調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 南海トラフ巨大地震

「南海トラフ巨大地震」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年5月16日愛媛県フィードバック数:0社会/政治

愛媛県地震被害想定調査結果(最終報告)

ここから本文です。更新日:2014年5月15日愛媛県地震被害想定調査結果(最終報告)について平成25年6月に公表した「愛媛県地震被害想定調査結果(一次報告)」における最大クラスの震度分布・津波浸水想定等を基に、人的・物的・経済等の被害を推計しました。また、耐震化等の対策を講じることによって被害を軽減できる「減災効果」についても、併せて推計をしました。【公表の目的】〇本県に最大クラスの被害をもたらす地震の規模や人的、物的被害等の状況を明らかにすることにより、県や市町の地震防災・減災対策の基礎資料

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災から3年経た日本列島で生き延びる-「長尺の目」の薦め

東日本大震災から3年経た日本列島で生き延びる-「長尺の目」の薦め | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 東日本大震災から3年経た日本列島で生き延びる-「長尺の目」の薦め東日本大震災から3年経た日本列島で生き延びる-「長尺の目」の薦め 鎌田 浩毅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 東日本大震災から3年が過ぎたが、今でも時おり地震が起きている

2013年7月5日インターリスク総研フィードバック数:2社会/政治

南海トラフ巨大地震による東京都での被害想定公表とBCPへの影響

発行情報BCMニュース 2021年度No.1 富士山噴火がもたらす企業への影響 ~「富士山ハザードマップ」改定~2021年3月、「富士山ハザードマップ」が2004年6月に策定されてから、初めて改定された。企業は富士山噴火を想定した対策を講じることが重要であるが、本稿では、首都圏を含め影響を受ける「数」が圧倒的に多い「降灰」、また、当社独自調査で影響を受ける企業が少なからず存在し、事業に与える影響が甚大な「降灰後土石流」、「溶岩流」、「融雪型火山泥流」にフォーカスして、主要な対策例を提示する。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着データ

お知らせ