「企業志向」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月17日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業選択についての意識調査です。

2016年卒マイナビ大学生就職意識調査

「2016年卒マイナビ大学生就職意識調査」を発表 大手企業志向は減少に転じ、前年比2.0pt減の42.9%。「海外勤務はしたくない」が前年より増加の54.3%で、過半数の学生が消極的株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2016年卒業予定の学生を対象とした「2016年卒マイナビ大学生就職意識調査」の結果を発表しました。本調査は、学生の就職意識や就職活動全体の動向を把握することを目的に、1979年以来、毎年実施しています。(回答数:12,526名、調査対象:2016

2014年7月29日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年卒のまとめです。

2014年度 就職戦線総括

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択景況感改善から人材の不足感が強まり、企業の採用意欲はすべての業界で上昇。 学生の活動も前倒しで進み内々定率は改善。しかし次年度の活動時期変更への課題は残る。株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2015年春卒業予定学生を対象とする、企業の採用状況と学生の就職活動状況、内定状況、今後の見通しなどをまとめた「2014年度 就職戦線総括」を発表しました。概要

2013年2月9日プレジデント社★フィードバック数:52ライフスタイル

お得度が高いのは「小樽商科大学」とのことです。

偏差値ではわからないお値打ち学校

偏差値上位校の学生ほど有名、有力企業に就職したがるのは昔も今も変わらない。有名、有力企業の証しはなんといっても手厚い福利厚生と高い報酬にある。入学偏差値の割には就職偏差値が最も高かったのが小樽商科大学だ。北海道の国立大学といえば北海道大学は誰もが知っているが、意外に小樽商大は知られていない。じつは企業への就職では名門中の名門だ。前身の旧制小樽高等商業学校以来、財閥系企業に数多く就職し、今でも人気は高い。大手総合商社の人事部長は「最近でこそ採用は少なくなったが、レベル的には旧高商の一橋大学と同じと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ