「企業収益」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年6月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本6月日銀短観予測 ここから本文です6月日銀短観予測大企業非製造業での業況感の改善が続くサマリー◆7月1日に公表予定の2015年6月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は11%pt(前回調査からの変化幅:▲1pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は22%pt(同:+3pt)を予想する。◆製造業では加工・素材業種を問わず、業況感の小幅な悪化が見込まれる。これまで企業収益の改善に大きく寄与してきた輸出が足踏みしていることが業況判断を押し下げた。製

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

企業収益好調とマイナス成長が並存する理由

企業収益好調とマイナス成長が並存する理由 基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 企業収益好調とマイナス成長が並存する理由企業収益好調とマイナス成長が並存する理由基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本経済は消

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/4/22~5/22発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(4/22~5/22発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(4/22~5/22発表統計分)サマリー◆2015年3月の企業関連の指標は、春節の影響もあった先月から持ち直しの兆しが見られる内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲0.8%と2ヶ月連続で低下したものの、前月時点での予測調査(同▲1.4%)に比べれば上振れし、ヘッドラインはおおむねポジティブな内容だった。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+2.5%と2ヶ月ぶりの増加となった

No.157 『日本株式』~企業収益が株価押上げ要因に~

No.157 『日本株式』~企業収益が株価押上げ要因に~

マイナス成長下でも企業収益が好調を維持する理由

マイナス成長下でも企業収益が好調を維持する理由 | ニッセイ基礎研究所 マイナス成長下でも企業収益が好調を維持する理由 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本経済は消費税率引き上げをきっかけとして大きく落ち込み、2014年度の実質GDPはマイナス成長が確実となっている。一方、企業収益は増加を続けており、2014年度はマイナス成

2015年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本3月日銀短観予測 ここから本文です3月日銀短観予測製造業では素材・加工業種を問わず業況判断が改善サマリー◆4月1日に公表予定の2015年3月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は14%pt(前回調査からの変化幅:+2%pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は16%pt(同:0%pt)を予想する。◆業況判断DI(先行き)は原油安のメリットが一層浸透することで幅広い業種で改善へ向かうとみている。燃料費調整制度によって電気料金が一層低下する見込み

2015年3月16日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

原油安の影響です。

原油安の波及経路とインパクト

トップレポート・コラム経済分析日本原油安の波及経路とインパクト ここから本文です原油安の波及経路とインパクト原油安は日本経済にとって大きなメリット、景気拡大の追い風にサマリー◆足下で原油価格は反転の兆しが見られているものの、2014年夏までの水準に比べるとなおも低い水準で推移しており、原油価格の低下が経済を押し上げる効果に対する期待感は大きい。そこで、本稿では既往の原油安が経済に及ぼす経路を確認した上で、日本経済にどの程度の影響を与えるかを検証する。◆原油価格の下落は消費者物価を押し下げ、家計の

2015年2月12日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

大きなトピックの影響を見ています。

円安・原油安・法人税改正・消費税増税延期が日本経済に与える影響を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円安・原油安・法人税改正・消費税増税延期が日本経済に与える影響を検証する論点整理と影響試算 ◆2015年2月3日、大和総研では「日本経済中期予測(2015年2月)―デフレ脱却と財政再建、時間との戦い―」を発表した。本予測に当たっては、日本経済を大きく左右する四つの環境変化を織り込んでいる。それらは大幅な円安の進行、原油価格の大幅な下落、法人税制の見直し、そして消費税増税の延期である。本稿ではこれらの変

2015年1月15日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

原油価格下落の影響です。

原油価格下落がわが国経済に与える影響-所得流出減少の大部分は企業収益の拡大として顕在化する可能性

原油価格下落がわが国経済に与える影響-所得流出減少の大部分は企業収益の拡大として顕在化する可能性

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年9月日銀短観予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月日銀短観予測製造業、非製造業とも業況判断は悪化を見込む 2014年9月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆10月1日に公表予定の2014年9月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は10%pt(前回調査からの変化幅:▲2pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は16%pt(同:▲3pt)を予想する。製造業、非製造業ともに消費税率引き上げの影響

2014年6月3日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:企業収益・投資はさほど懸念無し、焦点は家計への波及

BTMU Focus USA Weekly:企業収益・投資はさほど懸念無し、焦点は家計への波及

2014年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/1/23~2/18発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(1/23~2/18発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(1/23~2/18発表統計分)サマリー◆2013年12月の企業関連の指標は改善が継続しているものの、一部で弱い動きが見られた。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+0.9%と2ヶ月ぶりの上昇となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は前月比▲1.2%と、3ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比▲15.7%と3ヶ月ぶりに減少した。企業関

2014年1月27日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金についてのレポートです。

本当に賃金は上がるのか?

トップレポート・コラム経済分析日本本当に賃金は上がるのか? ここから本文です本当に賃金は上がるのか?収益が好調な製造業での上昇に期待サマリー◆安倍政権による後押しもあり、賃上げの議論が高まっている。経団連が6年ぶりのベアを容認するといった動きもみられるが、最終的な賃上げ動向は個別企業の判断に委ねられることになる。今後の賃上げ動向を見通すため、賃金上昇を取り巻く各産業の環境を概観する。◆アンケート調査によると、企業が賃上げに際して最も重視しているのは、圧倒的に企業収益動向である。ただし、過去の関係

2013年11月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

持続可能な賃上げの条件

トップレポート・コラムコラム持続可能な賃上げの条件 ここから本文です持続可能な賃上げの条件賃上げムードが広がっている。政府、労働者、経営者で構成される「経済の好循環実現に向けた政労使会議」では、日立製作所の川村会長やトヨタ自動車の豊田社長がベースアップに対して前向きな姿勢を示した。好業績を受けて、ベースアップを決定した企業もある。まさに安倍政権の要請通りの動きであるが、重要なのはこの賃上げムードが来年以降も継続することである。一年だけ賃金が上昇しても、来年以降低下に転じてしまっては、好循環は達成

2013年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2013/5/21~6/18発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(5/21~6/18発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(5/21~6/18発表統計分)サマリー◆2013年4月の企業関連の指標は、企業部門の改善基調が継続していることを確認する内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+0.9%と、3ヶ月連続の上昇となった。輸出金額は前年比+3.8%と、2ヶ月連続の増加、季節調整値で見ても、前月比+0.0%と6ヶ月連続で増加となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比▲8.

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

3月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本3月日銀短観予測 ここから本文です3月日銀短観予測業況判断DIは幅広い業種で大幅な改善を予想サマリー◆4月1日に公表予定の2013年3月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は▲7%pt(前回調査からの変化幅:+5%pt)と大幅な改善を予想する。前回調査以降ドル円レートは10円以上円安に振れており、企業収益も改善が見込まれている。鉱工業生産指数を見ても2012年11月を底に上昇に転じており、今後も上昇が予測されていることなどから、幅広い業種で業況

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ