「判断基準」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年2月27日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

500社に聞く「同一労働同一賃金」実態調査2020

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース500社に聞く「同一労働同一賃金」実態調査2020“同一労働同一賃金”への対応状況、 2020年4月対応企業は45%、2021年4月対応企業は31%が「対応完了・対応中」。対応で難しい点、第1位は「待遇差がある場合の、不合理であるかどうかの判断」。―『人事のミカタ』アンケート― 500社に聞く「同一労働同一賃金」実態調査2020―『人事のミカタ』アンケート― “同一労働同一賃金

2019年11月22日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂「生活者のサステナブル購買行動調査」結果発表

博報堂「生活者のサステナブル購買行動調査」結果発表「ミニマル」「ロングライフ」「サーキュラー」 3つのサステナブル基準で選ぶ生活者「長く使えるものを買う」9割、「修理して使う」「必要最小限を買う」「資源をムダづかいしない」7割以上 女性20・30代では「不用品を人にあげる・売る」が7割以上 「環境・社会に配慮した商品・企業」が、これからの購買における判断基準に株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)は、全国20-60代の男女計6,000名を対象に「生活者のサステナブル購買行動調査」

2015年3月10日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ライフスタイル

食品購入の判断要素です。

食品購入時の判断基準、「価格」を軸に「国産」「鮮度」など<日本公庫・平成26年度下半期消費者動向調査>

食品購入時の判断基準、「価格」を軸に「国産」「鮮度」など<日本公庫・平成26年度下半期消費者動向調査>

2014年11月30日中央調査社フィードバック数:0マーケティング

郵送調査の有効回答率に関する考察 ~内閣府政府広報室の郵送調査結果から~

■「中央調査報(No.685)」より ■ 郵送調査の有効回答率に関する考察~内閣府政府広報室の郵送調査結果から~仲田 海人(一般社団法人中央調査社)花田雄太郎(内閣府大臣官房政府広報室)佐藤寧(株式会社日経リサーチ 元:内閣府大臣官房政府広報室)1.はじめに内閣府政府広報室では、昭和22年から世論調査を実施しており、調査結果は各府省庁の審議会や白書等に利用されているほか、一般の方にも幅広く活用されている。調査は、住民基本台帳から無作為に抽出した調査対象者に対して、調査員による個別訪問面接聴取法で

2014年11月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

議決権行使方針からみた機関投資家のスチュワードシップ責任

トップレポート・コラムコンサルティングレポートIR支援議決権行使方針からみた機関投資家のスチュワードシップ責任 ここから本文です議決権行使方針からみた機関投資家のスチュワードシップ責任退職慰労金と株式報酬型ストック・オプションの最新トレンド1.役員報酬に対する機関投資家の姿勢が明確に2014年2月に金融庁より日本版スチュワード・シップコード(以下、日本版SC)が公表され、日本版SCを受け入れた機関投資家は、議決権行使の方針および行使結果の公表(公表しない場合はその説明)を求められるようになった。

2014年4月25日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

採用に学歴は関係ありますか?

転職相談するなら、 転職コンシェルジュ のワークポート 企業人事のホンネ。 求める人物像や面接のポイントを聞きました。 採用に学歴は関係ありますか?62%の採用担当者が「関係ない」と答えました。中途採用では、学歴よりも経験やスキル、人物面を重視する傾向が強いようです。ただYES派の中にも、知識や勉強してきた努力の歴史を見るための一基準としているという意見が多く、学歴だけで合否を決めることはないようです。 “YES”派の意見・中~高校~大学までの努力の流れを見る。学歴がすべてではありません。・

2014年2月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~判断の拠り所が欲しいから、やっぱり失業率に注目~

EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計発表日:2014年2月19日(水)~判断の拠り所が欲しいから、やっぱり失業率に注目~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 10-12月平均の失業率(労働力調査)は7.2%と、9-11月平均の7.1%から小幅上昇(小数点第2位で7.15%→7.21%)。振れが大きい月次計数は9月:7.1%→10月:7.0%→11月:7.4%→12月:7.2%。12月値(7.23%)が9月(7.08%)を上回っ

2008年7月28日日本総研★★★フィードバック数:0企業情報システム

日本総研による内部統制に関する企業を対象としたアンケート結果です。

内部統制の整備活動状況についての上場企業アンケート

実施基準の解釈で困惑、整備水準が確立できず ~内部統制の整備活動状況についての上場企業アンケート~ ~トップダウンアプローチと自社基準確立が必要~ ■9割は、監査法人などの外部の支援を受ける■質的重要性の採用基準に課題を残す■どこまでやればよいのか~内部統制整備水準に戸惑う  株式会社日本総合研究所(代表取締役社長:木本泰行 本社:東京都千代田区)では、内部統制の整備活動状況について上場会社を対象としたアンケート調査を2008年4月に実施し、今後の金融商品取引法対応上の留意点をまとめました

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ