「価格上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年3月5日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

【アットホーム調査】首都圏の新築戸建・中古マンション価格(2019年1年間)

【アットホーム調査】首都圏の新築戸建・中古マンション価格(2019年1年間) 新築戸建の首都圏平均成約価格は3,546万円/戸、前年比2.0%上昇し7年連続でプラス。中古マンションの首都圏平均成約価格は2,699万円/戸、前年比2.8%下落し2年連続でマイナス。 不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:鶴森 康史)の不動産情報ネットワークに登録され成約した、首都圏(1都3県)における、2019年1年間の新築戸建・中古マンションの成約価格についてお知らせします

なぜ人気?港区のタワーマンションの価格上昇率が高い!

なぜ人気?港区のタワーマンションの価格上昇率が高い!東京オリンピックも2年後にせまり、競技場建設なども着々と進んできています。そんな中、首都圏の新築マンション価格は高価格を推移しており、それにつられて中古マンションも高価格になっています。また、タワーマンション価格も高い水準であり、その中でも港区のタワーマンション価格の2017年上昇率は非常に高かったです。その最も大きな理由は、港区周辺で進められている再開発によるものでしょう。今回マンションサプリでは、港区内のタワーマンション価格(㎡単価)が、2

2017年に一番上昇したエリアは?東京23区価格上昇率ランキング!

2017年に一番上昇したエリアは?東京23区価格上昇率ランキング!2017年のマンション価格は、どこの区が一番変動したのでしょうか?マンションの購入を検討している方は、自分の購入するエリアのマンション価格がどのくらい変動したのか気になるものです。また、エリアが決まっていない方も、エリアごとにマンション価格はどうなっているのか気になる人が多いです。そこで、今回マンションサプリでは、東京23区内のマンション価格(㎡単価)が2017年でどのくらい変動したかを調べました。調査概要※対象駅は東京23区内を

投資用一棟マンション、2 カ月連続価格上昇

投資用一棟マンション、2 カ月連続価格上昇

2017年8月2日エステートタイムズフィードバック数:0大型消費/投資

2017年上期の不動産競売統計(期間入札)

不動産競売物件、高い落札率が続き都区内は全物件が買受 ~エス... 不動産競売物件、高い落札率が続き都区内は全物件が買受~エステートタイムズが 2017年上期の1都3県不動産競売統計を発表~ 首都圏エリアの不動産競売情報を扱う株式会社エステートタイムズ(所在地:東京都豊島区、代表:阿南 順也)は、2017年上期の不動産競売統計(期間入札)を発表します。2017年上期 不動産競売物件動向■概況関東エリア1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の不動産競売物件は、高い落札率と落札価格が続い

港区タワーマンションの価格上昇率ランキングベスト10

[マンションマーケット] ,ランキング 港区 中古マンション 相場 マンションマーケット

2016年1月11日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

全国投資用不動産 市場動向レポート2015

「全国投資用不動産市場動向レポート2015」を公開全国の投資用不動産のマーケット状況を把握するために、健美家に登録された物件とメールで問い合わせのあった物件の市場動向を定期的に調査しております。 「 全国投資用不動産 市場動向レポート2015 」を公開しました。 健美家株式会社 ( 本社・東京都港区、代表・倉内 敬一 ) が運営する不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家 ( けんびや ) 」 (月間ページビュー 1,400万、掲載件数約3万4,000件 ) では、全国の投資用不動産のマー

2015年4月2日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年の電源構成 過大な省エネは国民負担

2030年の電源構成 過大な省エネは国民負担米国に比べて2倍以上の電力価格負担を強いられている日本の消費者が、さらに価格上昇を受け入れる余地はあるのだろうか。福島原発事故を受け、稼働を止めた原発を補うため化石燃料依存度は88%に達し、電力価格は現在までに35%上昇している。経済産業省は長期エネルギー需給見通し小委員会を設置し、2030年における電源構成について検討している。需給見通しには電力価格上昇の抑制は当然に織り込まれると思われるかもしれない。しかし、過去の政府試算では電力価格上昇はきわめて

2015年1月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月貿易統計 ここから本文です12月貿易統計原油価格下落で貿易赤字は大きく縮小サマリー◆2014年12月の貿易統計では、輸出金額は前年比+12.9%と4ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+11.2%)を上回った。円安が進んだことを主因に輸出価格は同+8.7%と大幅に上昇したことに加えて、輸出数量が同+3.9%と2ヶ月ぶりに前年を上回ったことが輸出金額を押し上げた。季節調整値で見た輸出金額は前月比+2.0%と7ヶ月連続の増加となっており、輸出金額は円安進

2014年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年11月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本11月貿易統計 ここから本文です11月貿易統計円安が輸出入金額を押し上げサマリー◆2014年11月の貿易統計では、輸出金額は前年比+4.9%と3ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+7.0%)を下回る結果となった。円安が進んだことで輸出価格は同+6.7%と上昇幅が前月(同+4.6%)から拡大した。一方、輸出数量が同▲1.7%と3ヶ月ぶりの前年割れとなったことから、輸出金額の増加率は前月より縮小した。ただし、季節調整値で見た輸出金額は前月比+0.3%

2014年11月26日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

東京商工リサーチの調査です。

「円安に関する緊急アンケート」調査

公開日付:2014.11.26 円安が急速に進行するなか、円安による影響が「ある」とアンケート回答した企業は約8割にのぼった。このうち「仕入価格の上昇」などマイナスの影響をあげる回答が全体の48.4%を占め、円安の影響分について価格転嫁ができていない企業が多いことがわかった。また、円安に対する対策では、「特に対策を講じていない」との回答が最も多く、危機感を募らせながらも、急激な円安の進行に対して為す術がない、企業の厳しい実態が浮き彫りになった。本調査は、2014年10月10日~10月21日の期間

2014年9月19日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ライフスタイル

食品産業の景況です。

平成26年上半期食品産業動向調査

ニュースリリース平 成 26 年 9 月 19 日食品産業:景況株 式 会社 日 本 政 策 金 融 公 庫keikyou食品産業景況感は経常利益増でさらに改善~仕入価格の上昇懸念があるものの先行きも改善見通し~<日本公庫・平成26年上半期食品産業動向調査>日本政策金融公庫(略称:日本公庫)農林水産事業が 7 月に実施した平成 26 年上半期食品産業動向調査で、食品産業の景況感を示す景況DIは、経常利益DIの上昇などで前回(25 年下半期)調査より 0.9 ポイント上昇し▲2.9 まで改善しまし

2014年8月31日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、2014年7月の消費者価格指数を公表

米国農務省経済調査局(USDA/ERS)は8月25日、2014年7月の食品の消費者物価指数(CPI)および2014年の見通しについて公表した。これによると、2014年7月のCPIは、前年同月比2.5%の上昇となった。この上昇要因として、USDA/ERSは主に食肉(牛肉、豚肉、鶏肉)の小売価格上昇などが影響したとしている。同月のCPIを食品別に見ると、加工果物(同0.4%安)、砂糖(同1.8%安)などが前年同月を下回ったものの、特に牛肉(同10.4%高)、豚肉(同10.9%高)で上昇が目立つ結果と

【2014年5月米住宅価格】ケース・シラー指数が下落へ

【5月米住宅価格】ケース・シラー指数が下落へ | ニッセイ基礎研究所 【5月米住宅価格】ケース・シラー指数が下落へ 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:ケース・シラー指数が前月比マイナスに転じる7月29日にS&Pが発表した5月のケース・シラー住宅価格指数(20都市総合、以下ケース・シラー指数)は、原系列の前年同月比で

2014年7月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本6月全国消費者物価 ここから本文です6月全国消費者物価エネルギー価格のプラス寄与が縮小サマリー◆2014年6月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+3.3%と、市場コンセンサス(同+3.3%)通りの内容となった。消費税率引き上げを受けて、大幅な上昇が続いている。6月全国コアCPIの消費税を除くベースの数値を試算すると、前年比+1.3%と前月(同+1.4%)から上昇幅が縮小しているが、エネルギーの寄与が縮小したことが主な要因である。◆7月東京コアC

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2014年7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く

金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (短観) 7月2日に2回目となる日銀短観「企業の物価見通し」が公表された。物価全般の見通しは前回調査から殆ど変化がなかったが、自社販売価格の見

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の不動産価格上昇率鈍化の背景について

中国の不動産価格上昇率鈍化の背景について

消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁

消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年4月)~消費税率引き上げ分を上回る価格転嫁 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費税率引き上げ分以上に上昇幅が拡大・約6割の品目が100%以上の価格転嫁率に・コアCPI上昇率は夏場以降鈍化へ総務省が5月30日に公表

2014年5月18日電力中央研究所フィードバック数:0社会/政治

短期マクロ経済=産業連関システムの構築―燃料価格上昇が日本経済・産業に与える影響の感度分析―

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注

2014年4月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月東京消費者物価、3月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本4月東京消費者物価、3月全国消費者物価 ここから本文です4月東京消費者物価、3月全国消費者物価税率引き上げ分は順調に転嫁が進むサマリー◆2014年4月の東京都区部(除く生鮮食品、以下コアCPI)(中旬速報値)は前年比+2.7%と、消費税率引き上げを反映して大幅な上昇となった。ただし、3月の東京のコアCPIが同+1.0%であったこと、消費税率引き上げによる価格上昇分がそのまま転嫁された場合、約+1.7%ptコアCPIが上振れする計算となることを考慮すると、今回の数

2014年3月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年2月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本2月消費者物価 ここから本文です2月消費者物価エネルギーの物価押し上げ圧力が弱まる一方で、価格上昇に広がりが見られるサマリー◆2014年2月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+1.3%と、市場コンセンサス(同+1.3%)通りの結果となり、上昇幅も前月と変わらなかった。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)は前年比+0.8%と、上昇幅が前月から拡大した。◆2014年3月の東京都区部コア

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本1月消費者物価 ここから本文です1月消費者物価前年比+1.3%と1%台前半の推移が続く。耐久財では白物家電も上昇サマリー◆2014年1月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+1.3%と、市場コンセンサス(同+1.3%)通りの結果となり、上昇幅も前月と変わらなかった。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)は前年比+0.7%と、こちらも前月と同じ上昇幅であった。◆2014年2月の東京都区部

消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く

消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年1月)~コアCPIは1%台前半の伸びが続く 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは3ヵ月連続で1%台の伸び・物価上昇の裾野がさらに広がる・消費税率引き上げ後のコアCPI上昇率は3%台前半へ総務省が2月28日

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本12月消費者物価 ここから本文です12月消費者物価コアCPIは前年比+1.3%と上昇幅が拡大、食料品価格上昇の影響が大きいサマリー◆2013年12月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+1.3%と、市場コンセンサス(同+1.2%)を上回り、上昇幅は前月から拡大した。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)は前年比+0.7%と、こちらも上昇幅が前月から拡大している。加工食品や調味料類の価格

消費者物価(全国13年12月)~物価上昇品目の割合が4年7ヵ月ぶりに50%を上回る

消費者物価(全国13年12月)~物価上昇品目の割合が4年7ヵ月ぶりに50%を上回る | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年12月)~物価上昇品目の割合が4年7ヵ月ぶりに50%を上回る 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは2ヵ月連続で1%台の伸び・物価上昇品目の割合が4年7ヵ月ぶりに50%を上回る・コアCPI

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年11月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本11月消費者物価 ここから本文です11月消費者物価コアCPIは前年比+1.2%、今後も前年比+1%を上回る推移が続く見込みサマリー◆2013年11月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+1.2%と、市場コンセンサス(同+1.1%)を上回った。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)が前年比+0.6%と、市場コンセンサス(同+0.5%)を上回ったことが、コアCPIが市場予想から上振れした要

中国経済:最近の住宅価格の動き-11月は北京で上昇率が鈍化、温州は引続き下落

中国経済:最近の住宅価格の動き-11月は北京で上昇率が鈍化、温州は引続き下落 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:最近の住宅価格の動き-11月は北京で上昇率が鈍化、温州は引続き下落 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 12月18日に中国国家統計局は11月の住宅販売価格変動状況を発表した。2010年を基準とした指数は、11月も前

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本10月消費者物価 ここから本文です10月消費者物価コアコアCPIが前年比+0.3%とプラス転換。耐久財価格の一部も上昇サマリー◆2013年10月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+0.9%と、市場コンセンサス(同+0.9%)通りの結果となった。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)が前年比+0.3%と、プラス圏へ浮上したことが、コアCPIの上昇幅が前月から拡大した要因である。◆201

2013年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

再び水面下に沈んだ米住宅需要のこれから

トップレポート・コラム経済分析米国再び水面下に沈んだ米住宅需要のこれから ここから本文です再び水面下に沈んだ米住宅需要のこれから供給増により住宅市場は緩やかな回復軌道に復する見込みサマリー◆FRBの融資担当者調査によれば、足下の住宅ローン需要の低下が見られた。新築・中古住宅販売の増勢にも陰りが見られ、住宅市場の腰折れが懸念する見方もある。◆住宅取得可能指数は住宅ローン金利や住宅価格の上昇によって低下している。特に、家計所得の増加ペースが伸び悩む中、住宅価格の上昇ペースが速すぎることが、住宅需要を

市場サイクルから読み取る不動産投資市場の見通し

市場サイクルから読み取る不動産投資市場の見通し2013年11月05日 投資調査第2部 主任研究員 室 剛朗 リーマンショック後から減少を続けてきた不動産取引件数は2012年に入り、回復に転じている。安倍政権の政策により投資資金の流入が加速しているものの、賃貸市場の回復は緩やかな状況にとどまっている。政策主導の不動産市場の回復に対する疑心暗鬼とリーマンショックの記憶が残る状況下で、不動産投資市場の見通しを立てることは極めて難しくなってきていると言える。不動産投資市場の見通しが必要とされる中で、不動

2013年10月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本9月消費者物価 ここから本文です9月消費者物価コアコアCPIは2008年12月以来のマイナス脱却サマリー◆2013年9月の全国CPI(除く生鮮食品)は前年比+0.7%と、市場コンセンサス(同+0.7%)通りの結果となった。上昇幅は前月から縮小したが、これはエネルギーの寄与(コアCPIに対する寄与度、8月:同+0.81%pt→9月:同+0.67%pt)が縮小したことが主な要因。前年の裏の影響で「灯油」、「ガソリン」の上昇幅が前月から縮小した。◆市況要因を除いた物価

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:年間政府目標7.5%成長を達成へ

トップレポート・コラム経済分析中国中国:年間政府目標7.5%成長を達成へ ここから本文です中国:年間政府目標7.5%成長を達成へ三中全会での所得環境改善につながる構造改革の方針に注目サマリー◆国家統計局によると2013年7月~9月の中国の実質GDP成長率は前年同期比7.8%と、3四半期ぶりの成長加速となった。1月~9月は同7.7%成長であり、年間政府目標7.5%の達成の可能性が高まった。◆1月~9月の固定資産投資は、前年同月比20.2%増と1月~6月の同20.1%増からほぼ横ばいであった。東西格

中国経済:最近の住宅価格の動き ~8月は再びスピードアップし最高値更新、中国政府は容認するのか、それとも対策を講じるか?

中国経済:最近の住宅価格の動き ~8月は再びスピードアップし最高値更新、中国政府は容認するのか、それとも対策を講じるか? | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経済 > 中国経済 > 中国経済:最近の住宅価格の動き ~8月は再びスピードアップし最高値更新、中国政府は容認するのか、それとも対策を講じるか?中国経済:最近の住宅価格の動き ~8月は再びスピードアップし最高値更新、中国政府は容認するのか、それとも対策を講じるか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 R

米6月住宅価格は前年比12.1%と堅調も、金利上昇が伸びを減じた可能性

米6月住宅価格は前年比12.1%と堅調も、金利上昇が伸びを減じた可能性 | ニッセイ基礎研究所 米6月住宅価格は前年比12.1%と堅調も、金利上昇が伸びを減じた可能性 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月ケース・シラー20都市指数は、季節調整後で前月比0.9%と17ヵ月連続で上昇、前年比では12.1%の高い伸びとなった。一方、6月FHFA月例指数は前

2013年7月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

円安による物価上昇と家計の不満

トップレポート・コラムコラム円安による物価上昇と家計の不満 ここから本文です円安による物価上昇と家計の不満日銀が2%の物価目標政策を採用し、その達成手段として「量的・質的金融緩和」を導入して以来、物価動向に対する注目度は以前より大きく高まっている。そのような中、消費者物価指数(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、2013年5月には前年比0.0%となり、7ヶ月ぶりにマイナスから脱した。また、6月の東京都区部のコアCPIは、前年比+0.2%と2ヶ月連続で上昇しており、物価上昇に向けた動きが見られている

米4月住宅価格は前年比12.1%と7年ぶり高率~今後は金利上昇の影響を注視へ

米4月住宅価格は前年比12.1%と7年ぶり高率~今後は金利上昇の影響を注視へ | ニッセイ基礎研究所 米4月住宅価格は前年比12.1%と7年ぶり高率~今後は金利上昇の影響を注視へ 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4月ケース・シラー20都市指数は、季節調整後で前月比1.7%と15ヵ月連続で上昇、前年比では12.1%と7年ぶりの高い伸びとなった。一方、4

米3月住宅価格は前年比10.9% ~約7年ぶりの高い伸びに

米3月住宅価格は前年比10.9% ~約7年ぶりの高い伸びに | ニッセイ基礎研究所 米3月住宅価格は前年比10.9% ~約7年ぶりの高い伸びに 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月ケース・シラー20都市指数は、季節調整後で前月比1.1%と12ヵ月連続で上昇、前年比では10.9%と7年ぶりに二桁の伸びとなった。一方、3月FHFA月例指数は前月比1.3%

2013年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

米2月住宅価格は続伸~前年比9.3%と約7年ぶりの上昇率に

米2月住宅価格は続伸~前年比9.3%と約7年ぶりの上昇率に | ニッセイ基礎研究所 米2月住宅価格は続伸~前年比9.3%と約7年ぶりの上昇率に 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2月ケース・シラー20都市指数は、季節調整後で前月比1.2%と13ヵ月連続で上昇、前年比でも9.3%と伸びを高めた。前年比の伸び率は約7年ぶりの高水準となる。一方、2月FHFA

2013年4月23日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

中国:不動産価格抑制策の本音と建て前

トップレポート・コラム経済分析中国中国:不動産価格抑制策の本音と建て前 ここから本文です中国:不動産価格抑制策の本音と建て前本音では商品住宅中心の適度で持続的な価格上昇を期待サマリー◆2013年3月1日付けの不動産価格抑制策(国5条細則)では、各都市に新築商品住宅1価格の抑制目標を設定し、3月末までに発表することを求めた。結果は、35都市のうち33都市が、住宅価格の上昇率が都市一人当たり可処分所得の実質伸び率を下回ることを目標として掲げた。2012年の都市一人当たり可処分所得の実質伸び率は前年比

2013年4月2日大和総研フィードバック数:6社会/政治

注目されない輸出価格の上昇

トップレポート・コラムコラム注目されない輸出価格の上昇 ここから本文です注目されない輸出価格の上昇昨年末以降の円安の進展にもかかわらず、輸出数量は依然緩やかな減少が続いている。しかし一方で、輸出金額は昨年10月を底に持ち直しており、それは取りも直さず、輸出価格が大幅に上昇しているためである。景気を考える上では実質ベースの動きが重視され、輸出価格への注目度はそれほど高くないが、足下の円建て輸出価格の動向を見てみると、急激な円安を背景に、実は過去最高水準まで上昇している。円安によって国内における相対

米1月住宅価格が続伸~前年比8.1%と6年半ぶりの上昇率に

米1月住宅価格が続伸~前年比8.1%と6年半ぶりの上昇率に | ニッセイ基礎研究所 米1月住宅価格が続伸~前年比8.1%と6年半ぶりの上昇率に 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月ケース・シラー20都市指数は、季節調整後では前月比1.0%と12ヵ月連続で上昇、前年比でも8.1%と伸びを高めた。一方、1月FHFA月例指数は前月比0.6%、前年比6.5%

2013年3月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米住宅市場の現状と3つの注目点~住宅価格上昇でバランスシート調整にも進展~

米住宅市場の現状と3つの注目点~住宅価格上昇でバランスシート調整にも進展~

米12月住宅価格は上昇持続~前年比6.8%と6年ぶりの上昇率

米12月住宅価格は上昇持続~前年比6.8%と6年ぶりの上昇率 | ニッセイ基礎研究所 米12月住宅価格は上昇持続~前年比6.8%と6年ぶりの上昇率 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年12月のケース・シラー20都市指数は、季節調整後では前月比0.9%と11ヵ月連続で上昇、前年比でも6.8%と伸びを高めた。一方、12月FHFA月例指数は前月比0.6%、

2008年7月7日ネットエイジアフィードバック数:0ライフスタイル

食品価格上昇による生活者意識と消費変化

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2008年07月01日 食品価格上昇による生活者意識と消費変化〜生活費圧迫実感7割、イメージより価格と安全「現実派」が急増〜ネットエイジアリサーチ食品価格上昇による生活者意識と消費変化〜生活費圧迫実感7割、イメージより価格と安全「現実派」が急増〜モバイルリサーチ()を展開するネットエイジア株式会社()(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「食

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ