調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 労働生産性上昇

「労働生産性上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年12月17日日本生産性本部★フィードバック数:0ビジネス

日本の労働生産性の動向2018

2017年度の名目労働生産性は過去最高を更新 「日本の労働生... 2017年度の名目労働生産性は過去最高を更新「日本の労働生産性の動向 2018」を発表公益財団法人日本生産性本部は「日本の労働生産性の動向 2018」を11月9日、発表いたしました。日本の労働生産性は、OECD加盟35カ国中20位(『労働生産性の国際比較』日本生産性本部、2017年)で加盟国平均を下回っており、低迷が続いています。なお、日本生産性本部では、最新の国際比較を12月下旬にとりまとめ、公表する予定です。2017年

2017年12月7日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の労働生産性の動向 2017年版を発表  ~時間当たり・1人当たり名目労働生産性は過去最高を更新~

日本の労働生産性の動向日本の労働生産性の動向は、日本の生産性の現状や動向について、各種のデータを利用しながら概説したものです。2015年度まであわせて公表していた「労働生産性の国際比較」については、2016年度から別のレポートとして公表しています。2020年度の日本の時間当たり名目労働生産性は4,986円。実質(時間当たり)労働生産性上昇率は前年度比-0.4%。2020年後半は回復に転じたものの、2021年に入って再び低迷2020年度の日本の時間当たり名目労働生産性(就業1時間当たり付加価値額)

2014年11月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

今度こそ賃金は上昇するか

トップレポート・コラム経済分析日本今度こそ賃金は上昇するか ここから本文です今度こそ賃金は上昇するか逼迫した労働需給環境の維持と正規・非正規のミスマッチ解消をサマリー◆本稿では、デフレ脱却を実現するための条件について経済構造面から検討する。労働生産性の向上を通じた実質賃金の上昇はデフレ脱却を後押しすると期待されるが、生産性の伸び率の高低はデフレそのものの原因ではない。デフレ期の日本の労働生産性上昇率は海外主要国と比べて見劣りしていない。◆デフレが長期化している原因は、デフレ型の企業行動が広く定着

2014年7月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

今度こそ賃金は上昇するか

トップレポート・コラムコラム今度こそ賃金は上昇するか ここから本文です今度こそ賃金は上昇するか賃金がなかなか上昇しない。安倍政権は政労使会議を開いて賃金上昇の必要性を共有したり、春闘では異例ながらも企業にベアを促したりするなど、賃金上昇の実現に向けて積極的に取り組んできた。実際、ベアを行った企業は例年よりもかなり多く見られた。だが、マクロ統計で一般労働者(≒正規社員)の所定内給与をみると、4月は前年比0.1%と3月(同▲0.1%)からわずかに上昇へ転じた程度であった。5月の所定内給与も同0.2%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ