組みの必要性が指摘されてきました。こうした背景を踏まえ、環境省では、統計法に基づく一般統計の承認を

2013年11月20日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

京都議定書の目標達成見込みとのことです。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について(お知らせ) 今般、2012年度(平成24年度)の温室効果ガスの総排出量(速報値(注1))をとりまとめました。2012年度の我が国の温室効果ガスの総排出量(速報値)は、13億4,100万トン(二酸化炭素換算)で、これは基準年比6.3%増)(注2))、前年度比2.5%増となっています。この結果、仮に森林吸収量の目標(注3)が達成され、また、京都メカニズムクレジット(注4))を加味すると、京都議定書第一約束期間(2008〜2012年度

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ