「動画広告」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月8日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」

動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」 動画&動画広告 月次定点調査(2020年7月度)動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」視聴する動物動画は、圧倒的に「犬」と「猫」調査結果サマリー動物動画を視聴する人のうち、動物動画を「毎回、最後まで視聴する」人は23.0%でした。年代別で見てみると、10代(34.0%)、20代(37.6%)、30代(25.8%)、40代(16.0%)、50代(13.9%)、60代(10.8%)でした。10代では3割以上、20代では4割近くが、毎回、動物動画

2020年6月10日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者207人に聞いた 動画広告の活用実態調査2020年版

2年連続で7割以上が動画広告の投資対効果の高さを実感 投資強化意向は昨年より弱まるも、全体の拡大傾向は継続 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第18弾として、「企業の広告宣伝担当者207人に聞いた 動画広告の活用実態調査2020年版」を実施いたしましたので結果を発表いたします。これは、昨年実施した同調査の結果との比較により、企業における動画広告の活用実態の推移についてまとめたレポートです。 ●投資を強化する意向は昨年

2020年6月4日GMOインターネット★★フィードバック数:0マーケティング

「マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査」を実施

2020年6月3日発表の本プレスリリースにおいて、調査対象人数の記載に誤りがございました。深くお詫び申し上げますとともに、以下の通り訂正させていただきます。(2020年6月4日)■訂正箇所(全3カ所)(1)<調査概要>の「方法」に記載の調査対象人数【誤】1,095名【正】5,638名(2)(表1)の2番目の表の調査対象母数【誤】(n=1,547) 【正】(n=613)(3)(表2)調査対象母数【誤】(n=2,382) 【正】(n=1,095)2020年6月3日「マーケティング担当者に聞いた動画活

2020年4月27日マイボイスコムフィードバック数:0ビジネス

インターネット広告に関するアンケート調査(第3回)

インターネット広告に関するアンケート調査(第3回) ■直近1年間に表示されたインターネット広告は、「バナー広告」が8割強、「動画広告」が6割弱、「コンテンツや記事間の広告」「動画サイトの、スキップできる動画広告」が各4~5割。■直近1年間に広告表示された人のうち、内容を読む人は4割弱。■直近1年間にインターネット広告が表示された人のうち、「広告を閉じた」「広告を間違えてクリックした」「広告をクリックした(意図的に)」が3~4割。■インターネット広告について「気になるものや興味がある・面白い

2020年4月20日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編

動画配信サービス利用率首位は、「Amazonプライム・ビデオ」が2年連続 動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編【トレンドトピック版】動画配信サービス利用率首位は、「Amazonプライム・ビデオ」が2年連続10代、20代の「Instagram」ユーザーの約6割に、「ストーリーズ」投稿経験調査結果サマリー 2019 年 11 月度調査において、月額制動画配信サービスを利用している人は 24.1 %でした。 現在、利用している月額制動画配信サービスを聞いたとこ

2020年1月28日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験

YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験 動画&動画広告 月次定点調査(2019年12月度)YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験年末年始、動画視聴のデバイスとして「テレビ」「スマートフォン」がほぼ同率調査結果サマリー YouTube で、スキップできない、6 秒以下の短い動画広告(バンパー広告)を視聴したことがある人のうち、バンパー広告の視聴後、「その商品・サービスを検索したことがある」人は25.2 %、「広告元のサ

2019年12月13日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた  テレビCMに対する価値評価 2019年版

テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた テ... テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いたテレビCMに対する価値評価 2019年版50%以上がテレビCM投資増、動画広告と比較し期待効果に乖離が生じる結果に株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第14弾として、「テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた テレビCMに対する価値評価 2019年版」を実施いたしましたので

2019年10月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」

自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」 『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』~動画広告の配信頻度が高いと感じるメディアは、「YouTube」~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1

2019年8月7日ネオマーケティング★★フィードバック数:0マーケティング

日常に溢れている広告の影響力に関する調査

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 立教大学 経営学部の学生が気になることを大調査!! 一都三県の通勤・通学で二路線以上使用している男女に聞いた 日常に溢れている広告の影響力に関する調査日々の通勤や通学であふれている広告、どのように思われている? 電車内の動画広告は効果的なのか!? 立教大学の「eビジネス&マーケティング」(担当:大嶋淳俊先生)を受講した学生と総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)で

2019年7月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2019年6月度) 20代の約4割が、「Vlog(ブイログ)」を認知

20代の約4割が、「Vlog(ブイログ)」を認知 動画&動画広告 月次定点調査(2019年6月度)20代の約4割が、「Vlog(ブイログ)」を認知「Vlog」視聴経験者の約3割が、「ほぼ毎日視聴」調査結果サマリー20代の約4割が、「Vlog」を認知 日々の出来事を文章ではなく、動画として発信するブログ「Vlog(ブイログ)」について、「視聴したことがある」人は12.4%、「知っているが、視聴したことはない」人は18.1%で、合計すると30.5%が「Vlog」を認知していました。年代別に認知率を見

2019年7月9日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

キッチンの利用に関する実態調査 男性の約半数が、「ほぼ毎日キッチンを利用」

男性の約半数が、「ほぼ毎日キッチンを利用」 30代から60代に聞く!キッチンの利用に関する実態調査男性の約半数が、「ほぼ毎日キッチンを利用」手入れで最も面倒なのは「換気扇」調査結果サマリー男性の約半数が、「ほぼ毎日キッチンを利用」 現在の住まいにキッチンがある人のうち、女性の90.8%、男性の49.7%が「毎日キッチンを利用する」と答えました。キッチンを利用すると答えた人に、利用目的を聞いたところ、女性の場合は「普段の食事のための料理」(92.1%)、「皿などの洗い物」(82.8%)、「特別な日

2019年3月29日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「Vチューバー」を、10代の約7割が認知

動画&動画広告 月次定点調査(2019年2月度)「Vチューバー」を、10代の約7割が認知10代の約3割に、「ライブ・ビューイング」の経験あり調査結果サマリー「Vチューバー」を、10代の約7割が認知 CG(コンピュータグラフィック)などで制作した架空のキャラクターを使ってYouTubeに動画配信や投稿を行っている「Vチューバー」(Virtual YouTuber)について、「知っている」人は37.5%でした。若年層ほど認知率が高く、10代は67.0%、20代は50.0%の人が認知していました。※「

2019年3月1日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

バナー広告と動画広告の不快感

スマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より、動画広告」 動画&動画広告 月次定点調査(2019年1月度)スマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より、動画広告」「レシピ動画アプリ」利用率トップは「クラシル」調査結果サマリースマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より、動画広告」 1月にスマートフォンで「バナー広告(静止画の広告)」と「動画広告」の両方を見掛けた人のうち、「動画広告より、バナー広告に不快感を持った」人は10.9%、「どちらも同じくらい不快だった」人は31.9%、「バナ

2019年2月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

月額制動画配信サービスの利用率

月額制動画配信サービスの利用率は「Amazon」が首位。「Netflix」が2位 動画&動画広告月次定点調査 2018年総集編【トレンドトピック版】月額制動画配信サービスの利用率は「Amazon」が首位。「Netflix」が2位10代の購買に最も影響を与えた動画広告は「Instagram」調査結果サマリー月額制動画配信サービスの利用率は「Amazon」が首位。「Netflix」が2位 2018年9月度調査において、最も多くの人が「利用中」と回答した月額制動画配信サービスは、2017年に引き続いて

2019年2月12日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「YouTube」に動画投稿する人のうち、約3割が収入を得た経験あり

「YouTube」に動画投稿する人のうち、約3割が収入を得た経験あり 動画&動画広告 月次定点調査(2018年12月度)「YouTube」に動画投稿する人のうち、約3割が収入を得た経験ありライブ動画を視聴する10代の約半数が、「Instagram」で視聴調査結果サマリー「YouTube」に動画投稿する人のうち、約3割が収入を得た経験あり「YouTube」利用者のうち、「動画を投稿することがある」と答えた人は14.5%でした※1。そのうち、投稿した動画によって「収入を得た経験がある」人は32.4%

2019年2月8日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

10代が動画を視聴するプラットフォームとして、「Instagram」が約6割

10代が動画を視聴するプラットフォームとして、「Instagram」が約6割 動画&動画広告月次定点調査 2018年総集編10代が動画を視聴するプラットフォームとして、「Instagram」が約6割10代の約3割が、「TikTok」を利用中調査結果サマリー10代が動画を視聴するプラットフォームとして、「Instagram」が約6割 10代が動画コンテンツを視聴するプラットフォームとして、2018年に最も利用率を伸ばしたのは「Instagram」(2018年1月度:26.8%、2018年12月度:

2019年1月21日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告月次定点調査(2018年11月度)

SNSに静止画より動画を投稿する10代が、昨年比で1.6倍に 動画&動画広告 月次定点調査(2018年11月度)SNSに静止画より動画を投稿する10代が、昨年比で1.6倍に10代の購買に影響した動画広告として「Instagram」が昨年比で大幅増調査結果サマリーSNSに静止画より動画を投稿する10代が、昨年比で1.6倍にSNS投稿を行っている人に、動画と静止画のどちらを投稿することが多いか聞いたところ、「静止画よりも、動画を投稿することが多い」人は11.3%、「静止画しか投稿しない」人は35.3

2018年11月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2018年9月度)

Instagramの機能「ストーリーズ」利用率が、10代は1.8倍に増加 動画&動画広告 月次定点調査(2018年9月度)Instagramの機能「ストーリーズ」利用率が、10代は1.8倍に増加月額制動画配信サービスの利用率1位は、「Amazonプライム・ビデオ」調査結果サマリーInstagramの機能「ストーリーズ」利用率が、10代は1.8倍に増加Instagramを現在利用していると回答した人のうち、投稿した写真や動画が24時間で自動的に消える、Instagramの機能「ストーリーズ(Sto

2018年8月24日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2017年度のインターネット広告国内市場規模は前年度比111.7%の約1.3兆円、2022年度には約2.4兆円までの拡大を予測

2017年度のインターネット広告国内市場規模は前年度比111.7%の約1.3兆円、2022年度には約2.4兆円までの拡大を予測 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のインターネット広告市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。 インターネット広告国内市場規模推移と予測1.市場概況インターネット広告国内市場規模は年々拡大しており、2017年度には約1.3兆円、2018年度には約1.5兆円を超えると予測する。PCブラウザ向け広告に比べ、スマートフォン広告

2018年8月2日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画SNSの「Tik Tok」を、10代の7割以上が認知

動画SNSの「Tik Tok」を、10代の7割以上が認知 動画&動画広告 月次定点調査(2018年6月度)動画SNSの「Tik Tok」を、10代の7割以上が認知「YouTube」の動画広告に悪印象を持つ人は、4年前より減少調査結果サマリー動画SNSの「Tik Tok」、10代の認知率で「YouTube」「ツイキャス」に次いで3位動画を投稿したり、視聴したりできる動画専用SNSの利用状況を、スマートフォンユーザーに聞いたところ、「YouTube」の認知率が81.1%とずば抜けて高く、それ以外はい

2018年6月6日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

「スマホアプリの動画広告」は、テレビCMよりも不快感を持つ

「スマホアプリの動画広告」は、テレビCMよりも不快感を持つ 動画&動画広告 月次定点調査(2018年4月度)「スマホアプリの動画広告」は、テレビCMよりも不快感を持つ動画配信サービス利用者の半数は、「動画より、テレビのエンタメ」を長時間視聴調査結果サマリー「TVCM」と「動画広告」、視聴時に不快感を抱くのはどっち?「YouTube」など複数プラットフォームで配信される動画広告と「テレビCM」について、視聴時にどちらの方が不快感を抱くか聞いたところ、「テレビCMよりも不快感を抱く」割合が最も高かっ

2018年4月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

最も不快感を持つのは、「Webサイト」の動画広告

最も不快感を持つのは、「Webサイト」の動画広告 動画&動画広告 月次定点調査(2018年2月度)最も不快感を持つのは、「Webサイト」の動画広告動画広告を見た人の約2割が、「不快に感じた動画広告をブロック」調査結果サマリー最も不快感を持つのは、「Webサイト」の動画広告2月に閲覧したYouTubeやLINE、Facebook、Instagram、TwitterといったSNS、その他のスマートフォンアプリなどといったメディアのうち、動画広告が流れて不快感を持ったメディアを聞いたところ、「Webサ

2018年4月4日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

有料インターネット動画の利用率は昨年から8ポイント増加し22%に

ニールセン 動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発売「Amazon Prime Video」の利用率は昨年から5 ポイント増加し、利用率13%にインターネット上でもテレビ番組が多く視聴されているが、10 代にはYouTuber の投稿が人気若年層ほどインターネット上で動画広告を視聴することにより態度変容しやすい視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳) は、3月末より販売を開始した動画コンテンツと動画広告の利用動向調査「Niel

2018年4月4日マイボイスコム★フィードバック数:0マーケティング

インターネット広告に関するアンケート調査(第2回)

インターネット広告に関するアンケート調査(第2回) ■直近1年間に表示されたインターネット広告は、「バナー広告」が8割強、「動画広告」が6割弱、「コンテンツや記事間の広告」「動画サイトの、スキップできる動画広告」が各4~5割。■直近1年間に広告表示された人のうち、内容を読む人は3割強。内容を読んだことがあるのは「バナー広告」3割弱、「記事広告」「動画広告」「メール広告」が各1割弱。■直近1年間にインターネット広告が表示された人のうち、「広告を間違えてクリックした」「広告を閉じた」「広告をク

2018年4月4日YouAppi★★フィードバック数:0マーケティング

YouAppi、最新の「第2回CMOモバイルマーケティングガイド調査」を公開

YouAppi、最新の「第2回CMOモバイルマーケティングガイド調査」を公開2018年のモバイルマーケティング市場では動画広告への投資額が大幅に増加イスラエルに研究開発拠点を置くYouAppi(本社:サンフランシスコ、 以下、ユーアッピ)は、グローバル企業のCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)425人を対象にアンケート調査を実施し、今後1年間のモバイルマーケティングの動向を明らかにした「第2回CMOモバイルマーケティングガイド調査」の結果を公開いたしました。2012年に設立されたユーアッ

2018年3月23日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

SNSに動画コンテンツを「毎日、投稿する」人が、ここ半年で2倍以上に

SNSに動画コンテンツを「毎日、投稿する」人が、ここ半年で2倍以上に 動画&動画広告月次定点調査 2017年総集編SNSに動画コンテンツを「毎日、投稿する」人が、ここ半年で2倍以上に~動画コンテンツの視聴デバイスとして、「スマートフォン」が増加~調査結果サマリーSNSで動画コンテンツを「毎日、投稿する」人は、半年で2倍以上にSNSで動画コンテンツを投稿すると回答した人のうち、2017年度6月度調査では「毎日、投稿する」人は6.4%でしたが、12月度調査では14.8%と2倍以上となりました。一方で

2018年3月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2017年総集編40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト利用者の4割超が「InstagramやTwitter上に購入ボタンがあったら使いたい」調査結果サマリー「Instagram」「Twitter」利用者の4割超が、SNS上に「商品購入ボタン」があったら使いたい 2017年9月度調査において、SNSを週1回以上利用する人に、それぞれのSNS上に商品購入ボタンが設置され

2018年2月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

約6割が、「YouTuberによる動画」の視聴経験あり

約6割が、「YouTuberによる動画」の視聴経験あり 動画&動画広告 月次定点調査(2018年1月度)約6割が、「YouTuberによる動画」の視聴経験ありレシピ動画の利用率が、30代で4割越え調査結果サマリー約6割が「YouTuberによる動画」の視聴経験あり「YouTuberの動画を見たことがある」と回答した人の割合は60.9%で、2014年7月度調査時の25.9%から大幅に増加しました。また、「YouTuberという存在を知っているが、動画は見たことがない」人の割合は、2014年7月度調

2018年1月25日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年11月度)

最もシェアされやすい動画SNSは「YouTube」。10代では「Twitter」「インスタ」も 動画&動画広告 月次定点調査(2017年11月度)最もシェアされやすい動画SNSは「YouTube」。10代では「Twitter」「インスタ」も動画専門メディアの利用率はいずれも1割未満。若年層ほど利用率が高い傾向調査結果サマリー最もシェアされやすい動画SNSは「YouTube」。10代では「Twitter」や「インスタ」も1週間に1回以上動画を視聴している人に、普段、動画コンテンツを視聴しているプラ

2017年12月21日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年10月度)

10月、最も購買行動影響を与えた「動画プラットフォーム」は? 動画&動画広告 月次定点調査(2017年10月度)10月、最も購買行動影響を与えた「動画プラットフォーム」は?主要動画ストリーミング端末で、最も利用されているのは「Fire TV Stick」調査結果サマリー10月、最も購買行動に影響を与えた動画プラットフォームは「YouTube」10月に動画広告を視聴した人に、動画広告を見かけたプラットフォームの中で、購入の際に最も参考にしたものを聞いたところ、「YouTube」と答えた人の割合が最

2017年11月9日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)

動画コンテンツを視聴するデバイスは、「スマホ」が「テレビ」を超える 動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)動画コンテンツを視聴するデバイスは、「スマホ」が「テレビ」を超えるスマホで動画コンテンツを視聴する人の3割が、「ポケットWi-Fiを所有」調査結果サマリー動画コンテンツを視聴するデバイスとして、「スマートフォン」が「テレビ」の利用を超える9月に最も長時間、テレビを含む動画コンテンツを視聴したデバイスとして回答が多かったのは「スマートフォン」(29.8%)でした。次いで、「パソコン」

2017年10月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年8月度)

10代がスマホで最も利用するコンテンツは「動画」で、1日80分以上視聴 動画&動画広告 月次定点調査(2017年8月度)10代がスマホで最も利用するコンテンツは「動画」で、1日80分以上視聴最も視聴されているスポーツ動画配信サービスは「スポナビ」調査結果サマリー10代がスマホで最も利用するコンテンツは「動画」。1日平均80分以上の視聴スマートフォンで利用するコンテンツについて、1日あたりの平均利用時間が最も長かったのは「ゲーム」で55.75分で、次いで「動画」が51.53分でした。10代に限って

国内プライベートマーケットプレイス市場調査

プレスリリース AJA、国内プライベートマーケットプレイス市場調査を実施2017年のインターネット広告プライベートマーケットプレイス取引市場、前年比約2倍の125億円に。2021年には2017年比約3倍の387億円、RTB取引額の22%に到達 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社でメディア発のアドテクノロジー事業を行う株式会社AJA (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山田陸)は、株式会社デジタルインファクト

2017年9月21日ONPAJAPANフィードバック数:0マーケティング

Web動画「ブラックジンジャーのチカラ」の発信で得たFacebook広告に関するデータ

[] Facebook広告で興味を示したのは65歳以上のユーザームープレでは、公式Facebookアカウントを通じて、動画広告の配信を実施しております。出稿した広告のひとつである動画「ブラックジンジャーのチカラ」において、特徴的な傾向が見られたため、詳細な調査と分析を行った結果、下記のデータを得ることが出来ました。この「ブラックジンジャーのチカラ」のFacebook広告では、男女ともに年齢が上がるほど、視聴率やクリック率が高い結果となりました。これにより年齢が上がるほど、ブラックジンジャーに関心

2017年8月26日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム スマートフォン広告

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 スマートフォン広告 】に関するアンケート調査直近1年間にスマートフォン広告が表示された際の行動は、「広告を閉じた」「広告を間違えてクリックした」が表示された人の3〜4割 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『スマートフォン広告』に関するインターネット調査を2017年7月1日〜5日に実施し、11,042件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.my

2017年8月16日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム スマートフォン広告

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 スマートフォン広告 】に関するアンケート調査直近1年間にスマートフォン広告が表示された際の行動は、「広告を閉じた」「広告を間違えてクリックした」が表示された人の3〜4割 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『スマートフォン広告』に関するインターネット調査を2017年7月1日〜5日に実施し、11,042件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.my

2017年8月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年7月度)

レシピ動画アプリ利用率1位は「クックパッド」、新興アプリが僅差で猛追 動画&動画広告 月次定点調査(2017年7月度)レシピ動画アプリ利用率1位は「クックパッド」、新興アプリが僅差で猛追ポケットWi-Fi利用者の約7割が「速度の遅さにイライラ」した経験あり調査結果サマリーレシピ動画アプリ利用率1位は「クックパッド」、新興アプリが僅差で猛追スマートフォンで動画を視聴している人のうち、33.6%が「レシピ動画アプリの利用している」と回答しました。最も利用されているアプリは「クックパッド」(60.0%

2017年7月24日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年6月度)

「LINEショッピング」の認知者は、4人に1人 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年6月度)「LINEショッピング」の認知者は、4人に1人20代の約半数が「Instagram」でECサイトのアカウントをフォロー調査結果サマリー「LINEショッピング」の認知者は、4人に1人SNSを入り口として、ファッションや家電、コスメなどのさまざまなショップにアクセスし、SNS上で商品が購入できるショッピングサービスで知っているものを聞いたところ、「LINEショッピング」を挙げる人が最も多く(22

2017年7月9日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年6月度)

10代の約半数が「動画コンテンツを毎日視聴」 動画&動画広告 月次定点調査(2017年6月度)10代の約半数が「動画コンテンツを毎日視聴」10代の動画視聴はスマホ9割にパソコン3割、60代はパソコン7割にスマホ4割調査結果サマリー10代の約半数が、「動画コンテンツを毎日視聴」SNSや動画投稿サイトなどで配信される広告を含む「無料の動画コンテンツ」の視聴状況について10代~60代の男女に聞いたところ、「毎日視聴している」人は24.1%でした。10代だけで見てみると、46.0%と半数近くの人が毎日動

2017年3月10日Twitterフィードバック数:0マーケティング

ファーストビューの提供1周年を迎えて

製品ニュースファーストビューの提供1周年を迎えて 情報が溢れている現在、どのように多くの利用者の方にリーチするかは広告主の皆さんにとって大きな課題となっています。またマーケティングの世界では、新製品の発表、新しい映画やテレビ番組の宣伝、ブランドについてのコンテンツの発信などの重要なタイミングを適切にとらえることが求められています。これが1年前にファーストビューを提供した背景です。ファーストビューは広告主の皆さんがTwitterの一番目立つ場所であるタイムラインのトップに24時間、動画広告を表

2017年3月1日カンター・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」日本レポート

WHAT'S NEW-世界39か国で実施された動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」-「Z世代」と呼ばれる新しい世代が成人をむかえ、徐々に購買力を持ちつつあります。Z世代 はポスト・ミレニアル世代、センタニアル世代とも呼ばれており、スマートフォンと共に育ってきた一番最初の世代ということで世界的にマーケターの関心を集めています。Y世代(ミレニアル)やX世代(ベビーバースト)に比べメディアに対する態度や行動にどのような違いがあるのか、そして、メディアプランニングやクリエイティブ制作をして

2017年2月13日CRITEO★フィードバック数:0マーケティング

2017年デジタルコマース&マーケティングの展望

2017年デジタルコマース&マーケティングの展望 ~5つのキートレンドを発表~パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2月1日にCriteo日本支社で行われたメディアラウンドテーブルにて、「2017年デジタルコマース&マーケティングの展望」を発表しました。<5つのキートレンド>①消費者は高価商品の購入においてもモバイルデバイスを使用する<Key Facts>・デスクトップはかつては高価商品の購入チャ

2016年12月29日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

ECトレンド調査【2016年版】

今年の注目は、2位「ブラックフライデー」、3位「Web接客」、1位は? ネットショップ担当者に聞いた! 「ECトレンド調査【2016年版】」今年の注目は、2位「ブラックフライデー」、3位「Web接客」、1位は?約3割のECサイトが、「動画広告」を配信調査結果サマリー今年、EC担当者が注目したキーワードは、1位「AI」、2位「ブラックフライデー」、3位「Web接客」2016年、EC担当者が最も注目したキーワードは「AI・人工知能」(34.5%)で、次いで「ブラックフライデー」(26.6%)、「We

2016年12月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年11月度)

10代の3割がテレビ視聴アプリを利用し、1年間で利用率が倍増 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年11月度)』10代の3割がテレビ視聴アプリを利用し、1年間で利用率が倍増動画広告からのアプリDL経験は、インスタが3割、YouTubeは1割強調査結果サマリー10代の3割が「テレビ視聴アプリ」を利用し、1年間で利用率が倍増スマートフォンを使用している人のうち、「テレビ視聴アプリ」を現在利用している人は18.6%で、2015年11月度調査時の11.4%から増加していました。また、年代

2016年10月19日SmartNewsフィードバック数:0モバイル

SmartNews、世界2000万ダウンロードを突破

SmartNews、世界2000万ダウンロードを突破 〜1人あたりの利用時間は月平均6時間超、月間PVは1年で倍増スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 健/浜本 階生、以下当社)は本日、当社が提供するスマートフォン・タブレット向けニュースアプリ「SmartNews」が世界2000万ダウンロード(※1)を突破したことを発表いたします。新規ユーザーも既存ユーザーも引き続き高いエンゲージメントで利用しており、月間PV(ページビュー)はこの1年で倍増しました。 ※1:日米Goo

2016年8月7日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

Fintechと金融サービスに関する調査

5人に1人が、「人工知能(AI)による資産運用アドバイス」に興味 Fintechと金融サービスに関する調査5人に1人が、「人工知能(AI)による資産運用アドバイス」に興味「Fintechを、他の人に正しく説明できる」人は、5.6%調査結果サマリー「Fintechを、他の人に正しく説明できる」人は、5.6%「Fintech」について、「知っていて、他の人に正しく説明できる」人は5.6%でした。「何となく理解しているが、他の人に正しく説明できる自信はない」人は6.2%、「名前は聞いたことがあるが、詳

2016年7月8日D2C★フィードバック数:0マーケティング

インターネット広告市場規模推計調査

 プレスリリース 2016.07.05 インターネット広告市場規模推計調査 ~2015年、スマートフォン広告費は4,979億円、2016年には5,516億円に拡大、2015年、動画広告費は516億円、2016年には825億円に拡大~株式会社D2C(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)は、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI)の協力を得て、2015年1月~12月における、インターネット広告市場におけるデバ

2016年6月2日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2016年5月度) YouTubeの新しい6秒間広告は、約4割が「離脱要因にはなりにくい」

YouTubeの新しい6秒間広告は、約4割が「離脱要因にはなりにくい」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2016年5月度)YouTubeの新しい6秒間広告は、約4割が「離脱要因にはなりにくい」SNSでサイト訪問などのきっかけになるのは「身近な友人の投稿」調査結果サマリーYouTubeの新しい6秒間広告は、約4割が「離脱要因にはなりにくい」YouTubeの広告を見たことがある人に、今年4月に発表された、本編前に6秒間表示され、スキップできない「バンパー広告」について聞いたところ、「そん

2016年6月1日マイボイスコム★フィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム インターネット広告

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間に表示されたインターネット広告は、「バナー広告」が8割弱、「動画広告」が5割弱、「リスティング広告」「メール広告」「動画サイトの視聴時のスキップできる動画広告」が各30%台。広告表示された人で内容を読んだことがあるのは「バナー広告」3割、「動画広告」「メール広告」各1割強 広告表示された人のうち、直近1年間に「意図的に」「間違えて」クリックしたのは各3割弱、「広告を閉じた」は2割強。購入・利用・申込等をしたのは「食料品・お菓子、飲

ゲーム内動画広告のあるべき形とは

ホワイトペーパーを無料ダウンロード『ゲーム内動画広告のあるべき形とは:収益化、ユーザエンゲージメント、継続率 当ホワイトペーパーは2,000超のモバイルゲームデベロッパーおよびユーザを対象に実施された調査に基づいております。また、下記の項目を明確化することを目的に調査データの分析を実施しております。いま、何が主流になっているのか? 現在、リワード型動画広告がゲームデベロッパーにとって主流の収益化手法になっています。ユーザは広告に対してどう感じているのか? 大多数はリワード型動画広告に対して好意的

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ