「副作用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年9月14日NEXERフィードバック数:0社会/政治

【新型コロナワクチン接種】44.1%が、接種の順番を行政機関などに「決めてほしい」

/ / 【新型コロナワクチン接種】44.1%が、接種の順番を行政機関などに「決めてほしい」【新型コロナワクチン接種】44.1%が、接種の順番を行政機関などに「決めてほしい」新型コロナウイルスのワクチンを接種しますか?2月に新型コロナウイルスのワクチン接種が始まってから半年以上が経ちました。現在は20代以下の若者向けの接種も始まっていますが、若い方は接種に前向きではないというような報道も出ています。また、新型コロナウイルスのワクチン接種の進展に伴って、市販の解熱鎮痛剤の販売が急増しているようです

2019年1月30日萬祥フィードバック数:0ライフスタイル

花粉症の対策に関する意識調査

国民病である花粉症が悩ませるのは「症状」ではなく「副作用」!?クスリの副作用により仕事に支障をきたした経験がある方は49.5%と判明。医療従事者や運送業に従事する方はクスリの服用にためらいも・・・。 【花粉症】クスリのつらい副作用にさようなら~花粉からあなたを守る~ 萬祥株式会社は、全国20代~60代男女に「花粉症の対策に関する意識調査」を実施し、国民病といっても過言ではない花粉症における対策方法、また、仕事への影響について調査しました。 日本人の約4割が花粉症と言われている程、花粉症の症状には

EDに関する調査

検索「ED治療薬」服用者の半数近くが「偽造品」の存在を知らない!全く効果のないニセモノを掴まれている人が多数?6割が副作用を経験。原因はネットで購入した偽造品!?2016年もあっという間に、12月という最後の月がやってきました。クリスマスに年越しという行事が控える12月は、男女の関係も盛り上がりやすいもの。しかし、そんなイベントごとを、一部の人にとっては純粋に楽しめなくしてしまい、場合によってはストレスの原因にすらしてしまう、恐ろしい病があります。EDです。 しかし昨今、医療技術の発展により、正

2017年1月5日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

肺がん患者の薬物治療選択意識・実態調査

部位別がん死亡数で最多の肺がん 92%の患者が「複数の治療法の説明」を望むも、実際に説明されたのは56%にとどまる 抗がん剤治療を受ける前に最も知りたかったこと 患者の8割以上「抗がん剤の効果」 ~肺がん患者の薬物治療選択意識・実態調査~2016年12月22日 [木] 現在抗がん剤(分子標的薬含む)による治療中、もしくは過去に治療を行ったことがある肺がん患者を対象に、肺がん治療における患者の薬物治療選択の意識と実態について調査を行った。肺がんは、2014年の日本国内における、部位別がん死亡数が最

2016年11月8日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

がん治療と漢方 患者実態調査

抗がん剤の副作用 「気分の落ち込み」「倦怠感」「口内炎」などの抗がん剤の副作用 半数以上が「思っていた程度と異なる」 約4人に1人が「抗がん剤の副作用軽減のために、漢方薬を使ったことがある」2016年11月01日 [火] 漢方専門メディア「QLife漢方」がん治療と漢方 患者実態調査QLifeは、漢方薬の効果や効能、医学的・科学的情報を、わかりやすく伝える漢方専門webメディア「QLife漢方」()で、抗がん剤治療を受けたことのある人を対象に、抗がん剤の副作用に関するインターネット調査を行った

2015年7月23日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

子どもの薬に関する調査

「子どもの薬に関する調査」を実施しました 日本調剤・乳幼児の親を対象とした『子どもの薬に関する調査』子どもの薬に関して、飲ませる方法や不安・疑問を聞きました約6割の親が、子どもが飲み薬を嫌がったり、飲まなかった経験がありました 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)は、乳幼児を持つ親を対象とした『子どもの薬に関する調査』を実施しました。 本調査は、子どもの薬(飲み薬)に対する親の知識と意識を把握するために、全国の0歳~5歳の子ども

2015年5月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

物価目標達成に向けた不確実性~量的・質的金融緩和の効果と副作用~

物価目標達成に向けた不確実性~量的・質的金融緩和の効果と副作用~

薄毛についての調査です。

薄毛に関する意識調査

[株式会社ビタブリッドジャパン] ,悩み アラフォー カツラ 副作用 アラフィフ 薄毛

2015年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油安による国際金融市場のリスクとは ~デフォルト発生のみならず、資金巻き戻しによる副作用にも留意~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年12月8日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2014-6】2014~2016年度改訂見通し-自律拡大と政策効果で緩やかな回復の一方、円安の副作用が懸念

【日本経済見通しシリーズ No.2014-6】2014~2016年度改訂見通し-自律拡大と政策効果で緩やかな回復の一方、円安の副作用が懸念

2014年9月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【円安の影響をどうみるか(1)】再び下落し始めたドル・円相場-収益増や株価上昇への期待の一方で懸念される"副作用"

【円安の影響をどうみるか(1)】再び下落し始めたドル・円相場-収益増や株価上昇への期待の一方で懸念される"副作用"

スイス“無制限介入”のその後を追う

スイス“無制限介入”のその後を追う | ニッセイ基礎研究所 スイス“無制限介入”のその後を追う 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■イントロダクションスイスの中央銀行であるスイス国立銀行が2011年9月6日に為替市場への“無制限介入”を発表して以降、約3年が経過した。この無制限介入策の内容は、スイスフランの対ユーロ為替に

2014年8月21日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

薬についての調査です。

処方薬の飲み残しに関する意識調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。「処方薬の飲み残しに関する意識調査」を行いました半数以上の人が処方された薬の飲み残しが生じることがある 飲み残しが生じる理由として最も多いのは、「服用するのをつい忘れてしまうから」 日本調剤『処方薬の飲み残しに関する意識調査』全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)は、『処方薬の飲み残しに関する意識調査』を実施しました。本調査は、「これまで

2013年11月4日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

「がん治療における漢方薬の処方動向」医師調査

がん治療医の約2/3が、副作用軽減に漢方薬処方経験あり。今後、漢方薬の処方「増える」40.3%~QLife「がん治療における漢方薬の処方動向」医師調査を発表~2013年11月01日 [金] QLifeは、がん治療医(年間20例以上のがん治療を行っている医師)を対象に、「がん治療における漢方薬の処方動向」に関する調査を実施。159人から回答を得た。 調査結果によると、がん治療の現場において漢方薬を処方したことのある医師は約3分の2に上り、しかもうち半数が処方する漢方薬の種類が3年前に比べて増加して

2013年3月30日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する大規模患者調査

QLife『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する大規模患者調査の結果を発表2013年3月29日 [金] 抗がん剤を使用した患者の約9割が「倦怠感・疲れ」「食欲不振」「吐気・嘔吐」等の副作用を経験しかし、その副作用を軽減するための薬を処方されたのは54%にとどまるQLifeは、独立行政法人国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野 分野長 上園 保仁先生監修のもと、がんと診断された患者さんを対象にインターネットで、『抗がん剤の副作用とその軽減方法』に関する調査を実施。2249人から回

漢方薬の利用やイメージについての調査です。

漢方薬に関するアンケート

ニュースリリースイベント・キャンペーン関連 ~漢方薬のイメージが変化!「体にやさしい」が第1位~ クラシエホールディングス株式会社クラシエ薬品は、全国の20代~60代の男女 560人を対象に「漢方薬」に関する意識調査を実施しました。日本漢方生薬製剤協会の調査(2011年11月)によると、漢方薬を処方している医師は全体の89.0%という結果がある中、 患者や消費者の意識の変化もあり、実際に服用した経験から漢方薬のイメージが変化したことなどが分かる調査結果となりました。 全国の20歳~6

2011年10月13日QLifeフィードバック数:3ライフスタイル

現場の薬剤師は漢方薬をどう見ているか

漢方薬に関して、医師や患者に対するアンケート調査はしばしば見られるが、薬剤師に対して(特化して)その実態を調べたものは意外に少ない。そこで、医療現場で実際に漢方薬の処方箋監査、疑義照会、調剤、服薬指導をしている薬剤師にアンケートを行い、漢方薬をどのように見ているのか、西洋薬との違いはあるか、などについてその実態を明らかにした。漢方薬に関する患者さんからの「質問・相談」で、数年前と比べて最近増えたと思う内容について、あてはまるものをすべてお選びください。患者さんからの質問・相談で最近増えた内容につ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ