調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 企業アンケート

「企業アンケート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月17日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東京2020大会における交通輸送円滑化に関する会員企業アンケート調査

東京2020大会における交通輸送円滑化に関する会員企業アンケート調査結果を取りまとめました 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、オリンピック・パラリンピック特別委員会(委員長=中村満義・鹿島建設会長)において、2012年のロンドン大会の際に交通混雑回避に有効であった、テレワークや時差出勤等の取組みや、交通行動の見直しについて、会員企業の現状や協力への意向、課題等を把握するために、標記アンケートを実施し、このたび調査結果がまとまりましたのでお知らせいたします。調査の背景/概要: 東京2020年大会

2018年1月5日日本生産性本部フィードバック数:0ビジネス

第8回 『メンタルヘルスの取り組み』に関する企業アンケート調査

第8回 『メンタルヘルスの取り組み』に関する企業アンケート調査

コーポレートガバナンスに関するアンケート調査 2017年版

コーポレートガバナンスに関するアンケート調査結果2017年版 有限責任監査法人トーマツでは、経済産業省から調査事業の委託を受け、日本企業のガバナンス向上に向けた取組みへの参考に資するために、取締役会の機能向上の取組みなどの実態を把握すべく「コーポレートガバナンスに関するアンケート調査」を実施いたしました。 経済産業省では、我が国の制度や実態を踏まえた取締役会の機能向上を図る場合の考え方や実務について検討を行うため、2016年7月より「CGS研究会(コーポレート・ガバナンス・システム研究会)

障がい者雇用率の引き上げの可能性に関するアンケート調査

障がい者雇用に関する調査・研究・レポート 障がい者雇用率の引き上げの可能性に関するアンケート調査2016.1.19 実施の背景厚生労働省より発表された「平成27年 障害者雇用状況の集計結果」によれば、民間企業における障がい者の実雇用率は1.88%となり、過去最高を更新しました。このように企業の障がい者雇用への取り組みが活発化する中、2018年には改正障害者雇用促進法が施行され、法定雇用率はさらに引き上げられる見込みです。そこで、法定雇用率の引き上げの可能性を各企業がどのように捉え、障がい者雇用

2014年11月14日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業調査です。

第7回 『メンタルヘルスの取り組み』に関する企業アンケート調査

公益財団法人日本生産性本部(理事長:松川昌義)「メンタル・ヘルス研究所」はこの度、「メンタルヘルスの取り組み」に関する企業アンケート調査結果を取りまとめた。本調査は、企業のメンタルヘルスに関する取り組みの実態を分析・解明するために、全国の上場企業 2,424社を対象に2014年6月から8月にかけて実施したものである(有効回答数 250社、回収率10.3%)。今回の調査は2002年から隔年で実施しており2012年に続き、7回目となる。主な結果は以下の通り。●「心の病」の年代別割合は、前回に続き30

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ