「企業割合」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

要員・人件費の生産性に関するベンチマーク調査

要員・人件費の生産性に関するベンチマーク調査企業における間接部門の従業員比率は2012年の調査開始時から約1.19倍となり、生産性向上が引き続き課題。既存業務の効率化と高付加価値業務へのシフトがカギに。 2020年4月9日デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田 高士)は、企業へのアンケート調査をもとに、人事、経理・財務、情報システム(IT)といった間接機能の効率性を分析した調査レポートをまとめた結果、間接機能の拡大が見られ、多くの日本企業が生産性向上の道半ばであることが分か

2015年5月24日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国小企業月次動向調査(2015年4月実績、5月見通し)

ニュースリリース2 0 1 5 年 5 月 2 2 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所全国小企業月次動向調査(2015年4月実績、5月見通し)[概況] 小企業の売上 DI は、マイナス幅が縮小~5 月もマイナス幅が縮小する見通し~」1 売 上2015 年 4 月の売上 DI は、3 月(▲24.2)からマイナス幅が 13.6 ポイント縮小し、▲10.6 となった。5 月は、▲5.5 とマイナス幅がさらに縮小する見通しとなっている。業種別にみると、製造業(▲19.8→▲15.2)、非製造業(▲2

ものづくり現場における若年技能者及び中核的技能者の確保・育成に関する調査

ものづくり現場における若年技能者及び中核的技能者の確保・育成に関する調査 概要高い技術に支えられた「ものづくり」産業はわが国の強みの一つである。今後、わが国が持続的に発展していくためには、「ものづくり」産業において専門的な知識・技術をもった技能者を継続的に育成していくことが必要不可欠である。 機構では、「ものづくり」企業で働く技能者の育成・確保に関する実態を把握するため、2010年度、2011年度の両年度にわたり、調査を実施した。 2010年度は「ものづくり」企業が若手技能者を安定的に採用・

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

ベアってなんだっけ?

よく分かる!経済のツボベアってなんだっけ?経済調査部ベアとは?資料1大塚 崇広ベースアップと定期昇給ベア(ベースアップ)とは、基本給の引き上げのことです。ただし、勤続年数等によって変化する部分(定期昇給)は除かれます。例えば、ある企業で 2013 年の基本給が 25 歳の人で 20 万円、26 歳の人で 21 万円であったとします。2014年になって、基本給が 25 歳の人で 20 万 2,000円、26 歳の人で 21 万 2,000 円に変化しました。この場合、2013 年に 25 歳であっ

2011年9月29日日本経済団体連合会フィードバック数:387キャリアとスキル

新卒採用(2011年3月卒業者)に関するアンケート調査

新卒採用(2011年3月卒業者)に関するアンケート調査結果の概要 2011年9月28日(社)日本経済団体連合会1.調査要領企業の2011年3月大卒等新卒者の採用活動を総括し、 次年度に向けた動向を把握することを目的に1997年度より実施。(社)日本経済団体連合会企業会員のうち1,274社を対象無記名式アンケート(業種・企業規模のみ記入)*製造業 45.0%、非製造業 54.0%*従業員数1000人以上 75.8%、500人以上〜1000人未満 12.8%、500人未満 10.1%(業種・企業規模

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ