「共同研究」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

労働市場の未来推計2030

パーソル総合研究所×中央大学の共同研究の成果発表 2030年の人手不足の推計値は644万人。人手不足の深刻化が見込まれる 総合人材サービス、パーソルグループのシンクタンク・コンサルティングファームである株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渋谷和久)と、中央大学(東京都八王子市、学長:福原紀彦)は、共同研究として取り組んできた「労働市場の未来推計2030」の成果を発表します(https://prtimes.jp/a/?f=d16451-20181023-4005.pd

2018年10月31日宿研フィードバック数:0大型消費/投資

泊まりたい宿は何によって決まるか?

【 宿研×慶應義塾大学文学部川畑秀明教授 共同研究】『泊まりたい宿は何によって決まるか?』 宿泊施設専門の集客パートナー、株式会社宿泊予約経営研究所(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:末吉秀典)は、慶應義塾大学文学部川畑秀明教授(感性科学,心理学)との共同研究『泊まりたい宿は何によって決まるか?~宿泊イメージ印象と宿泊ニーズの背景となる心理的構造の検討~』についてのポスター発表を、日本心理学会第82回大会(発表日:2018年9月26日)にて行いました。 旅行者は、様々な情報を元に宿泊先を

2018年7月24日リザーブリンクフィードバック数:0ライフスタイル

20代~30代が高頻度でリピート!?会員制飲食店利用の実態調査

“予約”の知見で サービスの現場を科学する 20代~30代が高頻度でリピート!?会員制飲食店利用の実態調査 予約一筋15年のリザーブリンクが運営する『予約ラボ』の編集部です。注目のサービスや、予約から始まるサービス体験、予約管理にまつわるビジネスノウハウまで、「予約」に関するあらゆる情報をお届けします!共同研究のご相談や、予約ラボに関わってみたい!という方、お気軽にお問合せください。 近年、会員制・紹介制(以下、「会員制」)の飲食店の情報をみかける機会が増えてきました。会員制飲食店といえば

アンケート調査から見た日本企業による国際産学共同研究の現状

トップ » 調査研究成果公表 » 「アンケート調査から見た日本企業による国際産学共同研究の現状」[DISCUSSION PAPER No. 125]の公表について 「アンケート調査から見た日本企業による国際産学共同研究の現状」[DISCUSSION PAPER No. 125]の公表について当研究所では、九州大学科学技術イノベーション政策教育研究センターと共同で、研究開発活動を行っている日本企業3,000社を対象に、日本企業と海外大学との共同研究実態や課題を明らかにすることを目的とした質問票調査

2015年6月1日東急不動産★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

HEMSの効果です。

マンションにおける省エネ行動・意識と電力消費量との関係を クラウド型HEMSを活用し産学連携で共同研究

マンションにおける省エネ行動・意識と電力消費量との関係を クラウド型HEMSを活用し産学連携で共同研究

プローブデータに関する日米共同研究 評価報告書

プローブデータに関する日米共同研究 評価報告書  本資料は、国土交通省道路局と米国運輸省研究・革新技術庁との間で締結した協力覚書に基づいて実施した、プローブデータに関する日米共同研究の成果をとりまとめたものである。 第7章プローブデータを活用するアプリケーション候補リスト 第8章プローブデータを活用した優先アプリケーション 第9章アプリケーションの技術的実現性の評価と配備に関する

2015年3月29日ビデオリサーチフィードバック数:0ライフスタイル

40~50代で高まる“ガマンモード”にビジネスチャンスあり 早期・的確な情報提供が鍵

ニュース 『VRエイジング・ラボ』×『jekiシニアラボ』共同研究40~50代で高まる"ガマンモード"にビジネスチャンスあり早期・的確な情報提供が鍵『VRエイジング・ラボ』×『jekiシニアラボ』共同研究40~50代で高まる"ガマンモード"にビジネスチャンスあり早期・的確な情報提供が鍵ニュース お問い合わせ

2014年11月28日文部科学省★★フィードバック数:0ビジネス

文科省のまとめです。

平成25年度 大学等における産学連携等実施状況について

現在位置トップ > 科学技術・学術 > 産学官連携、地域科学技術振興 > 大学等における産学官連携 > 産学官連携の実績 > 平成25年度 大学等における産学連携等実施状況について 平成25年度 大学等における産学連携等実施状況について 結果概要民間企業からの研究資金等受入額は約695億円と、前年度に比べて約67億円増加し、過去最高額となった。この要因としては、以下のとおり共同研究、特許権実施等収入が大きく増加したことが考えられる。○民間企業との共同研究費受入額 過去最高額に民間企業との共同研

2014年6月4日日本政策金融公庫フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業における共同研究の有効性と成果の権利帰属に関する実証分析 -特許の共同発明・共同出願の観点から-

中小企業における共同研究の有効性と成果の権利帰属に関する実証分析 -特許の共同発明・共同出願の観点から-

2013年12月9日カネボウ化粧品フィードバック数:0ライフスタイル

“香りの感覚間相互作用”に関する共同研究

[株式会社カネボウ化粧品] ,シャンプー タバコ 香り カネボウ SALA サラ フローラル ムスク 白バラ

2010年9月7日NTTフィードバック数:62セキュリティ/ネットワーク

インターネット利用における不安に関する国際比較調査

2010年9月2日国立大学法人東京大学学校法人東洋大学日本電信電話株式会社「インターネット利用における不安に関する国際比較調査」により“安心”と“安全”の乖離を実証〜安全でも、不安を感じる日本人の特徴が明らかに〜国立大学法人東京大学(以下、東京大学 東京都文京区 総長 濱田 純一)、学校法人東洋大学(以下、東洋大学 東京都文京区 学長 竹村 牧男)、および日本電信電話株式会社(以下、NTT 東京都千代田区 代表取締役社長 三浦 惺)は、インターネットをより安心して利用いただけるよう、インターネッ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ