「化学工業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)

平成28年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)を取りまとめました 経済産業省は、工場を建設する目的で平成28年(1月~12月期)に1,000㎡以上の用地を取得した製造業、ガス業、熱供給業、電気業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、結果を取りまとめました。調査結果の概要 平成28年1月から12月における全国の製造業等(※)の工場立地件数は994件(前年比4.9%減)、工場立地面積は1,123ha(前年比0.1%増)となりました。(※)製造業等は、食料品、化学工業等の製造業にガ

2015年6月25日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数-27年4月分

「東京都工業指数」(平成27年4月分)平成27年6月25日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。※平成26年年間補正に伴い、平成26年1月以降の指数の再計算を行ったため、平成27年3月分までの公表資料とは数値が異なっています。4月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 4月の生産指数は4.2%上昇4月の生産指数は前月比で4.2%上昇し、102.5(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。

2015年6月23日三重県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年鉱工業生産及び生産者製品在庫の動き

平成26年鉱工業生産及び生産者製品在庫の動き平成26年の鉱工業生産指数(原指数)は年平均で124.5(平成22年=100)、前年比8.9%の上昇となり、3年連続のプラスとなりました。生産の上昇に寄与した業種は電子部品・デバイス工業、生産用機械工業、化学工業などでした。また、生産者製品在庫指数(原指数)は年平均で121.5(平成22年=100)、前年比7.5%の上昇となり、2年ぶりのプラスとなりました。在庫の上昇に寄与した業種は輸送機械工業、化学工業、非鉄金属工業などでした。 関連リンク 本

2015年6月18日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年夏季一時金要求・妥結状況について(中間集計)

2015年夏季一時金要求・妥結状況について(平成27年6月11日現在・中間集計)平成27年6月15日産業労働局 東京都は、毎年、都内の1,000の労働組合を対象に、夏季一時金要求・妥結状況を調査しております。このたび、中間集計結果(平成27年6月11日現在)がまとまりましたので、お知らせします。なお、最終集計結果は7月27日公表予定です。調査結果(中間集計)の特徴(平成27年6月11日現在)都内民間労組の夏のボーナス平均妥結額760,932円、対前年比3.23%増調査対象1,000組合のうち、す

2015年3月28日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京都工業指数―27年1月

「東京都工業指数」(平成27年1月分)平成27年3月26日総務局 都内工業生産活動の毎月の動きを示す 「東京都工業指数」をとりまとめましたので、お知らせします。1月の工業生産指数 (平成22年平均=100.0) 1月の生産指数は8.2%上昇1月の生産指数は前月比で8.2%上昇し、107.8(季節調整済)となった。※指数は、最新月が速報値、それより前の月は確報値である。1 生産1月の生産は、前月比で8.2%上昇し、指数水準は107.8(季節調整済)となった。22業種中、化学工業、生産用機械工業等1

2014年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本7月鉱工業生産 ここから本文です7月鉱工業生産2ヶ月ぶり改善も生産は減少傾向。ただし先行きは持ち直しニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年7月の生産指数は、前月比+0.2%と2ヶ月ぶりの上昇となったものの、市場コンセンサス(同+1.0%)から下振れした。先月の大幅な落ち込みに照らすと、7月の増加幅は限定的であり、鉱工業生産は2014年1月をピークに減少傾向となっている。なお、在庫指数は同+0.8%と3ヶ月連続の増

2014年5月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本4月鉱工業生産 ここから本文です4月鉱工業生産生産は一旦減速も底堅い推移を見込むサマリー◆2014年4月の生産指数は、前月比▲2.5%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同▲2.0%)を下回った。消費税増税後の減産は概ね想定通りであり、大きなサプライズはない。なお、出荷指数は同▲5.0%と3ヶ月連続で低下し、在庫指数が同▲0.5%と2ヶ月ぶりに低下したことから、在庫率指数は同▲1.8%と3ヶ月ぶりの低下となった。◆4月の生産指数を業種別に見ると、全15業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ