「労働時間」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年4月9日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

従業員のメンタルヘルスについての調査です。

従業員のメンタルヘルスと労働時間-従業員パネルデータを用いた検証-

ノンテクニカルサマリー 従業員のメンタルヘルスと労働時間-従業員パネルデータを用いた検証- 黒田 祥子 (早稲田大学) 山本 勲 (慶應義塾大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム

「日本経済研究」No70

日本経済研究「日本経済研究」は日本有数の学術論文誌です。年に2,3回発行しています。論文は公募しており、レフェリーの厳正な審査などを経たうえで掲載となります。【70】 2014年3月発行本稿は、中国経済の高成長の陰で生じてきた過剰資本蓄積の原因と、それに伴う厚生損失を定量的に明らかにする。まず、中国の高成長と共に家計部門に対する資本所得・労働所得の過少支払いが生じていたこと、それが企業部門に大量の内部留保を生み出し、過剰な資本投資がもたらされた可能性を指摘する。Abel et al.(1989)

労働時間の減少が就業率に与える影響について―韓国政府が時間選択制を拡大・実施、今後の課題は?―

労働時間の減少が就業率に与える影響について―韓国政府が時間選択制を拡大・実施、今後の課題は?― | ニッセイ基礎研究所 労働時間の減少が就業率に与える影響について―韓国政府が時間選択制を拡大・実施、今後の課題は?― 生活研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2011年の韓国人1人あた

2013年12月4日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金について考える-果たして賃金は下がっているのか? 影響を大きく受けた人は誰か? その要因は何か?

賃金について考える -果たして賃金は下がっているのか? 影響を大きく受けた人は誰か? その要因は何か?今年2月、安倍晋三首相は、経団連、経済同友会、日本商工会議所の経済3団体トップと首相官邸で会談し、デフレ脱却に向けて業績が改善した企業から賃金を引き上げるよう要請した(2013年2月12日 日本経済新聞)。そもそも、我々の賃金は平均的にはどのように変化してきたのだろうか。このコラムでは、賃金について考えてみよう。果たして賃金は下がっているのか? いないのか? その影響を大きく受けた人は誰か? そ

国内人口推移が、2030年の「働く」にどのような影響を及ぼすか

2030年、実に人口の1/3近くが65歳以上の高齢者になる2010年と2030年の人口ピラミッド(国立社会保障・人口問題研究所の推計による。)  2030年の「働く」を考えるにあたって、まず初めに、日本国内の人口推移予測が労働環境にどのように影響するかを考えてみたい。人口推移は、中長期の未来を考える際、最も予測が立てやすく、予測幅の小さい事象の1つである。しかも、経済環境や労働環境への影響は大きい。2030年の「働く」を考える上で欠かせない要素である。国立社会保障・人口問題研究所の推計によれ

2013年5月14日経済産業研究所フィードバック数:21キャリアとスキル

職場における男女間格差の動学的研究:日本大企業の計量分析的ケーススタディ

ノンテクニカルサマリー 職場における男女間格差の動学的研究:日本大企業の計量分析的ケーススタディこのノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度)「企業内人的資源配分メカ

2013年3月4日経済産業研究所フィードバック数:8キャリアとスキル

非正規労働者の雇用転換-正社員化と失業化

非正規労働者の雇用転換-正社員化と失業化 久米 功一(名古屋商科大学) /鶴 光太郎(ファカルティフェロー) 概要非正規雇用は、無業者・失業者を雇用につなぎ、さらに正社員へ転換するステップとしての役割が期待されている。本稿では、非正規雇用を主な対象とするWebアンケート調査の結果を用いて、非正規雇用から正社員あるいは失業に転じる場合の決定要因について、雇用形態や留保賃金の違いに注目して実証的に分析した。その結果、前職が契約社員、卒業直後に正社員、前職の労働時間が長い、企業規模が小さい、人的

連合による労働時間についてのまとまった調査です。

労働時間に関する調査

労働時間に関する調査

2011年11月21日厚生労働省フィードバック数:3キャリアとスキル

毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年9月分)

平成23年11月18日大臣官房統計情報部雇用統計課課長 南 和男企画調整係長 前原 庸司企画調整係(電話代表) 03(5253)1111(内線7609,7610)(直通電話) 03(3595)3145 報道関係者各位毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年9月分) 毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年9月分)を厚生労働省のWebページに掲載しましたのでお知らせします。 【地域別特別集計について】毎月勤労統計調査では、臨時的な措置として、当分の間、東北電力・東京電力管内の東北・関

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ