「利用者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月28日メルカリフィードバック数:0ライフスタイル

「2020年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査を発表

「2020年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査を発表ポストコロナ、消費やモノに対する意識に変化不要品を「売る」意向、フリマアプリ利用者は昨対比+4.2%、非利用者は+4.0%「中古品の購入・使用への抵抗感」は昨対比+8.4%メルカリ総合研究所(運営:株式会社メルカリ)は、全国のフリマアプリ利用者と非利用者、緊急事態宣言中(2020年4月〜5月)にフリマアプリ利用を始めた方、合わせて1,463名を対象に「2020年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査を

2020年9月24日フルスピードフィードバック数:0マーケティング

Google マップ利用者へのアンケート調査結果を公開

HomeニュースリリースGoogle マップ利用者へのアンケート調査結果を公開~MEOサービスをリニューアルし提供開始したフルスピードが調査~ Google マップ利用者へのアンケート調査結果を公開~MEOサービスをリニューアルし提供開始したフルスピードが調査~インターネットマーケティング支援を行う株式会社フルスピードは、地図アプリや地図サービス、Google マップの使用状況に関するアンケート調査を実施いたしました。その結果を公開します。リニューアルをし提供開始した、新しい「フルスピードMEO

2020年8月14日サプリポートフィードバック数:0ライフスタイル

ビタミンC愛好家400人にサプリメントの効果、利用実態を聞きました!

ビタミンC愛好家400人にサプリメントの効果、利用実態を聞きました!ビタミンC愛好家400人にアンケートを実施しました!サプリポートは2020年7月にビタミンC愛好家400人にアンケートを実施しました。このアンケートでは選択回答形式と自由回答形式を用いて、ビタミンCを摂取するようになったきっかけ、利用している商品、実感している効果について詳しくうかがいました。美容や疲労が気になっていてビタミンCの摂取を検討している方に参考にしていただきたい調査結果となっています。【調査概要】調査時期:2020年

2020年7月29日Recovery Internationalフィードバック数:0社会/政治

訪問看護ステーションにおけるオンコールの実態を1年かけて調査した結果

訪問看護ステーションにおけるオンコールの実態を1年かけて調査した結果【調査対象:1000名以上】訪問看護ステーションにおけるオンコールの実態を1年かけて調査した結果【調査対象:1000名以上】訪問看護ステーションの業務においてオンコール業務は重要業務の一つです。病院ではあまり馴染みのない業務であり、実際の回数や内容が、ステーションによっても違い、ブラックボックスな業務になります。そのため、訪問看護をしたいと思っていても、転職を躊躇ってしまうことが多いです。現在1万ステーション以上があり、80~9

2020年7月27日インプレスフィードバック数:0マーケティング

動画配信に関する調査結果2020

市場調査、技術動向、戦略分析などのご依頼、調査報告書、分析データはインプレス総合研究所へ 有料の動画配信サービス利用率は21.5%、COVID-19の影響でネット動画利用が大幅増 ~動画配信に関する調査結果2020~ インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、動画配信ビジネス市場の動向を調査し、動画配信に関する調査結果を発表いたします。また、本調査結果の詳細は新産業調査レ

2020年5月18日パナソニック★フィードバック数:0マーケティング

「みんなの宅配事情」調査

宅配利用者の約7割が 非対面での受け取りを希望「みんなの宅配事情」 調査4月8日の緊急事態宣言以降、外出自粛のため通販やオンラインショッピングを利用する人が急増しています。どのくらいの頻度で通販をしているのか、宅配を利用する際の不安点など 宅配事情を調査しました。 【調査概要】858世帯にアンケート調査(調査期間:2020年4月24日~5月6日) 緊急事態宣言以降、約割の人の 通販利用が増加 緊急事態宣言後、以前より通販の利用は増えましたか? 週に1回の利用は当たり前、 週4日以上利用する人も

2020年5月12日イオレフィードバック数:0ビジネス

全体の86.5%!大事な連絡にはメールを利用することが当社アンケートで判明!

全体の86.5%!大事な連絡にはメールを利用することが当社アンケートで判明!2020-04-17 株式会社イオレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小川 誠、以下イオレ)は、当社が運営する連絡網サービス「らくらく連絡網」の利用者(38.9万団体・691万人※)を対象に、「連絡ツールの使い分け」に関するアンケートを実施いたしました。 ※2019年12月31日時点

2020年3月9日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

モバイル決済に関するアンケート調査(第4回)

モバイル決済に関するアンケート調査(第4回) ■直近1年間にスマホ決済アプリで支払った人は全体の4割強(スマホ主利用者の6割弱)。2019年調査から大きく増加。男性若年層での比率が高い傾向。スマートフォン主利用者のうち、「PayPay」利用者が4割弱、「楽天ペイ」が2割弱。「Apple Pay」はiPhone主利用者の1割強。■直近1年間のスマホ決済アプリでの週1回以上支払い者は6割弱。2019年より増加。直近1年間の支払い回数のうちスマホ決済で支払った割合が4割以下の層が、半数強。■直近

2020年2月13日メルカリ★★フィードバック数:0ライフスタイル

フリマアプリ利用による、新品商品の消費喚起効果は年間約484億円

プレスリリースメルカリ、「フリマアプリ利用による新品商品への消費喚起効果」の実態調査を発表フリマアプリ利用による、新品商品の消費喚起効果は年間約484億円〜フリマアプリで最も流通量が多いファッションは年間約288億円の消費喚起効果〜メルカリ総合研究所(運営:株式会社メルカリ)は、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター講師の山口真一氏と、全国の15~69歳を対象に「フリマアプリ利用による新品商品への消費喚起効果」の実態に関する共同調査を実施しました。2019年5月に経済産業省がまとめた調

2020年1月27日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

家電量販店の利用に関するアンケート調査(第6回)

家電量販店の利用に関するアンケート調査(第6回) ■家電量販店月1回以上利用者は2割弱。過去調査と比べ利用頻度が低下傾向。利用目的は「家電製品や関連用品を購入」「実物を見る」が利用者の各6~7割強、「価格を確認」が4割弱、「家電に関する情報収集」「家電製品のカタログを収集」が各2割前後。■最頻利用家電量販店の利用理由は「家から近い」が約55%、「ポイントカードなどのお得なサービス」が4割弱、「駐車場」「品揃えが豊富」「価格が安い」が各20%台。ヨドバシカメラやビックカメラ主利用者では「ポイ

カロミル食生活実態調査

カロミル 食生活実態調査日々の暮らしに欠かせない「食べる」こと。 栄養管理・ダイエットアプリのカロミル利用者の統計データをもとに、 食生活のリアルをレポートします。 カロミル食生活実態調査とは?「カロミル食生活実態調査」では、AIを活用した健康管理アプリ「カロミル」利用者の統計データを活用しています。「カロミル」は日々の食事や運動のログを、ダイエットや健康管理に活用できるヘルスケアアプリです。カロリーはもちろん、たんぱく質や脂質、糖質などの栄養素まで記録できるのが特徴。スマホで食事を撮影する

2019年12月3日マネーツリーフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済、“利得性”で利用開始、“利便性”で習慣化

キャッシュレス決済、 “利得性”で利用開始、”利便性”で習慣化〜家計簿アプリ利用者の75%は日常的にキャッシュレスを活用〜 マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、以下「当社」)は2018年8月〜9月、日本クレジットカード協会(以下「JCCA」)の依頼に基づき、当社の個人資産管理アプリ「Moneytree」の利用者(9,049人)に向けキャッシュレス決済に関する調査を行いました。また、同時期にJCCA選定の一般消費者(1,305人)に向け行いました同調査の結果を

2019年9月30日MM総研フィードバック数:0マーケティング

フリマやシェアリング等のコンシューマーアプリの利用実態調査

フリマやシェアリング等のコンシューマーアプリの利用実態調査フリマアプリ利用者の88.8%が「メルカリ」 2019年09月18日■利用率トップは「フリマアプリ」。2位は「スマホゲーム」、3位は「QRコード決済」■モノを限定した「カーシェア」「シェアサイクル」は、利用率2.0%弱、利用意向は2倍以上■フリマアプリ利用者の88.8%が「メルカリ」■アパレルを中心としたサブスクリプションの利用率は1.7%、利用意向は10.5% MM総研(東京都港区、所長・関口 和一)は9月18日、全国の20代から60

2019年8月14日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

バランス栄養食品の利用に関するアンケート調査(第7回)

バランス栄養食品の利用に関するアンケート調査(第7回) ■バランス栄養食品直近1年以内利用者は4割弱で、女性や若年層での比率が高い。そのうち週1回以上利用者は2割弱。■バランス栄養食品の利用目的は「空腹感の解消」「お菓子のかわり」が直近1年間利用者の各30%台、「朝食のかわり」「昼食のかわり」などが各2割弱。「お菓子のかわり」などは女性、「朝食のかわり」は若年層での比率が高い傾向。■バランス栄養食品選定時の決め手は「味」「価格」の他、「栄養成分」「カロリー」「形状 ・食べやすさ」が各20%

2019年5月30日NTTレゾナント★★フィードバック数:0企業情報システム

チャットボットの利用に関する調査

利用者1099人に聞いた「チャットボット実態調査」レポート2019 多くの企業で導入が進むAIチャットボット。最近では「業務効率化」の枠を超え「顧客体験の向上」といった応用事例も登場しています。 そこで本資料では、チャットボットを利用した新たなチャネル創造へのヒントをつかんでいただくため、ユーザーの本音や利用実態に迫ります。 資料を読むとこれが分かる! ◯今話題のチャットボット。ユーザーの利用実態と効果とは?◯ユーザーが抱くチャットボットとブランドイメージの関係性 ◯ユーザーの不満から読み

2019年4月25日メルカリ★★フィードバック数:0モバイル

2019年度「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査

プレスリリース2019年度「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査フリマアプリ利用者の約3割が「新品の商品購入単価が上がった」非利用者「中古品への抵抗感」約5割、「新品へのこだわり」は約3割と昨年より減少株式会社メルカリは、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の山本晶准教授監修の下、全国のフリマアプリ利用者と非利用者1,000名を対象に、昨年4月に続き「2019年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動に関する意識調査」を実施しました。経済産業省が昨年4月に発表した「平成29年度我

2019年3月15日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2019

【スペシャル】アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2019 Today’s Topic東京よりもそのほかアジア都市の方が、積極的にオンラインとオフラインを行き来しながら買い物をしているみたいだね! トランスコスモスでは、昨年に引き続き、アジアにおけるオンラインショッピングの利用実態と越境ECへの関心を探ることを目的として「アジア 10都市オンラインショッピング利用調査 2019」を実施しました。この調査は、東京を含むアジア 10都市におけるオンラインショッピング利用者 3200人

2019年3月14日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

コンビニエンスストアの利用に関するアンケート調査(第5回)

コンビニエンスストアの利用に関するアンケート調査(第5回) ■コンビニエンスストア週1回以上利用者は5割強。男性30~50代での比率が高い。よく利用するコンビニエンスストアは、全体では「セブンイレブン」が1位、「ファミリーマート」「ローソン」が続く(地域により傾向が異なる)。■コンビニエンスストア利用時の重視点は「アクセスのよさ」が利用者の6割弱、「弁当・パン・惣菜類の充実度」「品揃えが豊富」が各30%台、「お菓子、デザート類、アイス等の充実度」「駐車場の充実度」「ポイントやキャンペーンな

2019年3月12日メルカリ★★フィードバック数:0マーケティング

「60代以上のフリマアプリ利用実態」に関する意識調査

「メルカリオンラインフェス」を 8月22日に開催 マーケットプレイスのあり方に関する 有識者会議を設立 新型コロナウイルスに関する メルカリグループの取り組み 「限りある資源を循環させ、より豊かな社会をつくりたい」。創業者である山田進太郎が世界一周の旅で抱いた、そんな問題意識によって生まれたのがフリマアプリ「メルカリ」です。テクノロジーの力によって、世界中の個人と個人をつなぎ、誰もが簡単にモノの売り買いを楽しめる。それにより資源を循環させる豊かな社会、個人がやりたいことを実現できる社会をつくっ

2019年3月7日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年1月度)2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱「ふるさと納税」利用者の約半数が「ワンストップ特例制度」を活用調査結果サマリー2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱。前年より増加 2018年にふるさと納税をした人は16.1%で、2017年12月度調査(13.4%)より2.7ポイント増加しました。年代別で見ると10代(12.0%)、20代(21.0%)、30代(18.0%)、40代(13.5%)、50代(18.5%)、60代(11.5%)

2019年2月22日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年10月~12月)

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年10月~12月)を公開 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2018年10月から12月のサイバーセキュリティに関するグローバル動向について調査を実施し、セキュリティ被害の抑止を目的に調査結果を公開します。 NTTデータでは、お客さまやNTTデータグループ内でのセキュリティ被害抑止を目的に、ニュースリリースやWeb、新聞、雑誌等の公開情報を収集し、セキュリティに関するグローバル動向を調査しています。このレポートは、サ

2019年2月21日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

インターネットバンキングの利用に関するアンケート調査(第20回)

インターネットバンキングの利用に関するアンケート調査(第20回) ■インターネットバンキング現在利用者は全体の6割強。「口座情報の照会・明細の確認」「振り込み・送金」などが利用者の各8割。新生銀行主利用者、住信SBIネット銀行主利用者などでは「振り込み・送金」が最も多い。■最頻利用インターネットバンキングの「満足」の比率は、住信SBIネット銀行主利用者、ソニー銀行主利用者、三菱UFJ銀行主利用者などで各30%台。■インターネットバンキング選定時の重視点は「手数料が安い」が利用者・経験者の7

2019年2月21日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

コインランドリーに関するアンケート調査

■直近1年間コインランドリー利用者は全体の2割、利用経験者は6割。利用頻度は「年1~2回」がボリュームゾーン。利用者に占める月1回以上利用者は2割強。男性や若年層での比率が高い傾向。利用時間帯は「平日・午前中」「休日・午前中」がボリュームゾーン。■利用場面は「毛布やシーツ、カーテンなど大物を洗う」が、直近1年間利用者の6割弱、「乾燥機を使いたい」が3割強、「自宅では洗いにくいもの」「洗濯物の量が多い」が各1割強。利用時の重視点は「アクセスの良さ」が直近1年間利用者の7割強、「料金」が4割強、「駐

クチコミ接触者の購買転換率調査

NEWSクチコミ接触者の購買転換率調査を実施〜ソーシャルメディアの種類によって、購買に影響を与えている業種が大きく異なることを可視化~企業やブランドのファン育成・活性化を支援するアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都港区、代表取締役 上田怜史 東証マザーズ上場:証券コード6537以下AMN)では、このたび「クチコミ接触者の購買転換率調査」を行い、ソーシャルメディア別・業種別にクチコミが購買に与えている影響について分析いたしました。「クチコミ接触者の購買転換率調査」実施の背景と概要につい

2019年2月15日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ショッピングモールに関するアンケート調査(第4回)

ショッピングモールに関するアンケート調査(第4回) ■ショッピングモール利用頻度は「数ヶ月に1回以下」が4割強でボリュームゾーン。月1回以上利用者は全体の5割、女性や若年層での比率が高い傾向。一人で行く人は、直近1年間利用者の5割弱。■直近1年間のショッピングモールでの購入商品は「食料品」「衣料品」が各6~7割、「婦人服」「書籍、雑誌、CD・DVD・BD」「靴、財布、かばん」などが各2割。利用ショップ・サービスは「スーパーマーケット」が約65%、「洋服、下着、ファッション雑貨などの専門店」

2019年2月14日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

味噌に関するアンケート調査(第3回)

■味噌が好きな人は全体の8割強。味噌を料理に週4~5回以上使う人は4割、週1回以上利用者が7割弱。東北や北陸は、利用頻度が高い傾向。■使う味噌のタイプは、「米みそ・こうじみそ」が味噌使用者の6割弱、「合わせみそ」「赤みそ」「白みそ」「だし入り」が各20%台。北海道では「白みそ」、中部では「赤みそ」「八丁味噌」、中国や九州などでは「合わせみそ」の比率が高い。■使う味噌の種類は「1種類」が味噌使用者の5割強。2種類以上使用者は全体の4割強で、中部での比率が高い。■味噌購入時の重視点は「味」「価格」の

2019年1月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

味噌に関するアンケート調査(第3回)

■味噌が好きな人は全体の8割強。味噌を料理に週4~5回以上使う人は4割、週1回以上利用者が7割弱。東北や北陸は、利用頻度が高い傾向。■使う味噌のタイプは、「米みそ・こうじみそ」が味噌使用者の6割弱、「合わせみそ」「赤みそ」「白みそ」「だし入り」が各20%台。北海道では「白みそ」、中部では「赤みそ」「八丁味噌」、中国や九州などでは「合わせみそ」の比率が高い。■使う味噌の種類は「1種類」が味噌使用者の5割強。2種類以上使用者は全体の4割強で、中部での比率が高い。■味噌購入時の重視点は「味」「価格」の

2019年1月28日マイボイスコム★フィードバック数:0マーケティング

Twitterの利用に関するアンケート調査(第10回)

Twitterの利用に関するアンケート調査(第10回) ■Twitter利用率3割弱、登録率4割。利用意向は全体の約25%。利用率・意向のいずれも過去調査より増加傾向。若年層での比率が高い傾向で、10・20代では利用・意向とも6割。投稿・返信をする積極利用層の利用意向は9割、閲覧中心層では7割強、未登録層・非認知層では約3~5%。■1日1回以上Twitterにアクセスする人は利用者の6割、若年層での頻度が高い。Twitterでつぶやく人は利用者の5割弱、1日1回以上つぶやく人は1割強。フォ

2019年1月21日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ファミリーレストランの利用に関するアンケート調査(第8回)

ファミリーレストランの利用に関するアンケート調査(第8回) ■ファミリーレストラン利用率は6割強で、過去調査と比べ減少傾向。月1回以上利用者は3割強。ファミリーレストラン利用場面は「昼食」が直近1年間利用者の7割、「夕食」が5割強、「手ごろな価格で飲食したい時」「家族での利用」が各2割強。■ファミリーレストラン利用者が最もおいしいと思うのは「ロイヤルホスト」「ガスト」が各1割強、「びっくりドンキー」「サイゼリヤ」が各8~9%。北海道、東北では「びっくりドンキー」、関東、近畿、九州では「ロイ

2018年12月28日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

音楽ダウンロードの利用に関するアンケート調査(第11回)

音楽ダウンロードの利用に関するアンケート調査(第11回) ■直近1年間の、音楽ダウンロード・有料サービス利用者は約8%、無料サービスは1割強。定額制音楽配信サービス直近1年間利用者は約6%。■直近1年間に利用した音楽ダウンロードサービスは「iTunes Store」が、利用者の5割弱、「Amazon music デジタルミュージック」が3割弱。選定時の重視点は「好きなアーティストの曲が充実」が利用者の5割弱、「最新の曲が充実」「曲の検索がしやすい」「懐かしい曲が充実」「幅広いジャンルの曲が

2018年12月28日マイボイスコムフィードバック数:0社会/政治

イートインスペースの利用に関するアンケート調査

イートインスペースの利用に関するアンケート調査 ■直近1年間イートインスペース利用者は、全体の5割弱。「コンビニエンスストア」が3割弱、「スーパー」「ショッピングセンター」「パン屋」が各10%台。直近1年間利用者のうち、月1回以下利用者が7割弱、週1回以上利用者は1割強。■「昼食」「休憩、ひと休み」「間食・おやつ」でのイートインスペース利用が、直近1年間利用者の各4~5割。滞在時間は「15分~30分未満」がボリュームゾーン、15分未満は4割弱。男性や、コンビニエンスストアのイートイン主利用

2018年12月25日コロプラフィードバック数:0マーケティング

「PayPay」に関するアンケート

キャンペーン期間中の「PayPay」利用率、最も高かったのは30代男性 | 「PayPay」に関する調査結果スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー24,202人を対象に、「PayPay」を知っているか、「100億円あげちゃうキャンペーン」期間中に利用したか、利用場所はどこか、支払い金額はどれくらいか、「全額もどってくるキャンペーン」の抽選に当選したかなど、「PayPay」に関するアンケートを実施しました。 「PayPay」の認知率は7〜8割程度まず、今回のアンケート参加者全員に対して、

2018年11月22日セカンドラボフィードバック数:0社会/政治

看護師・介護士を対象としたハラスメントに関するアンケート

看護師・介護士の8割が患者・利用者から「ハラスメント被害があ... 看護師・介護士の8割が患者・利用者から 「ハラスメント被害がある」と回答原因は患者・利用者の性格の問題や職業への軽視が過半数を占める看護師・介護士を対象としたハラスメントに関するアンケート結果公開 医療・介護業界に特化した求人サイト「コメディカルドットコム」を運営するセカンドラボ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:巻幡 和徳)は、看護師と介護士を対象に患者・利用者からのハラスメントの実態についてアンケートを実施した。

2018年11月15日ICT総研フィードバック数:0デジタル家電

2018年公衆無線LANサービス利用者動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2018年 公衆無線LANサービス利用者動向調査■ 2018年度の利用者は5,746万人、2021年度には22%増の7,013万人に拡大■ キャリア系ではNTTドコモが満足度1位、キャリア系以外ではスターバックスがトップ■ 移動系事業者の無線LANの利用場所は、「カフェ・飲食店」が49.4%でトップ■ 海外旅行先で利用したい場所は空港が86.4%、ホテルが83.3% 株式会社 ICT総研

2018年10月17日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

航空会社の利用に関するアンケート調査(第3回)

航空会社の利用に関するアンケート調査(第3回) ■飛行機年1回以上利用者は3割。航空会社選定時の重視点は「信頼できる」「安全性が高い」が利用経験者の各5割強、「価格が手頃・リーズナブル」「目的地への直行便がある」「運行スケジュールが利用しやすい」が各3~4割。■直近3年間の飛行機利用目的は「旅行・観光など(国内)」が、直近3年間利用者の7割弱、「旅行・観光など(海外)」が3割強。「仕事・商用(国内)」は男性で高い。■航空会社直近3年間利用者のチケット手配方法は「航空会社のウェブサイト(PC

2018年8月29日テスティーラボ★★フィードバック数:0ビジネス

サブスクリプションサービスに関する調査

【ミレニアル世代対象】サブスクリプションサービスに関する調査 2018/08/23若年層リサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、20代の若年層男女1,217名(男性600名、女性617名)を対象にインターネット上で利用可能なデータを商材とするサブスクリプションサービスに関する調査を実施しました。サブスクリプションという言葉の認知度や利用率に関する調査の結果をご覧くだ「サブスクリプションサービス」の認知度は1割以下。一方、利用者は約2割と判明「サブスクリプションサービス」という言葉の認

2018年5月11日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

成長が続く国内の家事支援サービス市場

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 成長が続く国内の家事支援サービス市場堅実な成長を続ける一方、人材不足が引き続き大きな課題 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社:水越孝)は、2017年度の国内の家事支援(家事代行)サービス市場を調査し、その市場動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況 国内の家事支援(家事代行)サービス市場規模は、利用者の支払金額ベースで2015年度は前年度比104.0%の853億円、2016年度は同103.0%の879億円と、市場規模の拡大が続く結果

2018年4月27日マイボイスコムフィードバック数:0ビジネス

百貨店の利用に関するアンケート調査(第6回)

百貨店の利用に関するアンケート調査(第6回) ■百貨店の半年に1回以上利用者は5割強、月1回以上利用者は2割強。利用率は過去調査と比べ減少傾向。身近にあるとした場合に最も利用してみたい百貨店は、全体では「伊勢丹」「高島屋」が1割強、「三越」「大丸」が各6~7%。■他の店舗ではなく百貨店を利用するのは「デパ地下を利用する時」「菓子折り、お土産、差し入れなど購入時」が各3~4割、「プレゼント(お祝い品以外)購入時」「飲食店・レストラン街利用時」「日本国内の地方物産展開催時」「バーゲンセールで安

2018年4月16日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

ロボット掃除機に関するアンケート調査(第3回)

ロボット掃除機に関するアンケート調査(第3回) ■ロボット掃除機所有者は約8%。利用のきっかけ・理由は「掃除が楽になりそう」「テレビや新聞・雑誌で見た」「店頭で商品を見かけた」「面白そう・興味があった」「効率よく掃除をしたい」などが所有者の各2~3割。■ロボット掃除機の利用の仕方は「従来型の掃除機をメイン、ロボット掃除機をサブ」が所有者の3割強、「留守中にロボット掃除機を使う」「ロボット掃除機をメイン、従来型の掃除機をサブ」が各2割。利用頻度は、週2~3回以上が利用者の5割強。■ロボット掃

2018年4月12日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

インターネットバンキングの利用に関する調査(第19回)

インターネットバンキングの利用に関するアンケート調査(第19回) ■インターネットバンキング現在利用者は全体の6割強、過去調査より減少傾向。「口座情報の照会・明細の確認」「振り込み・送金」などが利用者の各8割。■最頻利用インターネットバンキングの「満足」の比率は、ソニー銀行主利用者で5割弱、住信SBIネット銀行主利用者、ゆうちょ銀行主利用者で各4割弱。■インターネットバンキング選定時の重視点は「手数料が安い」が利用者・経験者の7割弱、「信頼できる」「24時間リアルタイムで利用が可能」「銀行

2018年4月10日メルカリ★★フィードバック数:0モバイル

「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査

プレスリリース「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査フリマアプリ利用者の半数以上が”売ることを前提に新品を購入“新品であることを重視している人は利用者・非利用者合わせて3割以下〜若者の新品離れ 20代の半数以上が中古品に抵抗なし〜株式会社メルカリは、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の山本晶准教授監修の元、全国のフリマアプリ利用者500名と非利用者500名の合計1,000名を対象に、消費行動に関する意識と実態を調査すべく、「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調

2018年4月3日環境省★フィードバック数:0社会/政治

国立公園の訪日外国人利用者数について

国立公園の訪日外国人利用者数について 環境省では、政府が平成28(2016)年3月に取りまとめた「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、国立公園の訪日外国人利用者数を2020年までに1000万人とする「国立公園満喫プロジェクト」を推進しています。 このたび、環境省の調査の結果、平成29(2017)年の国立公園の訪日外国人利用者数が、約600万人(暫定値)と推計されましたので、お知らせします。 国立公園全体(全34公園)では前年比約10%増、先行的に取組を進めることとしている8公園では前年比約

2018年3月15日ニールセン★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンの利用者は6500万人を突破、PCのピーク時を越える

ニールセン 2017年の動向をまとめた「Digital Trends 2017」を公開「Instagram」の流行と共に、写真加工アプリの利用者も増加有料動画サービスでは、複数のサービスを利用しているのは全体の10%フリマアプリは、「メルカリ」のほかに「フリル」も順調に成長中視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳) は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)、スマートフォン視聴率情 報Nie

2018年2月6日日本法規情報フィードバック数:0マーケティング

利用者が急増するフリーマーケットアプリ5人に1人はトラブルに巻き込まれた経験あり

「相談サポート通信 相談者実態調査」利用者が急増するフリーマーケットアプリ5人に1人はトラブルに巻き込まれた経験あり。 日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 今村 愼太郎)()は、運営する以下のサイト詐欺被害相談サポートhttps://www.soudan-form.com/sagihigai-support/ワンクリック詐欺・ネット被害相談サポートhttps://www.soudan-form.com/nethigai-support/の運用情報やアンケートを元に、「フリ

2018年2月5日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

コンビニ調理品の利用に関するアンケート調査(第7回)

コンビニ調理品の利用に関するアンケート調査(第7回) ■コンビニ調理品週1回以上購入者は全体の2割弱。購入経験者のうち、「中華まん」を直近1年間に購入したのは5割弱、「から揚げ」「コーヒー系飲料」「おでん」が各3~4割。セイコーマート主利用者では「お弁当」、デイリーヤマザキ主利用者では「菓子パン・調理パン」、ミニストップ主利用者では「ソフトクリーム・パフェなどのデザート系」が1位。■コンビニ調理品購入場面は「温かいもの、冷たいものが食べたい」「ちょっとおなかがすいたとき」「すぐ食べたい」「

2018年1月31日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

オンラインショッピングの決済に関するアンケート調査(第4回)

オンラインショッピングの決済に関するアンケート調査(第4回) ■直近1年間オンラインショッピング利用者の支払い方法は「クレジットカード」が9割弱、「コンビニ決済」が2割弱、「インターネットバンキングでの銀行振込・郵便振替」「代金引換」が各1割。今後の利用意向も「クレジットカード」が8割弱で最も多い。「電子マネー」は現在利用よりも利用意向の方が上位。■オンラインショッピング支払方法決定時の重視点は「オンライン上で手続きが完結する」が、直近1年間利用者の7割弱、「手続きが簡単」「支払い手続きに

2018年1月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム フリマアプリ

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 フリマアプリ 】に関するアンケート調査フリマアプリの認知率は7割弱。会員登録者は1割強、女性20代・30代では3〜4割 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『フリマアプリ』に関するインターネット調査を2017年11月1日〜5日に実施し、10,847件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.myvoice.jp/products/detail.ph

2018年1月26日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

マイボイスコム ドライブレコーダー

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 ドライブレコーダー 】に関するアンケート調査ドライブレコーダー利用者は自動車所有者の2割弱。つけたきっかけ・理由は「事故やトラブル時の証明・記録」「事故やトラブルのニュースや記事を見て」が5割弱 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『ドライブレコーダー』に関するインターネット調査を2017年12月1日〜5日に実施し、11,111件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 h

2018年1月25日ウェルクスフィードバック数:0社会/政治

介護職の待遇改善についての調査

ストライキはするべき?介護職の待遇改善についての調査を実施2017年12月27日 介護職の人材紹介サービス【介護のお仕事】(を展開する株式会社ウェルクス(本社:東京都)は、介護のお仕事研究所の読者、介護系のSNS(Facebook、Twitter)の読者を対象に、「介護職の待遇改善のためのストライキ」に関する調査を実施しました。【調査結果】■「介護職の待遇改善のためのストライキに賛成ですか」と質問したところ、「賛成」は65.4%、「反対」は34.6%となりました。■「介護職の待遇改善のためのスト

2018年1月19日リクルートフィードバック数:0社会/政治

宅配ボックスの実態調査(前編)

SUUMOジャーナル - まだ見ぬ暮らしをみつけよう - 96.5%は荷物の「再配達」を依頼した経験アリ! その理由とは?【宅配ボックスの実態調査(前編)】 インターネット通販が一般化し、荷物の流通量が爆発的に増えた近年、再配達の増加が社会問題になっています。荷物の再配達はなぜ減らないのか。SUUMOジャーナル編集部は、集合住宅における再配達の依頼実態や、「宅配ボックス」の利用方法に関する意識調査を実施。まずは再配達に関する調査結果からご紹介します。 「在宅していたが再配達を依頼」も3割以

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ