「住宅建設」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長率鈍化は一時的

トップレポート・コラム経済分析米国成長率鈍化は一時的 ここから本文です成長率鈍化は一時的2014年1-3月期実質GDP成長率は前期比年率0.1%増サマリー◆2014年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率0.1%増と辛うじてプラス成長を維持した。悪天候などによるかく乱が生じたが、中には明るい動きも見られる。今後の米国経済は緩やかな成長軌道に復するだろう。◆個人消費は意外にも高成長を維持した。オバマケアや暖房需要など特殊要因による押し上げとみられる部分もあるため割り引いてみる必要があるが、雇用・

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカンドリームを表す住宅市場

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!アメリカンドリームを表す住宅市場 ここから本文ですアメリカンドリームを表す住宅市場アメリカ経済を知る! 第4回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリーアメリカンドリームとは何でしょう?アメリカでは、住宅を所有することもアメリカンドリームの一つと言われてきました。人々にとって住宅は一生で最も高額な買い物であり、最大の財産になり得ます。アメリカ経済においては、2012年の実質GDPに占める住宅投資の割合が3%程度と

米5月住宅着工は年率91.4万戸~住宅市場指数の急上昇が回復期待を高める

米5月住宅着工は年率91.4万戸~住宅市場指数の急上昇が回復期待を高める | ニッセイ基礎研究所 米5月住宅着工は年率91.4万戸~住宅市場指数の急上昇が回復期待を高める 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 住宅市場の回復期待は強いが、5月住宅着工は年率91.4万戸と市場予想を下回った。借家需要を背景にした集合住宅の回復が急な半面、一戸建て住宅が伸び悩ん

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ