「人事施策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

シニア人材の活躍に資する調査結果を発表

ホームニュース一覧70歳までの就業時代に向け、シニア人材の活躍に資する調査結果を発表半数の企業がシニア人材に課題感。5年以内に課題になるとの回答は75.8% 70歳までの就業時代に向け、シニア人材の活躍に資する調査結果を発表 半数の企業がシニア人材に課題感。5年以内に課題になるとの回答は75.8%シニア人材に配分される人材開発費は全体のわずか6.3%。 シニアの能力開発を強化すべき 日本型雇用とシニア活躍は相性悪く、「職務」を軸とした配置・処遇がシニア活躍のカギ  株式会社パーソル総合研究所

2019年7月9日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

「中途入社後活躍調査」第3弾

「中途入社後活躍調査」第3弾 中途入社者の「離職意向度の低減」に寄与する上司とのコミュニケーションは「雑談」~1日に1回は短時間でも雑談を。1ヶ月に1回は1時間程度、仕事の意義を含めた面談を。~株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)は、従業員300名以上の企業に中途入社して5年未満の方を対象にアンケート調査を行い、5,378名から回答を得ました。当該結果を「中途入社後活躍調査」として取りまとめましたので、ご報告いたします。調査実施の背景・調査の目的昨今の求

2015年5月24日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

人事施策の同質化と差異化に関するディスカッションノート

人事施策の同質化と差異化に関するディスカッションノート

2015年3月31日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

厚労省の研究会です。

平成26年度「キャリア・コンサルティング研究会報告書」の取りまとめ

平成27年3月31日【照会先】職業能力開発局 育成支援課キャリア形成支援室室長藤浪 竜哉キャリアコンサルティング専門官亀田 敦志(5908)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3502)8931 平成26年度「キャリア・コンサルティング研究会報告書」の取りまとめ 〜企業経営からみたキャリア・コンサルティングの意義や効果の現状把握と企業の好事例を収集〜 厚生労働省では、このほど、「平成年度キャリア・コンサルティング研究会」(座長:小杉 礼子 独立行政法人労働政策研究・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ