「受診控え」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年1月5日産業経済新聞社フィードバック数:0ライフスタイル

こころと身体の健康調査

コロナ禍で「先行きに不安を感じるようになった」、女性40%、男性29% 男女3,118名が回答 『こころと身体の健康調査』 産経新聞社と独立行政法人 地域医療機能推進機構 大阪病院(大阪府)は、健康意識の高い中高年を中心に、「コロナ禍において、どのような健康不安を抱えているか」を全国調査した。新型感染症の影響で、診察や通院が手控えられ、病気の発見が遅れる、あるいは必要な治療を受けないなどのリスクが懸念されている。調査では、診察や通院の現状と、こころと身体について抱えている不安を尋ねた。調査全体

新型コロナウイルス感染症への不安による受診控えは二人に一人

新型コロナウイルス感染症への不安による受診控えは二人に一人受診延期した疾患・部位は、男性では血圧、女性は子宮・子宮頸部が最多 20代の約半数は未だに受診せず 臨床検査薬・機器を扱うヘルスケアカンパニーのロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、新型コロナウイルス感染症の流行が続くなか、全国の20代から60代の男女4500人を対象に、診察や検査などの受診行動の変化について調査を行いました。 調査回答者の半数(図1)が、以前より定期的に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ