「任天堂」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2022年2月14日アイティメディアフィードバック数:0ライフスタイル

Nintendo Switchの快進撃は続く 初代プレステとWiiの通算販売台数を早くも突破

ゲーム機の最新世代であるソニーの「プレイステーション 5」とMicrosoftの「Xbox Series X」は、入手困難な状態が続いています。2020年11月の発売から14カ月以上たっても、状況は改善されておらず、転売取引の問題も記憶に新しいところですね。 一方、任天堂の「Nintendo Switch」に目を向けると、ビデオゲームの出世街道で追い越し車線を爆走しています。据え置きとモバイルの斬新なハイブリッドスタイルは、2020年3月の新型コロナウイルス感染症のパンデミックを経て、さらに大き

2021年11月15日アイティメディアフィードバック数:0大型消費/投資

Nintendo Switchの販売台数がいよいよWii超えへ 21世紀のゲーム機の歴史に名を刻む2大名機の歩みを振り返る

ビデオゲーム業界において「そのハードウェア大胆過ぎるで賞」なるものがあったとしたら、任天堂(外部リンク/英語)が連勝記録の保持者であることに疑いはないでしょう。 2006年発売、モーションコントロールで大成功を収めた初代「Wii」に続けとばかり、2012年には、後継機である「Wii U」が発売されましたが、こちらは液晶画面を備えたゲームパッドとテレビとの2画面でプレイできる点は画期的だったものの、あえなく5年後に生産終了となりました。Wii Uは期待通りの成功を収められなかったものの、任天堂はめ

2017年12月27日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「金持ち企業」トップ500社

最新!これが「金持ち企業」トップ500社だ1位任天堂、2位信越化学、優良企業が目立つ 今年版のトップはあのマリオの会社(撮影:田所 千代美) 11月も残り2日。12月に入ると一気に年末モードだ。企業にとって12月は従業員への冬のボーナス(賞与、一時金)の支給のほか、取引先への支払いなどがかさむ時期。無事に年が越せるかとヒヤヒヤしている企業経営者や財務・経理担当者もいるだろう。一般家庭もそうだが企業もカネがなければ極端な話は破綻してしまう。そんな企業の財務健全性を示すのがネットキャッシュだ。現

2017年3月9日ニワンゴフィードバック数:0エンタテインメント

「Nintendo Switch」に関するアンケート

「Nintendo Switch」に関するアンケート「Nintendo Switch」を購入したのは何%?購入ソフトはどれ? ネットユーザーへのアンケート結果を発表!このアンケートはniconico×電ファミニコゲーマーによる共同意識調査です。 ※「Nintendo Switch」は任天堂の商標です。 トピックス3月3日(金)21時頃実施した『Nintendo Switch』に関するアンケート調査の速報を公開します。本アンケートに関する詳しい分析は、ぜひ電ファミニコゲーマーによる記事「新作ゼ

2016年1月11日エンターブレイン★★フィードバック数:0デジタル家電

“ファミ通”2015年ゲーム市場規模速報

2015年の国内家庭用ゲーム市場規模速報を発表! ソフト販売本数トップは『モンスターハンタークロス』に “ファミ通”2015年ゲーム市場規模速報 2015年国内ゲーム市場規模は3209.7億円。ソフトランキングのトップは『モンスターハンタークロス』。ニンテンドー3DSが累計販売台数2000万台突破。ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2015年の国内家庭用ゲーム市場について、以下のとおり速報をまとめました。集計期間は2014年12月29日~2015年12月27日です。【市場規模比較】(201

2015年2月8日東洋経済新報社★フィードバック数:0マーケティング

東洋経済による珍しいテーマのランキングです。

「広告宣伝費を削った100社」ランキング

「広告宣伝費を削った100社」ランキング1位パナソニック、2位任天堂…苦戦映す 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 テレビやインターネット、新聞、雑誌といった主要なメディアを中心として、一般消費者の目に届く企業広告。鉄道、バスなど交通機関の車内や駅・停留所のほか折り込みチラシなどでも目にすることが多い。東洋経済オンラインは1月27日、「』を配信したが、今回はその逆を紹介しよう。主要な上場企業のうち、この5年間で広告宣伝費を減らした金額が多い上位100社をランキングした。原則

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ