「先行き」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月24日第一生命保険★★フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(2017年10月) ~現状、先行きともに高水準~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2017年10月25日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(9月・年度上半期)

公開日付:2017.10.10 9月の外国為替市況は、8日の外国為替市場で一時1ドル=107円台になり、2016年11月以来10カ月ぶりの円高・ドル安水準をつけた。米国本土への相次ぐハリケーン上陸などによる米国経済の先行き不透明感の強まりと、北朝鮮が建国記念日を控えて新たな挑発行動に出るとの警戒もあって円買いが促進された。しかしそれ以降は、当面は米朝の軍事衝突が避けられるとの見方から、じりじりと円安に振れ、27日は一時1ドル=113円台になり2カ月半ぶりの円安・ドル高水準になった。こうしたなか、

ニッセイ景況アンケート調査結果-2016年度調査

ニッセイ景況アンケート調査結果-2016年度調査 | ニッセイ基礎研究所 ニッセイ景況アンケート調査結果-2016年度調査 保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 村松 容子岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ◆企業の景況感は3期ぶりに悪化、先行きも悪化を見込む◆従業員の健康保持・増進に対する関心は1年半前と比べて上昇。規模の小さい企業へ

2016年8月4日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2016年8月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[来月の消費予報・8月](消費意欲指数)消費意欲指数は、8月としては過去最低値で初めて50点割れ。「8月は暑いから出かけたくない」という声が大幅増加。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。 8月の消費意欲指数は49.5点。前月比-0.1ポイントで横ばい。前年同月比は-0.8ポイントで、8月と

2016年4月4日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年1~3月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年1~3月期 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2016年2月19日から3月1日まで、対象は東京23区の中小企業2,437社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は835社(回答率34.3%)。今回は、付帯調査として「採用の動向について」を併せて実施しております。【 東京(中小企業)の景況は横ばい。先行きも慎重な見通し。 】 〇「業況DI

2016年3月1日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:0社会/政治

ニッセイ景況アンケート調査結果-2015年度下期調査

ニッセイ景況アンケート調査結果-2015年度下期調査 | ニッセイ基礎研究所 ニッセイ景況アンケート調査結果-2015年度下期調査 客員研究員 櫨(はじ) 浩一岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ◆景況感は小幅改善、海外経済の減速懸念などから先行きは悪化。雇用拡大意欲は根強い◆若手・中堅の人材不足が顕著。製造業では専門人材不足、非製造業では顧客サービス低下

2015年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観6月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が15と前回3月調査比で3ポイ

2015年6月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年5月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本5月鉱工業生産 ここから本文です5月鉱工業生産輸出停滞と在庫調整を背景にソフトパッチ継続サマリー◆2015年5月の生産指数は前月比▲2.2%となり、前月時点での予測調査(同+0.5%)に反して2ヶ月ぶりの低下となった。市場コンセンサス(同▲0.8%)対比でも大きく下振れており、ネガティブな内容である。◆今回の結果は、2014年8月を底として続いてきた緩やかな回復基調が、一旦踊り場局面に転じたことを確認させる内容であった。背景には直近の輸出の停滞と在庫調整があると

2015年6月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国のインフラ投資は加速するか~資金不足問題への対応が進むも、残る先行き不安~

中国のインフラ投資は加速するか~資金不足問題への対応が進むも、残る先行き不安~

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え

景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・景気の現状判断DIは小幅ながら低下・インバウンド効果、資産効果が押し上げ・先行きは賃上げ期待から改善6月8日に内閣府から公表された15年5月の景気ウォッチャ

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本4月消費統計 ここから本文です4月消費統計弱さが目立つ内容だが先行きは明るいサマリー◆2015年4月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲5.5%と減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同▲3.5%と減少しており、低調な結果であった。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、4月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+0.4%と2ヶ月ぶりに増加し、緩やかな減少傾向に歯止めがかかりつつある。◆先

2015年5月18日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年3月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本3月機械受注 ここから本文です3月機械受注足下は堅調も、先行きには警戒が必要サマリー◆2015年3月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+2.9%となり、市場コンセンサス(同+1.5%)を上回った。機械受注の増加傾向が続いていることを確認する良好な結果であった。ただし、4-6月期見通しでは、急減が見込まれており、先行きには不安の残る内容である。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比+0.3%と3ヶ月ぶりに増加し

2015年5月13日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年4月

業況DI は、改善も、依然として厳しさ続く。先行きは、回復への期待感広がるもコスト増に懸念全産業合計の業況DIは、▲28.9(前月比+4.3ポイント)。緊急事態宣言等の解除を受けて、時短要請や行動制限が緩和され、外食・観光関連のサービス業では利用客の増加がみられた。製造業、卸売業では飲食料品や電子部品関連が堅調に推移する一方、半導体不足や東南アジアでの感染拡大を背景とした部品の供給制約による、生産活動への影響が継続している。また、鉄鋼などの原材料費や、原油価格を含む資源価格の上昇、最低賃金引上げ

2015年4月30日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産指数(2015年3月) ~事前予想を大幅に上回るも、先行きには懸念~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的> 中国が主導して設立を予定しているアジアインフラ投資銀行(AIIB)に日本が参加するか否かの議論が盛んに行われている。欧州を始めとして50カ国以上からの参加表明がされる中、4月7日に政府はAIIBへの対処方針を発表し、引き続き日本側が求める公正で透明な組織運営の確約、国際基準の確保を求めていくこととして参加を見送った。しかし、大手メディアや一部識者、野党からは未だに「外部から批判するのでは

DOR111号(2015年1~3月期景況調査)速報

4期連続マイナスで景気停滞、二極化さらに鮮明にDOR111号(2015年1〜3月期景況調査)速報企業規模間・地域間での二極化鮮明 足下の業況を示す業況水準DI(「良い」−「悪い」割合)は△1→△6と悪化、直近の実績を示す採算水準DI(「黒字」−「赤字」割合)も37→30と後退した。次期以降は改善が見込まれているが、今期に正規従業員数や所定労働時間、また設備投資実施割合で減少が見られるなど先行きが好転するための材料に乏しい。個人消費を中心に内需がさえず、円安によるコスト高も解消されないなか、先行き

2015年4月6日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2015年2月) ~2014年は所定内給与の低迷が示されるも、先行きは改善基調を予想~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年4月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南アフリカ 景気も為替の行方も曇り模様 ~スト頻発、改革遅滞で先行きを見通しにくい状況~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2015年3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化

日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観3月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が12と前回調査比で横ばいとなり、景況感の回復の遅れが示さ

2015年3月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国民間PMI、再び50割れに転じる(Asia Weekly (3/23~3/27)) ~内需の弱さが先行きの生産の足かせとなる懸念~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年3月28日日本総研★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドについてのレポートです。

わが国のインバウンド需要の先行きと課題-需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠

わが国のインバウンド需要の先行きと課題-需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠

2015年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本3月日銀短観予測 ここから本文です3月日銀短観予測製造業では素材・加工業種を問わず業況判断が改善サマリー◆4月1日に公表予定の2015年3月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は14%pt(前回調査からの変化幅:+2%pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は16%pt(同:0%pt)を予想する。◆業況判断DI(先行き)は原油安のメリットが一層浸透することで幅広い業種で改善へ向かうとみている。燃料費調整制度によって電気料金が一層低下する見込み

2015年3月17日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

食品産業景況感は売上伸びず足踏み状態~先行き27年上半期は改善見通し~<日本公庫・平成26年下半期食品産業動向調査>

食品産業景況感は売上伸びず足踏み状態~先行き27年上半期は改善見通し~<日本公庫・平成26年下半期食品産業動向調査>

2015年3月12日商工中金フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業設備投資動向調査

中小企業設備投資動向調査「中小企業設備投資動向調査」について設備投資は景気動向と極めて密接な関係があります。当金庫では年2回、中小企業の設備投資動向についての調査実施しています。 1 設備投資の有無…18 実績見込は53.3%、19 当初は34.2%が設備投資を実施 2018 年度実績見込(以下、「18 実績見込」) 設備投資「有」の企業割合は53.3%で前年とほぼ同水準。製造業が前年を僅かに下回った一方、非製造業は前年を上回った。 2019 年度当初計画(以下、「19 当初」) 設備投資「有」

2015年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国貿易統計、予想外の動きをどうみるか ~政策スタンスが影響した可能性も、先行きには多くの不透明要因~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年1月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本1月鉱工業生産 ここから本文です1月鉱工業生産足下は堅調、計画は慎重サマリー◆2015年1月の生産指数は、前月比+4.0%と2ヶ月連続の上昇となった。ヘッドラインが市場コンセンサス(同+2.7%)を上回る高い伸びとなったことに加えて、内訳を見ても幅広い業種で生産が増加するポジティブな内容であった。生産指数の3ヶ月移動平均値は前月比+1.4%と5ヶ月連続の上昇、上昇幅は前月から拡大しており、2014年8月を底に持ち直しの動きが続いてきた生産は着実に増加基調に向かっ

2015年2月13日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査(2014年12月) ~10-12月期は横ばいも、先行きは増加が示唆される~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年11月、東京都区部14年12月) ~CPIは先行き一段と鈍化へ~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ

貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字は大幅に縮小・原油価格の大幅下落で貿易赤字の縮小が続く公算・輸出は持ち直し、輸入は低調財務省が12月17日に公表した貿易統計によると、14年11月の貿易

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は1悪化の12、先行きはさらに悪化

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は1悪化の12、先行きはさらに悪化 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は1悪化の12、先行きはさらに悪化 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観12月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が12と前回9月調査比で1ポイント低下、

2014年12月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本12月日銀短観予測 ここから本文です12月日銀短観予測大企業製造業、大企業非製造業とも業況感の悪化を見込むサマリー◆12月15日に公表予定の2014年12月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は12%pt(前回調査からの変化幅:▲1pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は12%pt(同:▲1pt)を予想する。◆先行きの業況感は総じて改善を示すとみている。製造業では、「自動車」についてはこれまで業況感を下押ししていた国内新車販売に底入れの動き

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド準備銀、先行きの利下げ実施に含み(Asia Weekly (12/1~12/5)) ~11月の中国の製造業景況感にはAPEC開催が影響した模様~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~予想外の下方修正。先行きは回復へ~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度日本経済見通し(2014年7-9月期GDP2次速報後改定) ~景気は先行き明るさを増す見込み~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ> 概要第47 回衆議院議員総選挙が12 月2 日に公示され、14 日の投開票に向けた選挙戦がスタートした。安倍総理は2015 年10 月に予定されていた消費税率再引き上げを2017 年4 月へ先送りするとともに、この判断の是非について国民の信を問うためとして解散を行った。アベノミクスを継続するか転換するかどうか。党首討論でも繰り返し議論されているように、雇用は重要な判断指標の一つである。本稿では、雇用関連指標を中心に、

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2014年10月) ~先行きは雇用改善ペースが鈍化か~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年10月、東京都区部14年11月) ~CPIは先行き一段と鈍化する可能性大~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年11月12日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年10月

業況DI は、改善も、依然として厳しさ続く。先行きは、回復への期待感広がるもコスト増に懸念全産業合計の業況DIは、▲28.9(前月比+4.3ポイント)。緊急事態宣言等の解除を受けて、時短要請や行動制限が緩和され、外食・観光関連のサービス業では利用客の増加がみられた。製造業、卸売業では飲食料品や電子部品関連が堅調に推移する一方、半導体不足や東南アジアでの感染拡大を背景とした部品の供給制約による、生産活動への影響が継続している。また、鉄鋼などの原材料費や、原油価格を含む資源価格の上昇、最低賃金引上げ

再び減速した中国経済~先行きはやや回復する可能性が高い~

再び減速した中国経済~先行きはやや回復する可能性が高い~

貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ

貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出入ともに増加に転じる・原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ・輸出は横這い圏の動きが続く・7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大企業製造業の業況判断D.I.が13と前回比で1ポイント上昇し、2四半期ぶりとなる景況感の改善が示された。一方、大企業

2014年10月1日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年9月

業況DIは、持ち直しの動き続くも力強さ欠く。先行きは感染再拡大への警戒感強まる全産業合計の業況DIは▲45.8(前月比+4.4ポイント)。巣ごもり消費に下支えされた飲食料品関連のほか、秋の行楽シーズン到来に伴い、Go Toトラベルなどのキャンペーン利用客が増加した観光産業を中心に業況感が改善した。また、デジタル投資の増加により受注が伸びている電子部品関連や海外向けを中心に生産が持ち直している自動車関連でも売上が増加した。一方、新型コロナウイルス感染対策のコスト負担増加による収益圧迫に加え、都市部

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(8/20~9/19発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(8/20~9/19発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(8/20~9/19発表統計分)サマリー◆7月の企業関連の指標は、緩やかな持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+0.4%と2ヶ月ぶりに上昇した。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は前月比▲0.4%と低下した。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比+3.5%と2ヶ月連続で増加。先行きは、輸出の増加が生産を下支えする見込みである。企業収益の改善と設

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年8月の貿易統計は、輸出が伸び悩み、先行きの貿易収支の改善に対しても楽観視できない内容となった。輸出金額は前年比▲1.3%と市場コンセンサス(同▲2.6%)を上回ったものの、2ヶ月ぶりのマイナス。これは輸出価格が同+1.6%と2ヶ月連続のプラスとなった一方で、輸出数量が同▲2.9%と前年を大きく下回ったことによ

日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント下落の10を予想

日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント下落の10を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント下落の10を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観9月調査では、注目度の高い大企業製造業で2四半期連続となる景況感悪化が示されると予想す

ニッセイ景況アンケート2014年度上期調査

ニッセイ景況アンケート調査結果-2014年度上期調査 | ニッセイ基礎研究所 ニッセイ景況アンケート調査結果-2014年度上期調査 保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 片山 ゆき押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ◆雇用・所得環境の改善を背景に企業の景況感は好調を維持、先行きは緩やかに改善◆今後、アジアビジネスの重要度が増す国では

2014年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南ア リセッションは回避も先行き不透明は変わらず ~成長率の低下でアフリカ大陸での相対的な地位低下が進む懸念~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

【タイGDP】4-6月期は前年同期比+0.4%~国内の正常化で先行きは景気回復局面へ~

【タイGDP】4-6月期は前年同期比+0.4%~国内の正常化で先行きは景気回復局面へ~ | ニッセイ基礎研究所 【タイGDP】4-6月期は前年同期比+0.4%~国内の正常化で先行きは景気回復局面へ~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら タイの国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)は8月18日に2014年4-6月期の国内総生産(

2014年8月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度日本経済見通し ~成長率見通しを下方修正も、先行きの回復シナリオは維持~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年8月3日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

先行きも緩やかな景気回復が想定される中国経済

先行きも緩やかな景気回復が想定される中国経済

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ