調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 動画広告フォーマット

「動画広告フォーマット」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

動画広告においてインバナー/インフィード広告はユーザーにとって ストレスを比較的感じにくい動画広告フォーマットである調査結果を発表

動画広告においてインバナー/インリード広告はユーザーにとって ストレスを比較的感じにくい動画広告フォーマットである調査結果を発表 アルファアーキテクト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岸 伴哉)が運営する動画プラットフォーム「VeleT(ベレット)」にて、動画広告の種類によってユーザーへ与えるストレスの違いに関するアンケート調査(※1)を行いました。 ■動画広告フォーマットによる意識調査に関して本調査では、インバナー/インリード広告(従来のバナー広告枠や、様々な記事内に動画が挿入され、

2016年4月20日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

動画コンテンツと動画広告に関する消費者視聴動向レポート

インターネット利用者の12%が有料インターネット動画サービスを利用有料インターネット動画は若年層男性やアーリーアダプターが中心最も許容されやすい動画広告フォーマットは「数秒後にスキップできる広告」視聴行動分析サービス視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、3月末より販売を開始した消費者の動画コンテンツと動画広告の利用動向調査「Nielsen Video Contents & Ads Report 2016 (ニールセン・ビデオコンテンツア

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ