「危機意識」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年3月10日auじぶん銀行フィードバック数:0ライフスタイル

東日本大震災から10年、災害の備えに関する調査

東日本大震災から10年、災害の備えに関する調査 6割以上が災害時の備えをあまりしていない 有事の際、持ち出す貴重品1位「携帯電話(スマートフォン)」 ~最も不安な災害1位「地震」。防災グッズの意外な活用法や、ここ1年で危機意識が変化したエピソードも~auじぶん銀行株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井 朋貴、以下 auじぶん銀行)は、全国のビジネスパーソン男女500名を対象に「有事(災害時)の備え」に関するウェブアンケートを実施しました。その調査結果を発表します。 ■調査概要・調査テ

2021年2月9日ネオマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

第2回緊急事態宣言に関する生活者実態調査

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 今回の緊急事態宣言の方が危機意識を持っている:約5割! テレワーク実施率:3割強! 全国の20歳~69歳の男女1000人に聞いた「第2回緊急事態宣言に関する生活者実態調査」 生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2021年1月20日(水)~2021年1月21日(木)の2

2016年4月11日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業の情報漏えい対策に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年2月1日から2月29日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「企業の情報漏えい対策に関する読者調査」を実施した。企業のセキュリティ製品/サービス導入に関与する会員を対象に調査。その結果からは、企業が情報漏えい対策を進める上での課題、導入中または検討中のIT製品などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的: TechTargetジャパン会員で情報セキュリティ

2015年6月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国は金融・財政政策を総動員するほど危機意識があるか

中国は金融・財政政策を総動員するほど危機意識があるか

2012年1月10日アイティメディア★フィードバック数:12セキュリティ/ネットワーク

TechTargetが標的型攻撃についての調査結果を発表しました。

標的型攻撃対策に関する読者調査リポート

2011年、特定の企業や組織を対象としたサイバー攻撃である「標的型攻撃」が次々と明るみに出た。大企業や防衛産業といった重要情報を握る企業だけでなく、そうした企業に関連する中堅・中小規模の企業や組織も標的になっており、決して他人ごとでは済まされない。関連記事標的型攻撃の“常とう手段”、送信者詐称メールにどう対処すべきか標的型攻撃の被害も防ぐ? 「プレゼンテーション仮想化」の意外な効果  TechTargetジャパンは2011年12月5日から18日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に標

2011年11月29日日経BP★フィードバック数:29モバイル

スマートフォンのセキュリティについての意識調査です。

3割が「危機意識なし」、スマホのセキュリティ

3割が「危機意識なし」、スマホのセキュリティ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

特集データ

お知らせ