「名刺管理」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年11月10日Sansan★★フィードバック数:0ビジネス

Sansan、「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を発表

 2021. 11. 10 Sansan、「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を発表 ~「正確な情報の入手・提供」を名刺の価値と捉え、6割以上のビジネスパーソンが、今後も名刺文化は継続すると回答~ Sansan株式会社は、全国の20〜60代のビジネスパーソン1050名を対象に、「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を実施しました。今回の調査では、コロナ禍においてオンラインでの商談や会議が普及し、紙の名刺交換が減少する中でも、名刺がビジネスに必要だと感じている人が過半数おり、「正確

2017年10月2日サンブリッジ★★フィードバック数:0ビジネス

会社で獲得した名刺の管理についての実態調査 2017年版

2017/09/12 サンブリッジ、『会社で獲得した名刺の管理についての実態調査 2017年版』を発表 会社で獲得した名刺の個人による管理は「会社で名刺管理を実施している」企業では減少傾向にあることに対し、「会社で名刺管理を実施していない」企業では増加傾向にあるという結果に株式会社サンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小野 裕之、以下サンブリッジ)は、昨年に引き続き「会社で獲得した名刺の管理についての実態調査」をテーマに、オンラインアンケート調査を実施しました。本調査により、企業で

名刺の管理に約半数が苦労-名刺アプリの利用者も調査

働き始めて、何年、何十年。もらった名刺はどれくらいの数に上っているだろうか。何年も前に出会ったあの人と、ふとした場所で再会したものの、無残名刺は家の中。そんな経験はないだろうか。インターネットコムと NTT コムリサーチでは「名刺管理」に関する調査を行った。調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,066人。男女比は男性53.6%、女性46.4%。年代比は10代13.3%、20代15.6%、30代21.3%、40代17.4%、50代15.0%、60代以上17.4%。全体1,0

2013年5月9日アイティメディア★フィードバック数:7ビジネス

名刺管理についてのアンケートです。

誠 Biz.ID読者の名刺管理、満足度が高いのはデジタル派? アナログ派?

おそらく社会人なら誰でも避けて通れない「名刺管理」。普段からコツコツやっています、という人もいれば、新年度や部署異動も一段落するこの時期に始めてみました、という人もいるだろう。また、「今年こそは……」と毎年思いながらも、どの方法がいいのか? そもそもどんな方法があるのか? と悩んでいるうちに結局手が付けられない、という人もいるかもしれない。 このたび誠 Biz.IDでは、名刺管理についての調査を実施した。読者はどんな風に名刺管理をしているのか、詳しく見ていこう。調査概要方法:Webによるアンケー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ