「労働市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年4月3日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

基本的モラルと社会的成功

ノンテクニカルサマリー 基本的モラルと社会的成功西村 和雄 (ファカルティフェロー) 平田 純一 (立命館大学) 八木 匡 (同志社大学) 浦坂 純子 (同志社大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。

雇用関連統計14年2月~需要不足失業はほぼ解消

雇用関連統計14年2月~需要不足失業はほぼ解消 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計14年2月~需要不足失業はほぼ解消 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・需要不足失業はほぼ解消・足もとの労働市場は前回の増税前よりもかなり良好総務省が3月28日に公表した労働力調査によると、14年2月の完全失業率は前月から0.1ポイント低下の3

2014年3月27日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

幼少期の家庭環境、非認知能力が学歴、雇用形態、賃金に与える影響

ノンテクニカルサマリー 幼少期の家庭環境、非認知能力が学歴、雇用形態、賃金に与える影響 戸田 淳仁 (リクルートワークス研究所) 鶴 光太郎 (ファカルティフェロー) 久米 功一 (リクルートワークス研究所) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研

2014年3月20日日本銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

グローバル化と雇用・賃金の関係です。

(論文)グローバル化と日本の労働市場

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 グローバル化と日本の労働市場—貿易が賃金格差に与える影響を中心に—2014年3月20日櫻井宏二郎*1要旨本稿の目的は、近年の貿易の変化が日本の製造業の労働市場に与えた影響を、熟練、非熟練労働者に対する非中立的な影響に焦点を当てながら、分析することである。主な分析結果は以下のとおり。第1に、製造業計における非生産/生産労働者、大卒/高卒労働者の相対賃金と相対雇用は、1980年代から趨勢的に増加している。この事実は熟練労働

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

日本は「正規雇用の解雇が最も難しい国」?

トップレポート・コラム経済分析欧州日本は「正規雇用の解雇が最も難しい国」? ここから本文です日本は「正規雇用の解雇が最も難しい国」?EUと比べて雇用保護が厳しいわけではない。労働市場の二極化が問題サマリー◆日本では「国家戦略特別区域」の指定が迫りつつある中、規制緩和の柱である雇用に関する議論が活発化している。「解雇特区」などと表現され、正社員が解雇されやすくなるとの批判も多いが、OECDの指摘を引用して「日本は解雇が最もしづらい」と規制緩和の必要性を説く意見もある。OECDは以前から日本の正規雇

2014年2月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ドイツ経済はなぜ蘇ったか~労働市場と中小企業から考えるドイツの強さ~

ドイツ経済はなぜ蘇ったか~労働市場と中小企業から考えるドイツの強さ~

2013年12月4日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

グローバル化についての調査です。

(論文)グローバル化と日本経済の対応力

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 グローバル化と日本経済の対応力2013年12月3日加藤涼*1永沼早央梨*2要旨本稿は、主に1990年代以降に加速したとされる世界経済——特に貿易、「モノ」の流れ——のグローバル化について概観しつつ、世界の貿易ネットワークにおける日本経済の立ち位置の変遷について考察することを第一の主題とする。既往のグローバル化は、輸送費や関税の低下等によって促された生産立地と消費地の二分化を典型例とするものであった。これに対し、現在進行

2013年10月10日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

労働市場における学歴ミスマッチ―その賃金への影響―

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper Series No.303 労働市場における学歴ミスマッチ―その賃金への影響― 労働市場における学歴ミスマッチ―その賃金への影響―要旨本研究の目的は,「就業構造基本調査」の個票データを用い,学歴ミスマッチ(教育過剰と教育過少)が賃金に与える影響を統計的に検証することにある。具体的には,同じ学歴を獲得したにもかかわらず,より低い学歴しか求められない職業に就いた者(教育過剰者)とその学歴に見合った職業に就いた者(教育適当者)の賃金

2013年8月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

意見が分かれ明示的ではないQE3縮小時期

トップレポート・コラム経済分析米国意見が分かれ明示的ではないQE3縮小時期 ここから本文です意見が分かれ明示的ではないQE3縮小時期7月30~31日開催のFOMC議事録サマリー◆7月30日~31日開催のFOMCでは現行の金融政策が維持され、当該FOMCの議事録が公表された。いわゆるQE3(量的緩和策第3弾)の年内縮小開始はほぼ確定的になったとみられるが、FOMCメンバー内で引き続き意見が分かれ、開始時期は明らかにはならなかった。◆2013年前半の経済情勢の評価は、労働市場の改善などが指摘されたが

2013年8月6日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

失業率の低下を前向きに評価

トップレポート・コラム経済分析米国失業率の低下を前向きに評価 ここから本文です失業率の低下を前向きに評価2013年7月の米雇用統計:ただし質的改善は緒に就いたばかりサマリー◆2013年7月の非農業雇用者数は6月から増加幅が縮小し、前月差16.2万人増となった。6ヵ月平均で見れば、前月差20万人増程度となっている。雇用環境は緩やかに改善しているとの見方に変更はない。◆業種分類別に見ると、政府部門は地方政府の雇用拡大などにより増加に転じ、民間・サービス部門は引き続き全体を押し上げた。一方で、民間・生

2013年8月1日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響

Research Digest (DPワンポイント解説) 同期入社の社員数が昇進並びに賃金に与える影響 世界各国で若年層の失業問題が深刻化している。国際労働機関(ILO)によると世界の若年層(15~24歳)の失業率は2013年見込みで12.6%となり、2018年まで12%台の高水準が続く見通しである。就業者の中でも、景気低迷期には非正規の割合が高くなり、正規職員の採用数は限定される。川口FFらは、こうした不況期に運よく職を見つけることができた日本の若者が、就職先の企業でどのような処遇を受けている

2013年7月19日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

欧州:若年失業者の憂慮すべき増加

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州:若年失業者の憂慮すべき増加 ここから本文です欧州:若年失業者の憂慮すべき増加「学校は出たけれど」サマリー◆EUにおける若年失業率は憂慮すべき高さとなっている。2013年6月のEU首脳会議でも若年失業者問題が主要議題として取り上げられ、対策案への合意もみられた。しかし、次世代を担う若者が現実に直面している危機の大きさに比べ、あまりにも小さな対策予算の規模を憂う声もある。◆若年失業率が高い原因として経済の低迷、教育と労働市場のミスマッチ、労働市場の硬直性などが

2013年7月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用者数の改善ペースは速かった

トップレポート・コラム経済分析米国雇用者数の改善ペースは速かった ここから本文です雇用者数の改善ペースは速かった2013年6月の雇用統計:ただし質的改善は始まったばかりサマリー◆2013年6月の非農業雇用者数は5月と同じ前月差19.5万人増であった。業種分類別に見ると、政府部門は歳出の強制削減などによって引き続き減少、民間・生産部門では製造業に先行きの不透明感が高まる内容であった。一方で、民間・サービス部門はレジャー・娯楽などの業種が雇用の増加を牽引し、引き続き堅調な伸びであった。◆失業率は7.

2013年7月9日みずほ総合研究所フィードバック数:13キャリアとスキル

限定正社員の普及・促進は労働市場の朗報か~ルールの整備と転職を支える政策の充実が課題~

限定正社員の普及・促進は労働市場の朗報か~ルールの整備と転職を支える政策の充実が課題~

2013年6月9日日本機械工業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度 近畿地域機械工業の事業活動推進に関する調査

平成24年度 近畿地域機械工業の事業活動推進に関する調査―急速に進むグローバル化に対応した人材の育成・確保について― [発行機関:一般社団法人 日本機械工業連合会] [発行年:H25(2013)][ページ数:196][識別:24地域機械 ] [テーマ別分類: 国際経済 -各国経済・政策・市場・産業・企業動向] [テーマ別分類: 労働 -労働政策、労働力、労働市場、就業構造、雇用、失業]

2013年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

ユーロ危機の新たな段階 -債務危機から雇用危機へ

ユーロ危機の新たな段階 -債務危機から雇用危機へ | ニッセイ基礎研究所 ユーロ危機の新たな段階 -債務危機から雇用危機へ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12年夏をピークに、政府債務危機の連鎖による世界的な金融システムの混乱やユーロ崩壊への不安は後退しているが、ユーロ圏の景気後退は世界金融危機後を超える期間にわたり、失業率の

2013年5月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

QE3の縮小は時期尚早ながら本格検討

トップレポート・コラム経済分析米国QE3の縮小は時期尚早ながら本格検討 ここから本文ですQE3の縮小は時期尚早ながら本格検討4月30日~5月1日開催のFOMC議事録とバーナンキ議長の議会証言サマリー◆4月30日~5月1日開催のFOMCでは金融政策が維持された。当該FOMCの議事録が公表され、Fedメンバーにおいて次回6月のFOMCから資産買い入れ規模の縮小・停止を求める声も一部でみられた。◆足下で警戒感は弱いものの、ディスインフレ傾向が鮮明になっている。さらにインフレ率の伸びが鈍化すれば、労働市

2013年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:4社会/政治

日本の労働市場の賃金デフレ脱却の鍵は

日本の労働市場の賃金デフレ脱却の鍵は

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 資産購入ペースの維持決定、今後は減額と増額の両睨みへ(13年4月30日、5月1日FOMC) ~労働市場だけでなくインフレ見通しの変化に応じて購入ペースを増減する方針~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年5月1日厚生労働省★フィードバック数:6キャリアとスキル

非常に見やすくまとめられています。

国勢調査を使った労働市場圏の分析(兵庫県)

国勢調査を使った労働市場圏の分析(兵庫県)

2013年3月30日経済産業研究所★フィードバック数:25キャリアとスキル

大学入試での学力テストの有無による就職後の給料の違いを見ています。

大学入試制度の多様化に関する比較分析-労働市場における評価-

大学入試制度の多様化に関する比較分析-労働市場における評価- 浦坂 純子(同志社大学) /西村 和雄(ファカルティフェロー) /平田 純一(立命館アジア太平洋大学) /八木 匡(同志社大学) 概要本稿では、各種入試制度を整理した上で、労働市場における相対的パフォーマンスを所得によって測定し、学力考査を課す入試制度と課さない入試制度とを比較することにより、1980年代半ばから強力に進められた大学入試制度の多様化の帰結を評価する。本稿の分析のために、Gooリサーチ社を通じてインターネット調査「

団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方

団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方団塊世代の退職による労働市場への影響 ~「2012 年問題」から考える超高齢社会における働き方 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお

2013年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 国内民間需要はしっかり

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 国内民間需要はしっかり ここから本文です米国経済見通し 国内民間需要はしっかり影を落とし続ける財政問題サマリー◆2012年10-12月期の実質GDPはマイナス成長となった。下押し要因は、政府支出、在庫投資、純輸出であり、国内の民間需要は堅調であった。財政問題は、政府支出の減少のみならず、家計や企業にもマイナスの影響を与えていると考えられる。◆財政問題では、債務上限問題が先送りされたが、3月1日に歳出の強制一律削減が開始されることになったままである

2012年1月12日ダイヤモンド社★フィードバック数:32キャリアとスキル

ワークス研究所による新卒採用についての調査です。

最新版「ワークス採用見通し調査」どうなる!? 2013年新卒採用見通し

超就職氷河期、非正規社員の比率の高まり、社内教育制度の限界など日本の労働市場は、大きな転換期にある。労働市場の研究所として名高いリクルート社のワークス研究所の研究員が、就職、転職、キャリアパス、制度問題など、労働市場を360度の視点から縦横に分析する。 景気動向は依然として不透明なまま2012年を迎えた。 2011年12月15日に発表された日銀短観の業況判断を見ると、製造業の大企業、中堅企業、中小企業すべてにおいて、足元や先行きの「良い−悪い」がマイナスとなった。一方、非製造業では、中堅企業およ

2009年5月19日アイデムフィードバック数:0キャリアとスキル

パートタイマーの募集時時給動向レポート

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

2009年2月23日アイデムフィードバック数:0キャリアとスキル

パート・アルバイトの働き方に関する調査

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ