「人民元」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ECB量的緩和へのカウントダウン

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ECB量的緩和へのカウントダウン通貨ユーロの存続をかけた重要な試金石となるか 2015年1月21日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆1月14日に発表されたOMT(国債買い入れプログラム)に関する欧州司法裁判所(ECJ)の仮判断は、1月22日のECB理事会で協議される国債買い入れ型の量的緩和(以下、QE)の実施を確実のものとした可能性が高い。欧州司法裁の法務官による見解によると、

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 賃金上昇は偏っているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 賃金上昇は偏っているのか原油価格の変動で実態が把握しにくいがインフレ圧力は限定的 2015年1月21日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆新たな連邦議会が始まった。オバマ大統領による一般教書演説と予算教書発表を経て、財政論議が本格化することになる。最初の課題となるのは、2015年度の暫定予算のうち、国土安全保障省関連の予算が2月末で切れることである。◆金融政策

2015年1月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国の金融政策は今後も『外圧』が決め手か(Asia Weekly (1/12~1/16)) ~人民元安で輸出は堅調な上、資源安により中国の需要に底入れの動き~

韓国の金融政策は今後も『外圧』が決め手か(Asia Weekly (1/12~1/16)) ~人民元安で輸出は堅調な上、資源安により中国の需要に底入れの動き~

2015年1月13日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は着実に増加し失業率は低下

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数は着実に増加し失業率は低下2014年12月の米雇用統計:賃金は低下したが一部の業種では上昇 2015年1月13日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆12月の非農業部門雇用者数は前月から25.2万人増加し、過去分も上方修正されて、雇用者数の増加ペースは加速している様子である。失業率は5.6%と前月から0.2%ポイント低下したが、主に労働市場から退出した人が増えたことに

2015年1月9日大和総研フィードバック数:0ビジネス海外

タイ輸出企業の競争力強化には

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 タイ輸出企業の競争力強化には技術力の強化と、合法的な海外労働者受け入れ拡大で賃金抑制が必要 ◆ここ数年、タイの輸出額は頭打ちにある。米国経済の回復が見られ始めた後も、力強い回復は見られない。世界的なバリューチェーン(GVC)の中において、タイの輸出活性化に何が求められているのか。◆タイは従来、GVCの中で加工貿易拠点として発展し、輸出・輸入を先進国に依存してきた。しかし2000年以降、タイは中間財や最

2015年1月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2015年1月)2015年の新興国経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2015年1月)2015年の新興国経済~金融市場の不安定性に備えを~ ◆2015年は原油価格の急落、ギリシャ問題再燃で明けた。今後はFRBの利上げ開始も待っている。これらから想定される今年の世界経済の姿は「実体経済的には米国の独り勝ち状況が継続しながらもトータルの成長率は改善、ただし金融市場の不安定性からそのプロセスに脆弱性がつきまとう」といったものであろう。◆こうした中、新興国は実

2015年1月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2015年1月号)

最近の人民元と今後の展開(2015年1月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2015年1月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 12月の人民元相場(対米国ドル)は、現物実勢が2ヵ月連続で下落する一方、基準値はやや上昇する展開となった。11月に中国人民銀行が基準金利を引き下げて以降、現物実勢は米国ドルに

2014年12月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.12)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年12月23日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油安は減速する世界経済にとっての朗報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 供給過剰による原油価格急落への市場の初期反応は、原油輸入国に与えるプラスの所得移転効果よりもむしろロシアなどの産出国やエネルギー産業への打撃に対する懸念として現れ、一時、主要国の株価は下落、資源国通貨は大幅に減価した。しかし原油安の効果はタイムラグを伴って原油消費国の実質所得を確実に増やす。日本の場合、原油価格を60ドル/バレル、ドル円レートを118円と仮定すると、年間の原油輸入額は約5兆円節約される

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の米国経済見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年の米国経済見通し政策不透明感復活も民間部門は底堅く、金融政策は慎重に正常化へ 2014年12月19日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2014年の米国経済は、中間選挙を控えた政治休戦のもとで、外部要因に左右されつつも民間部門が堅調で、金融政策が正常化に向けた出口を探る1年だったと言えよう。◆12月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策について据

2014年12月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 慎重に声明文を変更

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 慎重に声明文を変更最初の利上げと同時に2回目以降の利上げも主要テーマか 2014年12月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆12月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文を、金融政策の正常化を開始するまで「忍耐強く」なれる、という表現に変更したが、過去の声明文を引用する形で「相当な期間継続する」との文言も残した。◆

2014年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年12月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2014年12月号)2014年12月8日発表分までの主要経済指標 実質GDPの推移雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ シ

2014年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し ECBは国債の量的緩和に踏み込まず

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州金融見通し ECBは国債の量的緩和に踏み込まず第1の矢(量的緩和)より第2の矢(財政出動)が課題か 2014年12月5日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆12月4日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、マイナス

2014年12月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年12月)原油価格下落のメリット・デメリット

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年12月)原油価格下落のメリット・デメリット~アジア、米国、EUの景気を後押し~ ◆原油価格の下落に拍車がかかっている。それは原油の純輸入国に実質的な減税効果をもたらすが、地域的に見るとそのメリットを一番多く受けるのはアジアである。先進国も総じてメリットが大きい。それは欧州や日本の景気を下支えし、米国の景気回復をより確固としたものとする効果を持とう。先進諸国の金融政策をより緩

最近の人民元と今後の展開(2014年12月号)~利下げで元高一服

最近の人民元と今後の展開(2014年12月号)~利下げで元高一服 | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年12月号)~利下げで元高一服 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 11月の人民元相場(対米国ドル)は基準値がやや上昇する一方、現物実勢は前月末比で0.5%の下落となった。中国人民銀行が21日に基準金利

2014年12月1日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

2ヵ国で実施された燃料補助金削減の意味

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆10月1日、マレーシアの「国内取引・協同組合・消費者省」は、補助金付きのレギュラーガソリンと軽油の価格を1リットル当たり0.2リンギ(約7.0円)ずつ引き上げると発表した。一方で、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領も11月17日、補助金付きレギュラーガソリンと軽油の価格を1リットル当たり2,000ルピア(約19.4円)引き上げると発表した。◆両国の政府が燃料補助金を削減した理由は財政負担を軽減する

2014年12月1日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資海外

中国のインターネット金融の現状と今後の展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国のインターネット金融の現状と今後の展望『大和総研調査季報』 2014年秋季号(Vol.16)掲載 2013年は中国のインターネット金融元年といわれている。特にインターネットMMF(ネット決済余剰資金の運用)の発展のスピードは速い。定期預金よりも高い利回りであることに加え、少額からの投資が可能であり、簡単な操作で資金移動が可能であるなど利便性が極めて高いことなどがユーザーの幅広い支持を得た。インター

2014年12月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国:QE3の効果とコストの顕在化リスク

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国:QE3の効果とコストの顕在化リスク『大和総研調査季報』 2014年秋季号(Vol.16)掲載 FRB(連邦準備制度理事会)は、2012年9月から総額と期限を定めない資産の買入れを開始し、2014年10月で終了する見込みとなった。QEに伴うMBS(住宅ローン担保証券)の買入れは、住宅ローンの組成を促し、住宅市場の回復につながった。また、株価や住宅価格の上昇は、資産効果や家計のバランスシート調整に寄

2014年11月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.11)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年11月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

量的金融緩和への依存は続く

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の内需はリーマン・ショック直前のピーク水準を約6%上回っているが、消費税増税の影響が色濃く表れた日本の内需は約1%上回るに過ぎない。それでもショック直前の水準を約5%下回るユーロ圏よりもまだ良いとも言える。世界経済はまだら模様の状態にあり、各国ごとの景況感の差は大きい。量的緩和をいち早く大胆に展開し景気を回復軌道に乗せた米国、結果論だが量的緩和による景気回復の途上で消費税増税のタイミングが早すぎた

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し中国経済見通しレポート ◆固定資産投資は一段と減速している。ただし、2014年に入り住宅販売が不振となるなか、不動産開発投資が大きく減速するのは自然である。鉄鋼やセメントなど重化学工業を中心に設備過剰感が高まっており、こうした分野の投資を厳選すること(さらには汚染物質排出量の多い老朽化設備の淘汰を行うこと)は好ましい。固定資産投資の減速は政策効果発現の面があり、投資全

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 中間選挙とその後

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 中間選挙とその後政治情勢が米国経済の回復を阻害するか否かは金融政策にも影響する 2014年11月21日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆労働市場では、一部の業種で労働需給が引き締まって賃金が上昇するなど、雇用の質の改善の兆候もある。個人消費や住宅市場は底堅いが、海外経済の減速懸念で企業活動の回復ペースは減速する可能性があり、米国経済が加速するまでには至ってい

2014年11月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

【移民レポート2】米国:国際的なヒトのモビリティの中心地

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 【移民レポート2】米国:国際的なヒトのモビリティの中心地卓越した人材獲得競争力 ◆移民の主たる出身地域が、かつての欧州から中南米、そしてアジアへと移り行く中で、米国の文化、社会も不断の変容を迫られてきた。国際的な人のモビリティを高める強い求心力を発揮すると同時に、モビリティの高さが同国の変化の原動力ともなる。ここに、米国が移民大国と呼ばれる所以があろう。◆近年の米国の移民政策の中心に位置付けられるのが

2014年11月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

【移民レポート3】ドイツ:移民政策転換から15年

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 【移民レポート3】ドイツ:移民政策転換から15年高技能移民の積極受け入れと長期居住者の社会適合は道半ば ◆戦後ドイツでは4度の移民流入拡大期があった。移動や就業の自由が保障されているEU加盟国からの移民が多数派だが、歴史的経緯からトルコ、旧ユーゴスラビア、旧ソ連などからの移民も少なくない。2012年のドイツの人口に占める外国籍保有者は9.0%だが、自分自身あるいは親世代などが移民であった「移民の背景を

2014年11月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

【移民レポート4】英国:過去10年の移民急増が悩みの種

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 【移民レポート4】英国:過去10年の移民急増が悩みの種移民反対を掲げるUKIP(英国独立党)が躍進 ◆英国への移民は1994年以降、一貫して純流入となっている。特に2004年以降は年平均24万人の移民純流入があり、それ以前の10年と比較して倍増した。かつて大英帝国と言われた英国には、旧植民地のインド、香港、中近東、アフリカなどの出身者が多数居住しているが、近年の移民増加の背景には労働党政権(1997年

2014年11月17日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

移民受け入れについてのレポートです。

【移民レポート1】日本の移民問題を考える

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 【移民レポート1】日本の移民問題を考える海外の事例を踏まえて ◆欧米諸国と比較した日本の外国人受け入れ実績が大きく遅れていることは確かだが、在留外国人は200万人を数え、その内3割は永住者である。政府は「単純労働者は受け入れない」という建前を維持したまま、建設業等への外国人材受け入れ積極化を検討するなどしているが、制度矛盾を温存したままのなし崩し的な受け入れ拡大はいずれ限界に直面しよう。客観的な事実を

2014年11月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年11月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2014年11月号)2014年11月10日発表分までの主要経済指標 実質GDPの推移雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ

2014年11月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える2014年10月の米雇用統計:過去分の上方修正で堅調さ維持 2014年11月10日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆10月の非農業部門雇用者数は前月から21.4万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して5.8%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回ったが、過去分の上方修正によって、20万人以上の雇用増加は9ヵ月

2014年11月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し 追加緩和直前のリスク要因

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州金融見通し 追加緩和直前のリスク要因AQR実施後もフランス、イタリアには追加的不良債権の不確実性が 2014年11月7日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆11月6日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、マイナス

2014年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年11月)ドル高・原油安下の新興国

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年11月)ドル高・原油安下の新興国~QE3 終了による混乱は回避~ ◆ドル高が進む中でも主要新興国通貨の実効レートは総じて安定しており、QE3の終了がリスク・オフ的状況を引き起こさなかったことが確認される。来るべき米金利の上昇が新興国にとって脅威となり得ることは確かだが、日銀の追加緩和がドル高に拍車をかけたことは、米利上げ時期を先送りさせる要因である。新興国はリスク・オフへの

最近の人民元と今後の展開(2014年11月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年11月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年11月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 10月の人民元相場(対米国ドル)は基準値がほぼ横這いで推移する中、現物実勢はじりじりと上昇する展開となった。成長率の鈍化を受けて中国では景気下ぶれ懸念が高まったものの、香

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 声明文の修正も実は変化はない

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 声明文の修正も実は変化はないQE3に伴う資産買い入れ終了も利上げ開始時期は示唆されず 2014年10月30日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆10月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れを終了することが決定された。事実上のゼロ金利政策を維持し、「相当な期間(considerable time)継続する」との文言

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

予想を上回る米国GDP成長率は割り引こう

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 予想を上回る米国GDP成長率は割り引こう2014年7-9月期の実質GDP成長率は3.5%と予想を上回る 2014年10月31日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2014年7-9月期の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で前期比3.5%増となった。悪天候からの反動で高成長となった4-6月期の伸びは下回るが、市場の事前予想を上回った。◆需要項目別で見て、GDPの押し上げに寄

2014年10月27日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国の公的医療保険、メディケア

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の公的医療保険、メディケア(その1)主に高齢者を対象とし、4つのプログラムから成る ◆メディケア(Medicare)は、65才以上の高齢者と65才未満の障害者向けの米国の公的医療保険プログラムである。米国の65才以上の高齢者のほぼ全員がメディケアに加入し、その数は2013年において4,350万人に上った。また、障害者の加入者数は880万人であり、合計すると5,230万人、国民全体の約6人に1人がメ

2014年10月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:地方政府債務問題に大ナタ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:地方政府債務問題に大ナタ「減らすだけで増やさない」 ◆中国財政部は、地方政府債務の抜本的かつ包括的な処理方針を固めた。基本方針となる「地方政府債務残高の整理・処理方法」は、既に地方各レベルの財政部門に意見聴取版として送付されており、必要な修正の後に、数ヵ月以内に正式発表される見込みである。◆特に、重要な方針は、①地方政府債務を分類し、残高を確定した上で、今後は「減らすだけで増やさない」との強い姿

2014年10月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

欧州と中国の同時停滞で外部環境が不安定化

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州と中国の同時停滞で外部環境が不安定化 日本経済は2012年5月から11月にかけて景気後退に陥った。短期間とはいえ後退局面に至ったのは、スペインやイタリアの財政問題を起点にユーロ圏の金融不安が高まり、欧州経済の悪化につながったことによる。この時、欧州向け輸出比率の高い中国経済がその余波を受け、日本の輸出は対欧州だけでなく、対中国でも大きく減少した。現在、ユーロ圏はデフレを阻止するためECBが量的緩和

2014年10月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 勢いを失ったドイツ景気

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 勢いを失ったドイツ景気投資促進を目指す政策の具体化は12月か ◆世界的な株価急落の一因となったドイツの8月の鉱工業生産の急失速の背景には、今年に限って自動車工場の夏休みが8月に集中し、生産が急減したという特殊事情があった。9月の自動車生産台数は7月の水準まで持ち直しており、ドイツ経済の急失速を懸念するのは行き過ぎであろう。もっとも、企業景況感の悪化は秋になっても継続しているため、ユーロ

2014年10月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 近づく政策変更の節目

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 近づく政策変更の節目悪天候後の回復過程の裏と金融市場の動揺が実態を見えにくく 2014年10月21日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆雇用者数が順調に増加しているが、労働市場の質的側面の改善は遅々としている。個人消費に減速懸念はあるが底堅く、住宅市場もまた底堅い。内需に支えられた企業活動がより活発化すれば、経済の好循環が進展することが期待されよう。◆金融市場

2014年10月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 意外な輸入の伸びとその実態 ~内需の弱さは変わらず、外需が景気を押し上げる姿は変わらず~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国 意外な輸入の伸びとその実態~内需の弱さは変わらず、外需が景気を押し上げる姿は変わらず~発表日:2014年10月14日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 足下の米国を中心とする世界経済の底入れは外需を通じ、中国景気にプラスの効果を与えている。他方、中国国内では金融市場のリスクを抱えるなか、共産党・政府による構造改革推進への取り組みや綱紀粛正策などは内需の足かせとなっている。

2014年10月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:国慶節の礼物は住宅市場テコ入れ策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:国慶節の礼物は住宅市場テコ入れ策住み替えのための2軒目の住宅ローンは1軒目と同様に優遇 ◆中国人民銀行と中国銀行業監督管理委員会は2014年9月29日付けで、低迷する住宅市場のテコ入れを目的とした通知を発表した。①居住目的の1軒目の一般住宅を購入する家計が利用する住宅ローンについては、頭金比率を最低30%以上、ローン金利の下限は基準金利の0.7倍とし、具体的な貸出条件は銀行がリスク状況を鑑みて自

最近の人民元と今後の展開(2014年10月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年10月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年10月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 9月の人民元相場(対米国ドル)はやや荒い値動きの中で基準値・現物実勢がともに小幅上昇する展開となった。中国で景気下ぶれ懸念が高まったことが上値を抑える要因となる一方、香港

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済の不振

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 8月の中国の鉱工業生産は前年比6.9%と、2008年のリーマン・ショック以来の低い水準に止まった。これを好意的にとらえるなら、中国経済が投資に過度に依存した体質からの脱却を図っている一つの証左ということになる。しかし、8月は固定資産投資、小売売上、自動車販売などの伸び率がいずれも鈍化、不動産価格が下落する都市が拡散し、住宅販売床面積のマイナス幅は拡大、発電量が前年割れするなど、中国経済の不振は至るとこ

2014年9月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.9)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げ開始時期は示唆されず

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げ開始時期は示唆されず声明文の変更はわずかでQE3の縮小完了が10月と明示された 2014年9月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆9月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が月150億ドルに縮小された。声明文に、次回、10月のFOMC会合で資産買い入れ額をゼロにする決定が行われることが明示された。

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?今こそ財政政策の有効活用を ◆ECB(欧州中央銀行)は9月4日の金融政策理事会で追加利下げと、ABS(資産担保証券)とカバード・ボンドを対象とする資産買取計画の10月導入を決めた。9月18日開始のTLTRO(民間向け貸出増を意図した条件付き長期オペ)と併せ、銀行貸出の促進が狙いである。6月に決めたTLTROが始動する前に、ECBが追加緩和に動いた背景には、ユーロ

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 均せば安定成長

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 均せば安定成長金融政策の先行きはまだわからない 2014年9月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆9月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が縮小され、10月の会合で買い入れ停止を決定することが明示された。利上げ開始時期は示唆されず、経済指標次第で2015年中に始まる可能性が高いことが確認されたにとど

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景気減速でも当局が強気なのは?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:景気減速でも当局が強気なのは?「三中全会」の積極的改革路線への回帰=成長率低下 ◆2014年8月の鉱工業生産は前年同月比6.9%増と7月の同9.0%増から大きく減速し、リーマン・ショック後の2009年1月~2月の同3.8%増以来の低水準となるなど、中国経済は減速傾向を強めている。◆国家統計局は、それでも「一部経済指標は伸びが鈍化したものの、経済全般は安定のなかにも好転や質的向上が見られる」とし、

2014年9月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国のアジアインフラ投資銀行構想の光と影

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国のアジアインフラ投資銀行構想の光と影 ◆中国は、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立に注力している。2014年11月に北京で開催されるAPEC首脳会議に向けて、中国は関係諸国と「アジアインフラ投資銀行創設準備に関する政府間枠組覚書」(MOU)を締結する意向である。◆AIIB構想はインフラ整備資金の調達の観点からみれば、アジア地域全体にメリットがある。インフラを整備したい国にとって、その整備資金

2014年9月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年9月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2014年9月号)2014年9月8日発表分までの主要経済指標 ・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方

2014年9月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

スコットランドの独立は秒読みか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 スコットランドの独立は秒読みか? 独立しなくとも通貨ポンドと金融市場への影響は大きい 2014年9月9日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆英国の北部に位置するスコットランドは、人口は約530万人(英国全体の8.3%、2012年時点)、首都はエジンバラに置かれている。そのスコットランドが、2014年9月18日に、独立の是非を問う住民投票を行う予定であり、現在、全英が注目している。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

お知らせ