「交流人口」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年12月25日Sansan★★フィードバック数:0社会/政治

2020年にビジネスにおける関係人口が 多かった地方自治体をまとめた 「ビジネス関係人口2020」を発表

 2020. 12. 25 2020年にビジネスにおける関係人口が 多かった地方自治体をまとめた 「ビジネス関係人口2020」を発表 Sansan株式会社は、同社のデータ統括部門DSOCが、移住した「定住人口」と観光に訪れた「交流人口」の中間の概念である「関係人口」のうち、ビジネスにおける関係人口「ビジネス関係人口」の推算を行い、2020年のデータとして取りまとめたことを発表します。その結果、2020年、ビジネス交流が多かった市区町村として「沖縄県国頭郡東村」「京都府乙訓郡大山崎町」「岡山県英

2020年9月16日We'll-Being JAPANフィードバック数:0キャリアとスキル

地方自治体職員の約3割が、「ワーケーション」制度の普及で地元活性化に期待

地方自治体職員の約3割が、「ワーケーション」制度の普及で地元活性化に期待 〜「観光需要を喚起できる」や「新規交流人口が見込まれ、定住につながる可能性があるため」などの声〜ワーケーション支援事業を通じて地方創生に取り組む、株式会社We'll-Being JAPAN (ウェルビーイング・ジャパン、本社:東京都中央区、代表取締役社長:野口 茂一、以下ウェルビーイング社)は、この度、株式会社日本旅行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:堀坂明弘、以下日本旅行)と株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区

2015年6月7日ちばぎん総合研究所フィードバック数:0社会/政治

県人口は増加しているが 4市9町では人口だけでなく世帯数も減少

わたしの意見 ― 水野 創県人口は増加しているが 4市9町では人口だけでなく世帯数も減少(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年6月4日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 先週発表された5月1日現在の県人口は620万人、年間最大の人口移動期である3,4月として4年ぶりの2か月連続の増加だった(図表1)。前年比+0.2%は埼玉県、神奈川県と並ぶ増加率(図表2)で、東日本大震災後の減少からの復活を実感できる。同時に発表された県世帯数は前年比+1.3%と人口に比べ

2015年3月1日ちばぎん総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドについてのレポートです。

訪日外国人観光客誘致の積極化による地域活性化

調査研究情報訪日外国人観光客誘致の積極化による地域活性化(株)ちばぎん総合研究所経済調査部研究員高城 華楠 のついている記事はPDF形式です。PDFファイルをご覧になるためには、 Adobe Reader が必要となります。下のアイコンをクリックすると入手(無料)できます。(5.8MB 時間 1:50 MOV形式」) ○WMV形式(4.7MB) ○FLV形式(4.7MB)動画ファイルの再生には、プレーヤーが必要です。下記よりダウンロードしてご覧ください。(flv形式再生)<内容>日本を訪れる外国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ