「人民元」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年9月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう2014年8月の米雇用統計:質的には限定的な改善 2014年9月8日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆8月の非農業部門雇用者数は前月から14.2万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して6.1%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回り、失業率は市場予想と一致した。◆雇用は、業種別では主に企業向けサービスと教育・医

2014年9月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ドラギ・マジック再び?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ドラギ・マジック再び?追加利下げとABS、カバード・ボンドの買取計画を発表したECB ◆9月4日のECB金融政策理事会は追加利下げを決め、政策金利は0.15%から0.05%へ引き下げられた。8月末の米ジャクソンホールでのスピーチで、ドラギECB総裁がインフレ期待の低下に懸念を表明して以来、追加緩和策への期待が高まっていたが、利下げは予想外の決定であった。これに加えて、ABS(資産担保証券)とカバード・

2014年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年9月)インドとブラジルの明暗を分けるもの

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年9月)インドとブラジルの明暗を分けるもの~成功体験の積み上げが求められる~ ◆4-6月期のGDP統計ではインドとブラジルの明暗がはっきり分かれた。インドでは政権交代への期待、その実現がすでに投資の回復をもたらし始めている可能性がある。ブラジルは今のところ景気回復のきっかけが見えずにいるが、同国でも政権の統治能力の低さが経済の足かせになっているという見方が共有されており、政権

2014年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2014年9月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年9月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年9月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 8月の人民元相場(対米国ドル)は、基準値がほぼ横這いで推移する中、現物実勢は上昇傾向を続けた。また、アジア新興国の通貨は概ね高水準で推移しており、ここで人民元だけが下落すると

2014年8月29日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済レビュー:習近平改革下で加速する人民元の国際的プレゼンス向上

経済レビュー:習近平改革下で加速する人民元の国際的プレゼンス向上

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.8)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

円安で輸出が伸び悩む一つの背景

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円相場の大幅な減価にもかかわらず、日本の輸出は伸び悩んでいる。もちろん円高が是正されていなければ輸出はもっと低迷していただろう。輸出が伸び悩む理由の一つは、世界経済が力強さを欠く貿易環境にある。新興国は全般に成長率を鈍化させ、欧州では牽引役のドイツが地政学的リスクの影響もあり失速気味となっている。もう一つの理由は、日本企業の海外現地生産の拡大にあり、これはアジア諸国の関税制度とも関係している。日本の基

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候緩やかでもしっかりとした回復ペースへ 2014年8月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4-6月期の実質GDP成長率は1-3月期のマイナス成長からの反動で予想を上回り、1-3月期の統計も上方修正された。今後の見通しに変更はないが、上半期の成長ペースが上方修正されたことに伴い、2014暦年の成長率見通しを引き上げた。◆7月開催のFO

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的リスクシナリオはロシアとの経済制裁の応酬合戦 ◆ユーロ圏の4-6月期成長率は前期比横ばいで、過去1年続いた景気持ち直しの動きが中断してしまった。加盟国別ではドイツが同-0.2%と予想以上に落ち込んだことが目を引く。輸出が伸び悩み、投資が縮小したことが原因とされる。◆ドイツ経済は7-9月期は持ち直すと予想するが、最近の製造業受注や企業景況感などの景気先行指標は軟調

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

遂に住宅バブル対策に本気になり始めたBOE

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 遂に住宅バブル対策に本気になり始めたBOE 差し迫る金利引き上げに怯えるスクイーズドミドル 2014年8月12日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆英国中央銀行(BOE)カーニー総裁は、7月15日の議会証言で、過熱する英国の住宅市場に対して「(各金融機関の)住宅ローン審査が甘く、無理に許容度を超えて貸し出しすることを懸念している」と発言し、リスクを軽視して過大な住宅融資に走る金融

2014年8月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年8月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2014年8月号)2014年8月6日発表分までの主要経済指標 ・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方

2014年8月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年8月)成長パフォーマンスの乖離は明確化へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年8月)成長パフォーマンスの乖離は明確化へ~米欧主導の景気拡大を、どう活かすか~ ◆IMFの世界経済見通し(改訂版)では、2014年の世界全体の成長見通しが下方修正されたものの、米・欧主導型で2015年に向けて回復の度を強めるというシナリオは維持された。新興国ではロシア、メキシコ、南ア、ブラジルの成長見通しが大きく下方修正されている。◆米国の景気拡大が持続的なものであれば、同

2014年8月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2014年8月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年8月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年8月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 7月の人民元相場(対米国ドル)は、基準値が下落する一方、現物実勢は上昇する展開となった。その結果、基準値と現物実勢の乖離は急激に縮小、約5ヵ月に及んだ現物実勢の下方乖離はほぼ

2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国GDP成長率は予想を上回る反動増

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国GDP成長率は予想を上回る反動増2014年4-6月の実質GDP成長率は悪天候での落ち込みから4.0%増へ 2014年7月31日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2014年4-6月の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で4.0%増と、1-3月期のマイナス成長から、予想を上回るプラス成長に転換した。1-3月期のマイナス成長は悪天候や在庫調整などの一時的要因による落ち込み

2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げに向けて半歩前進か

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げに向けて半歩前進かQE3の縮小が続き、経済の現状認識を上方修正 2014年7月31日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆7月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が月250億ドルに縮小された。イエレン議長の議会証言からは、10月のFOMC会合で資産買い入れ額をゼロにする決定が行われる見込みである。◆経済

2014年7月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

需給ギャップとインフレ圧力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 インフレ圧力を測る際の代表的な指標の一つである需給ギャップは、実際のGDPと供給力を表す潜在GDPとの乖離を表したものである。しかし、潜在GDPは推計方法によって変わり得るため、真の需給ギャップの測定は難しい。内閣府は1-3月期の日本の需給ギャップをマイナス0.2%と推計しているが、日銀はすでにプラスになったと推計している。今年10月にQE3による資産買い入れを終了するとされるFRBの次の政策の焦点は

2014年7月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

EUの移民政策と英国への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 EUの移民政策と英国への影響欧州の移民政策は日本の成長戦略の参考になるのか 2014年7月24日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆5月22日から25日に行われた欧州議会選挙では、反EUを公約に掲げる各国の極右勢力が躍進した。彼らは若年層失業率の上昇や、社会保障費の増大等を理由に移民排斥を主張し、現行のEUの移民政策の廃止を訴えている。◆英国では労働党政権下(1997年~2010

2014年7月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.7)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 台頭する不透明感

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 台頭する不透明感明らかになったQE3終了時期と中間選挙 2014年7月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕 笠原 滝平◆イエレン議長の議会証言において、QE3に伴う資産買い入れ規模の縮小は、10月のFOMCで完了し、QE3を終了させる方向性が示された。11月の中間選挙と同時期であり、2015年の財政関連リスクの見通しがたつにつれ、利上げ開始時期の議論も深化

2014年7月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新政権誕生によるインドネシア経済への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新政権誕生によるインドネシア経済への影響短期的にはマイナス、中長期的にはプラスの影響か ◆7月9日、インドネシアで大統領選の投開票が実施された。選挙管理委員会から正式な結果が発表されるのは7月20日以降であるが、各種調査機関による集計を見ると、ジャカルタ特別州知事であるジョコ・ウィドド氏が優勢となっているものが多い。一方、元陸軍戦略予備軍司令官であるプラボウォ・スビアント氏を優勢とする集計結果もある。

2014年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年7月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2014年7月号)2014年7月8日発表分までの主要経済指標 ・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方

2014年7月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2014年7月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年7月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年7月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 6月の人民元相場(対米国ドル)は、基準値が6ヵ月ぶりに上昇、現物実勢は2ヵ月連続の上昇となった。現物実勢は初旬こそ軟調だったものの、基準値が上昇したことを受けて上昇に転じ、当

2014年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2014年6月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年6月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年6月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 5月の人民元相場(対米国ドル)は基準値が下落する一方、現物実勢はやや上昇する展開となった。当初軟調だった現物実勢は、6日に中国人民銀行の介入と見られる元買い・ドル売りで急伸し

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2014年5月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年5月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年5月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 4月の人民元相場(対米国ドル)は基準値・現物実勢ともに下値を探る展開となった。また、基準値が小幅な下落に留まったのに対し、現物実勢はそれを大幅に上回る下落率となった。○ 韓国

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々 ~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~発表日:2014年4月16日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済を巡ってはシャドーバンキングなどの問題が警戒されるなか、景気減速への懸念もあり、共産党及び政府の動きに注目が集まっている。先月の全人代は「期待はずれ」の内容だった一方、その後は徐々に課題解決に動く

2014年4月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2014年4月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年4月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年4月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 3月の人民元相場(対米国ドル)は基準値・現物実勢ともに下値を探る展開となったが、基準値が小幅な下落に留まったのに対し、現物実勢はそれを大幅に上回る下落率となった。○ 世界通貨

2014年3月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:人民元変動幅拡大の効果は?

トップレポート・コラム経済分析中国中国:人民元変動幅拡大の効果は? ここから本文です中国:人民元変動幅拡大の効果は?当日のボラティリティの増大サマリー◆中国人民銀行は2014年3月15日、人民元の対米ドル為替レートの変動幅を当日朝当局が発表する基準レートの±1.0%から±2.0%に拡大すると発表した。しかし、基準レートの決定は当局の思惑次第となっており、基準レートに対するその日一日の変動幅拡大によってもたらされるのは、当日のボラティリティの増大である。◆人民元の対米ドル基準レートの設定には、中国

2014年3月10日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済レビュー:人民元下落誘導を促したマクロ経済的背景

経済レビュー:人民元下落誘導を促したマクロ経済的背景

2014年3月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の人民元と今後の展開(2014年3月号)~2月の大幅下落の原因は何か?

最近の人民元と今後の展開(2014年3月号)~2月の大幅下落の原因は何か? | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年3月号)~2月の大幅下落の原因は何か? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 2月の米国ドルに対する人民元相場は基準値が小幅な下落、現物実勢が大幅な下落だった。○ 2月に現物が大幅下落した原因

中国経済・金融・市場の動向:2014年の注目点

中国経済・金融・市場の動向:2014年の注目点 | ニッセイ基礎研究所 中国経済・金融・市場の動向:2014年の注目点 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年の経済成長率は、7.5%前後(年前半7%台後半、年後半7%台前半)と予想している。賃金上昇や人民元高で中国の輸出競争力が急激に落ちて来れば低めに、地方政府の抵抗で地

最近の人民元と今後の展開(2013年12月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年12月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年12月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 11月の人民元は、基準値は米国ドルに対して上昇したものの現物実勢はほぼ横ばいで推移した。世界通貨を見渡すと、米国のQE3縮小の時期は遠くないとの見方が優勢となって、新興国

最近の人民元と今後の展開(2013年11月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年11月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年11月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 10月の人民元は、基準値が米国ドルに対してほぼ横ばいに留まる一方、現物実勢は中国成長率の上ぶれや米国財政協議の混乱を背景に堅調に推移した。世界通貨を見渡すと、堅調に推移し

最近の人民元と今後の展開(2013年10月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年10月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年10月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 9月の人民元は、基準値が上昇する一方、現物実勢はほぼ横ばいで、基準値と現物実勢の乖離は0.4%まで縮小した。また、9月には米国でQE3縮小が見送られたことから新興国通貨が

2013年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年9月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年9月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年9月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 8月の人民元相場は基準値・現物実勢ともに米国ドルに対して堅調に推移した。米国が出口戦略(Tapering)を模索する中で、多くの新興国通貨が米国ドルに対して下落しており、こう

2013年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年8月号)~現物は弱含み、基準値との乖離は縮小と予想する

最近の人民元と今後の展開(2013年8月号)~現物は弱含み、基準値との乖離は縮小と予想する | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年8月号)~現物は弱含み、基準値との乖離は縮小と予想する 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 7月の対米国ドル人民元相場は、基準値がほぼ横ばい、現物実勢は基準値から0.4~0.

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年7月号)~米中戦略・経済対話で許容変動幅の拡大はあるか?

最近の人民元と今後の展開(2013年7月号)~米中戦略・経済対話で許容変動幅の拡大はあるか? | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年7月号)~米中戦略・経済対話で許容変動幅の拡大はあるか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 6月の人民元(対米国ドル)は、基準値・現物実勢はともに中旬にかけては上昇したが

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年6月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年6月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年6月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 5月の人民元(基準値)は米国ドルに対してじりじり上昇する展開となり、現物実勢も基準値の上限にほぼ張り付く形でパラレルに上昇したが、相場の先行きを予測して動くNDFは上昇基調の

2013年5月17日大和総研フィードバック数:16社会/政治海外

中国貿易統計'水分'の背景

トップレポート・コラムコラム中国貿易統計'水分'の背景 ここから本文です中国貿易統計'水分'の背景中国の本年第1四半期の輸出の伸びが発表された時点で、すでに中国内では、欧米向けの輸出がそれほど伸びていないにもかかわらず、対香港輸出のみが突出して増加していること等から、この高い輸出の伸びを‘座火箭(ロケットに乗る⇒実力を伴っていないのに、幸運に恵まれて一気に高い地位に着くといった否定的ニュアンス)’と評して、ほんとうの貿易の実態を伴っていない‘虚暇貿易’、‘水分、被増長(水増し、膨らまされている)

2013年4月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年4月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年4月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年4月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 3月の人民元は米国ドルに対して堅調に推移した。世界通貨全体の動きを見ると、3月は米国ドルが堅調だった月といえるが、人民元はその米国ドルに対して小幅ながら上昇しており、世界通貨

2013年3月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年3月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年3月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年3月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 2月の人民元は概ね横ばいで推移した。基準値を中心に「NDFが大幅元安、現物が大幅元高」という3者のいびつな関係は2月も継続したが、中国本土で取引される人民元とオフショア人民元

2013年2月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年2月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年2月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年2月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 1月の人民元は基準値・現物実勢・NDFとも米国ドルに対して小幅上昇した。基準値を中心に「NDFが大幅元安、現物が大幅元高」の状況は若干緩和したものの1月も継続した。また、新興

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

最近の人民元と今後の展開(2013年1月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年1月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年1月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 12月の人民元市場は基準値・現物実勢・NDFとも概ね横ばいで推移、基準値を中心に「NDFが大幅元安、現物が大幅元高」の状況は12月も続いた。また、新興国通貨の動きはまちまちで

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

お知らせ