「介護業界」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年1月8日パーソル総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

介護業界の離職経験者1,600人に対する調査

ホームニュース一覧ベネッセ シニア・介護研究所×パーソル総合研究所の共同研究介護業界の離職経験者1,600人に対する調査結果を発表 ベネッセ シニア・介護研究所×パーソル総合研究所の共同研究 介護業界の離職経験者1,600人に対する調査結果を発表介護人材の定着・離職のポイントが明らかに 入社1年を過ぎると、給与も加味した「キャリア支援」が定着のポイント 株式会社ベネッセスタイルケア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 滝山真也)の社内シンクタンク「ベネッセ シニア・介護研究所」と、総合人材サ

2018年9月6日セカンドラボフィードバック数:0社会/政治

外国人介護労働者の採用についての調査結果

検索<外国人介護労働者の採用についての調査結果> 5割以上の事業所が介護記録が書ける高い日本語能力を求めており、制度活用に大きな障壁になっている事が判明セカンドラボ株式会社が運営する、医療・介護業界に特化した求人サイト「コメディカルドットコム」を利用する全国の介護施設を対象に、外国人労働者の採用についてアンケート調査を行った。2025年問題に向け、さらなる人手不足に対応するため、政府による外国人労働者の雇用促進がはかられており、今回のアンケート調査でも6割以上の事業所が外国人労働者の採用に前向き

2017年12月26日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

現役介護職員160名にアンケート調査を実施!97%が「人材不足を感じる」一方で対策は「特にしていない」が4割

現役介護職員160名にアンケート調査を実施!97%が「人材不足を感じる」一方で対策は「特にしていない」が4割2017年11月28日 厚生労働省によると、2025年には介護職員が約253万人必要になるのに対し、供給の見込みは約215万人で、およそ37.7万人もの人材が不足すると報告されています。介護職員は毎年増えているものの、実際に必要とされる人数には追いついていないという現状があります。正確で分かりやすい介護ロボットの情報提供をめざす【介護ロボットONLINE】(https://kaigorob

2014年10月1日リクルート★★フィードバック数:0キャリアとスキル

介護の職業イメージです。

介護サービス業 職業イメージ調査 2014

HELPMAN JAPAN 「介護サービス業 職業イメージ調査 2014」 株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:水谷 智之)が行う、日本の介護サービス業に関わる全ての人を応援するプロジェクト『HELPMAN JAPAN』は、就・転職先としての介護サービス業の職業イメージについて実態を明らかにするために、全国の学生、社会人2,575人を対象に調査を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。▼本件についての詳細はこちらをご

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ