「伝統的」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年7月29日Living Technologiesフィードバック数:0ライフスタイル

自宅での涼の取り方

【調査】電化製品を使わずに“涼を取る”ことがある47.1%! 電化製品を使わずに“涼を取る”ことがある47.1%!「打ち水」「風鈴」など五感を使って涼む伝統的な方法も人気!リビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川合 大無、証券コード:4445)は、「リビンマッチ」を利用した30歳以上の男女全国204人を対象に「自宅での涼の取り方」について調査しました。・ポイント1 47.1%がエアコンや扇風機を使わずに“涼を取っている”!・ポイント2 “涼の取り方”トップは「窓を開

2018年10月4日コズレフィードバック数:0社会/政治

年賀状に関する調査

子育て世代の年賀状事情は?伝統的コミュニケーションにはSNSに負けない根強いニーズ!?【はじめに】子どもが生まれた後、子育て世代による年賀状送付の実態に変化はあるのだろうか。SNSで日常的にお互いの近況を知ることができる現在のママパパたちにとって、年賀状への意欲はどのように変化するのか(しないのか)。また、子どもがいない層との差がそこにはあるのだろうか。そこで、本レポートでは「年賀状」に関し調査を行った。【調査】弊社コズレ子育てマーケティング研究所では、2018年8月28日から2018年9月3日

2014年12月23日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

2014年11月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

海外主要中央銀行による非伝統的手段による金融政策運営と課題

海外主要中央銀行による非伝統的手段による金融政策運営と課題

2014年7月6日財務省フィードバック数:0社会/政治

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

2014年4月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致

4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致 | ニッセイ基礎研究所 4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が3日に4月の政策理事会を開催した。今回は具体的な行動は見送ったが、「低インフレ超

伝統的な広告は 車を買う人にとって信頼できる情報源。(アメリカ)

WHAT'S NEW伝統的な広告手法(テレビ・新聞・雑誌等)は 車を買う人にとって信頼できる情報源。 一方、ソーシャルメディア等の消費者主導型コンテンツに影響される人は7%程度- 車を買いたいアメリカの消費者約1,000名に聞いた -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、近々新車の購入を検討している人たちが、情報収集から実際の購入までにどのような行動を取るのかをアメリカや中国で調査し、その結果を分析しています。昨年7月から10月にかけてグルー

2014年1月20日マイナビフィードバック数:0ライフスタイル

京都府の人たちは実は洋風好き!? 結婚式よりも葬儀を重んじる傾向も

連載 京都府の人たちは実は洋風好き!? 結婚式よりも葬儀を重んじる傾向も 古い町並みと伝統文化の薫り高い京都府。京都府の人は、さぞ日本風な生活をしているのかと統計をひもといてみると、そう単純な話でもないようです。「革新と伝統」で京都府を分析例えば革新生活の代名詞でもあるパン。このパンの消費量1位は、何と京都府で年間6.2kg(全国平均4.5kg。家計調査 2007~2009平均値)。ギョウザ消費量やコロッケ消費量も2位と、伝統的とは少しイメージが違う食べ物の消費量が少なくありません。もちろん伝統

2013年12月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム つけもの(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへつけものが好きな人は7割強で、高年代層で多い傾向。好きなつけもの・漬け方は「浅漬け」「たくあん」「キムチ」「塩漬け」「梅干」の順で多い。つけもののイメージは「庶民的」「伝統的」が各6割前後、「親しみやすい」「健康によい」「大人向け」などが各2〜4割で上位 つけものを食べる頻度は「週に2〜3日程度」がボリュームゾーン。2005年調査より食べる頻度が低い傾向。東北や中部では、他の地域より頻度が高い つけものを食べる人のうち「市販のつけものを購入

2013年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

やはりECBの真意は時間稼ぎだった ~当面は政策金利も非伝統的措置も様子見継続の方針~

やはりECBの真意は時間稼ぎだった ~当面は政策金利も非伝統的措置も様子見継続の方針~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ