「勉強法」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年9月4日コクヨフィードバック数:0ライフスタイル

中高生の学びに関する実態調査レポート「やるべき」と「できている」のギャップが大きいのは「勉強計画」

「やるべき」と「できている」のギャップが大きいのは「勉強計画」  学習指導要領の改訂、大学入試共通テストの導入、長期の休校等により、中高生の学びは大きな変化にさらされています。そのような環境下において、学生自身が感じている課題等を調査することを目的に、2020年6月、コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、全国の中高生を対象に「勉強に関するアンケート」を実施しました。勉強方法や情報収集の仕方、関心の高い文具等について、調査から浮かび上がってきた中高生の学びの実態をレポートします。

2019年3月25日ゼブラフィードバック数:0キャリアとスキル

おとなの学び直しに関する意識調査

おとなの学び直しに関する意識調査40代50代の73%が学び直しの必要を感じているが69%は何もしていない理由は「記憶力や集中力の低下」「勉強の仕方が分からない」等 ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川 真一)は、2019年3月に、上場企業で正社員として働く40代50代に、学び直しについての意識調査をおこないました。 背景:人生100年時代を見据え、60歳や65歳で定年退職した後も働きたいという人が多いと言われています。また、従来のように同じ職場で一つの仕事を長く続ける働き方

2016年7月8日プレジデント社フィードバック数:0キャリアとスキル

人気の「英会話テキスト&著者」トップ5

世の中にはさまざまな英語勉強法があるが、目的をTOEICの点数アップに絞ると、はたしてどのようなやり方が効果的なのか。それを探るべく、現在TOEIC勉強中の500人にアンケートを実施。実態を調べた。アンケート協力者の最終学歴は、大卒(国内)が58.2%、大学院(国内)が20.0%で、ほとんどの人が受験英語を経験済みだった。注目したいのは、TOEICを受けた回数だ。未受験は4.4%で、1回だけは7.4%。つまりそれ以外の88.2%が複数回受験者。しかも、回数が半端ではない。受験回数が5回以上は61

2016年2月1日プレジデント社フィードバック数:0キャリアとスキル

あなたの勉強法でわかる「未来の年収」診断書

自分が将来的にどこまで出世でき、どの程度の年収を得ることができるのか。企業で働くビジネスマンなら、一度は自分の可能性を知りたいと思ったことがあるだろう。そこで、役員を務めるビジネスマンと課長以下のビジネスマンを対象に、個人の習慣やスキルに関するアンケートを行ったところ、そこには歴然とした差が出た。まず、役員クラスのビジネスマンは概して勉強家で、努力家である。 忙しい仕事の合間を縫って毎日勉強し、よく本を読んでいる。セミナーや勉強会に対しても積極的だ。一方、同じ問いでの課長以下のビジネスマンの結果

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ