「台東区」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年10月3日マーキュリーフィードバック数:0大型消費/投資

23区/ホテル開業相次ぐ~2018年から2020年の供給動向調査結果発表~

23区/ホテル開業相次ぐ~2018年から2020年の供給動向調査結果発表~ 新築マンションのビッグデータを活用し、不動産情報プラットフォーム事業を行う株式会社マーキュリー(本社:東京都新宿区 代表取締役:陣 隆浩)は、東京23区内のホテル等宿泊施設の供給動向を集計。2018年と2019年を比較しました。また、2020年に竣工が予定されている物件についてもまとめました。 ■追い風を受けるホテル業界日本を訪れる外国人観光客の数は年々増加しており、日本政府観光局(JNTO)の発表によると2018 年

2017年に一番上昇したエリアは?東京23区価格上昇率ランキング!

2017年に一番上昇したエリアは?東京23区価格上昇率ランキング!2017年のマンション価格は、どこの区が一番変動したのでしょうか?マンションの購入を検討している方は、自分の購入するエリアのマンション価格がどのくらい変動したのか気になるものです。また、エリアが決まっていない方も、エリアごとにマンション価格はどうなっているのか気になる人が多いです。そこで、今回マンションサプリでは、東京23区内のマンション価格(㎡単価)が2017年でどのくらい変動したかを調べました。調査概要※対象駅は東京23区内を

2015年5月14日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

ビッグデータで見る まち別訪日外国人滞在の実態

市場調査、マーケティングリサーチならインテージリサーチ ビッグデータで見る まち別訪日外国人滞在の実態株式会社インテージリサーチは、自主企画調査として携帯電話のローミング情報を使った訪日外国人滞在の実態を分析しました。 本分析は、2014年11月に訪日した外国人の滞在場所を、居住国別、時間帯別に分析地域ごとにまとめたものです。 PICK UPエリアによって来訪する国の違いがわかる。中央区は中国、台東区は台湾。鎌倉市ではタイが多く、「東京に近く、大仏がある」ことが理由と考えられる。時間帯別の変化

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ