調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 医療従事者

「医療従事者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年11月26日日本労働調査組合フィードバック数:0キャリアとスキル

看護師辞めたい。60%以上が退職を検討している結果に。「看護師の退職動機に関するアンケート」

【日労公式】看護師辞めたい。60%以上が退職を検討している結果に。「看護師の退職動機に関するアンケート」今回の調査では、看護師を対象に「看護師の退職動機に関するアンケート」を行いました。看護師として働いている方のみならず、人事/労務担当の方や経営者の方にも見ていただき、 看護師の方がどう思って働いてくれているのかを考える機会にしていただければと思います。 労働調査概要 1. 退職を検討していると回答したのは60.6%2.辞めたくなった理由の第1位は「給与・待遇不満」、第2位は「精神的に辛い」3

2021年5月6日日本労働調査組合フィードバック数:0キャリアとスキル

【日労公式】「看護師を辞めたい」など医療従事者の直近退職検討は3人に1人!

【日労公式】「看護師を辞めたい」など医療従事者の直近退職検討は3人に1人!勤務意識に関する労働実態調査(2021年4月度)労働調査概要1.医療従事者のは最近退職検討しているという結果に2.職務を続ける上で一番の懸念や不安は「感染リスク、対策」で 【調査概要】 ■調査方法:インターネットでのアンケート調査 ■調査期間:2021年3月8日~3月10日 ■調査対象:医療従事者の男女 ■有効回答数:550名最近退職を検討した医療従事者は33.5%看護師などに代表される医療従事者に対して最近退職を検討した

2020年6月15日アイブリッジフィードバック数:0社会/政治

第2回新型コロナウイルス感染症に関するアンケート(医療従事者編)

トップページすべての記事調査レポート[第2回新型コロナウイルス感染症に関するアンケート(医療従事者編)]先月(4月)より、医療・福祉従事者の医療崩壊に対する危機感は16.0%減少[第2回新型コロナウイルス感染症に関するアンケート(医療従事者編)]先月(4月)より、医療・福祉従事者の医療崩壊に対する危機感は16.0%減少アイブリッジ株式会社が展開するセルフ型アンケートツール“フリージー”では、約450万人のモニター会員を活用し、医療・福祉従事者を対象に、新型コロナウイルス感染症に関する調査を実施い

2020年5月8日キッズラインフィードバック数:0社会/政治

【緊急調査】医療従事者に新型コロナによる生活への影響を調査。約9割に影響あり

【緊急調査】医療従事者に新型コロナによる生活への影響を調査。約9割に影響あり全国で24時間スマホで呼べるベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」を運営する株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、キッズライン会員で医療従事者として勤務されている方83名に「新型コロナウイルスによる生活への影響」に関する調査を実施。その結果をお知らせいたします。■83人の医師および医療関係者が回答(期間:2020年3月31日〜4月2日)医師、看護師をはじめとするお子さんがいる医

2019年1月23日FTreatmentフィードバック数:0ライフスタイル

妊活・不妊治療に関する意識調査

<妊活・不妊治療に関する意識調査>「不妊治療は助けてくれない... <妊活・不妊治療に関する意識調査> 「不妊治療は助けてくれない…」のイメージ広がる? 未経験者の約2人に1人が「十分なサポートを得られないと思う」不妊治療専門情報サイト「不妊治療net」を運営する株式会社F Treatment(本社:東京都港区、代表取締役:白 正寛、以下 F Treatment)は、妊活や不妊治療の経験がある20代~50代の女性750名を対象に、「妊活・不妊治療に関する意識調査」を行いました。▼不妊治療n

2018年1月29日メドピアフィードバック数:0社会/政治

医師の9割が「ネットで自分に合った医療情報を得るのは容易ではない」、8割が「ネット検索より医療従事者に聞いてほしい」と回答

トップページプレスルーム医師の9割が「ネットで自分に合った医療情報を得るのは容易ではない」、8割が「ネット検索より医療従事者に聞いてほしい」と回答~オンライン医療相談「first call」が医師530人へ調査~ 医師の9割が「ネットで自分に合った医療情報を得るのは容易ではない」、8割が「ネット検索より医療従事者に聞いてほしい」と回答~オンライン医療相談「first call」が医師530人へ調査~ 医療情報の信頼度は、インターネットが1位、新聞2位、テレビ3位、雑誌4位 メドピア株式会社(東

2015年4月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ライフスタイル

病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修に関する調査研究事業 報告書 (平成26年度 厚生労働省老人保健健康増進等事業)

病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修に関する調査研究事業 報告書 (平成26年度 厚生労働省老人保健健康増進等事業) | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 社会保障制度 > 医療保険制度 > 病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修に関する調査研究事業 報告書 (平成26年度 厚生労働省老人保健健康増進等事業)病院勤務の医療従事者向け認知症対応力向上研修に関する調査研究事業 報告書 (平成26年度 厚生労働省老人保健健康増進等事業) 生活研究部 主任研究員

かかりつけ医および一般病院の医療従事者の認知症対応力向上研修に関する研究事業 報告書

かかりつけ医および一般病院の医療従事者の認知症対応力向上研修に関する研究事業 報告書 (平成25年度 厚生労働省老人保健健康増進等事業) | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 社会保障制度 > 医療保険制度 > かかりつけ医および一般病院の医療従事者の認知症対応力向上研修に関する研究事業 報告書 (平成25年度 厚生労働省老人保健健康増進等事業)かかりつけ医および一般病院の医療従事者の認知症対応力向上研修に関する研究事業 報告書 (平成25年度 厚生労働省老人保健健康

2013年11月2日メドピアフィードバック数:0ライフスタイル

「医療従事者の感染症検査を施行していますか」に関する調査

トップページお探しのページは見つかりません お探しのページは見つかりませんお探しのページは一時的にアクセスできない状況にあるか、移動もしくは削除された可能性があります。 下記サイトマップより該当ページにお進みください。

2012年7月25日QLifeフィードバック数:4ライフスタイル

「医師」「看護師」「薬剤師」「患者」の4者に対して、「わが子を医療従事者にしたいか」を調査

同じ医療従事者でも職業観大違い、「わが子を医師にしたい」看護師33%、薬剤師60%~「医師」「看護師」「薬剤師」「患者」横断リサーチ第一弾~2012年7月25日 [水] QLifeと株式会社エス・エム・エス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:諸藤周平)は、「医師」「看護師」「薬剤師」「患者」の4者に対して、「わが子を医療従事者にしたいか」を調査した結果を発表した。それによると、同じ医療従事者でも属性によって職業観が大きく異なることがわかった。例えば、「わが子を医師にしたい」率は医師、薬剤師は

2012年3月28日ケアネットフィードバック数:15ライフスタイル

製薬企業の「接待見直し」によるMR(医薬情報担当者)との関係性に関する調査

ケアネット、医師3,000人に調査 医師の7割以上、接待見直... ケアネット、医師3,000人に調査医師の7割以上、接待見直し以降も「MRとの面会頻度は変わらない」と予想―「面会頻度は減る」派、若手ほど高い割合を示す―医師・医療従事者向け情報サービスサイトを運営する株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、証券コード:2150)は2012年3月20日~21日、当社医師会員3,000人に対し、製薬企業の「接待見直し」によるMR(医薬情報担当者)との関係性に関する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ